海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

【転職業界ニュース】日本の従業員の半数近くが今年中の転職を検討(2018年3月14日PRTIMES)

更新日:2018.3.16

留学経験者専門の転職エージェント『Beyond Border』がお届けする【転職業界ニュース】

今回の転職業界の気になるニュース紹介は、2018年3月14日PRTIMESの “日本の従業員の半数近くが今年中の転職を検討” より。

転職の動機は『キャリアアップ』『ワークライフバランス』

日本で勤務する従業員のうち今後6カ月以内の転職を考えている人が36%にのぼり、38%の従業員がすでに転職活動を開始しているという調査結果が明らかになりました。また、39%は現時点でオファーを受け入れる用意があると回答しています。

今回の調査では、日本の従業員のうち67%が、転職を希望する最大の理由として『新たな挑戦』を挙げており、この割合は昨年の50%からさらに高まっています。『給与・福利厚生』は2番目に多く、『キャリアアップが望めない』がその次に続いています。

また、転職を希望しない理由も、福利厚生や現在の昇格制度に満足しているからであり、転職を考える人にとって、給与や福利厚生面の待遇は依然として重要な要素ではあるものの、『キャリアアップ』や『ワークライフバランス』といった要素が特に重視されるようになってきています。

その他のニュース記事はこちら→『ニュース一覧へ

この記事の監修者

Beyond Border 転職カウンセラー
関口真美(せきぐちまさみ)
1986年栃木県生まれ。インターナショナルスクールにて勤務。数多くの帰国子女の進学、就職相談を受けてきた経験を持つ。帰国子女それぞれの性格、強み、弱い所も知ったうえで、力を発揮できる仕事について一緒に考えてサポートしている。乳幼児期からの”本物体験”でグローバル人材を育てる『せかいく』も展開。詳しく見る>>