海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

転職の面接練習のやり方: 経験者が教える3つの方法とポイント

更新日:2019.1.7

こんにちは、海外留学経験者専門の転職エージェントBeyond Border広報部です。

思い切って始めた転職活動!

じっくり書き上げた書類審査を通過したら、次に待っているのは『面接』です。

普段、自分のことを話すことに慣れていない方は特に、面接に対して不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな面接に不安を抱えている方のために、

  • 転職経験者が実際に行った面接練習の仕方
  • 面接練習において気を付けたいポイント

について経験者の実体験も交えご紹介します。

転職経験者が行った面接練習の仕方とは?

まずは、Beyond Borderが転職経験者に行ったインタビューから、転職経験者が実際に行っていた面接練習の仕方をご紹介します。

 

1.エージェントでの面接練習

まずは、エージェントとの面接練習です。

転職活動をするとき、様々な方法で転職先を探すことができますが、そのうちの1つに転職エージェントに頼むという方法があります。

エージェントと一緒に転職活動に臨むことによって、履歴書や志望動機書の添削や面接準備のサポートを受けることができます。

そのサポートのうちに、

  • 面接担当者がどんな方か
  • 面接ではどんな内容が聞かれるのか

といった情報もエージェントは持ち合わせている場合が多いです。

そういったアドバイスを受けることにより、実際の面接シーンが想像しやすくなるでしょう。

 

2.友人にアドバイスを聞く

転職経験者が周りにいる場合は、その方に面接のアドバイスを聞いてみましょう。

  • 自分がどんなことを面接で話そうとしているのか
  • この質問にはこう答えようとしている

ということを話してみて、

転職経験者がどのように感じるか意見を聞いてみましょう。

自分では考えもつかなかったようなところに、気づいてくれるかもしれません。

友人が同業者である場合や、似たような仕事をしている場合は会社や仕事の様子を聞くだけでなく、面接ではどんな質問を実際に聞かれたかなども聞いてみましょう。

 

3.鏡の前で自主練

 

第三者の意見を聞くことができたら一番ですが、エージェントに通ったり、友人にアドバイスを聞いたりすることがなかなか難しいという場合もありますよね。

転職インタビューに応じてくださった転職経験者のある方は、たまたま知り合いから紹介してもらった仕事に応募することになったため、

転職のための準備期間がかなり短く、面接練習のための時間もなかなか無かったとおっしゃいます。

そんなときに取った方法というのが、「鏡の前で練習する」ということです。

鏡の前で面接のシミュレーションを行うことによって、自分が相手にどう見えているのかわかるため、話すときの癖や姿勢に気が付くことができます。

また、話す練習をすることによって面接でも言いたいことをスラスラと言うことができるようになります。

 

面接練習のときに気を付けたいこととは?

 

面接練習を行う際に気を付けたいことには、どのようなことがあるのでしょうか?

ただ単に練習を行うのではなく、以下のポイントに気を付けて面接練習を行ってみましょう。

 

1.面接の流れをつかんでおこう

面接の流れを頭に入れておき、イメージトレーニングをすることで面接の前に緊張するのを軽減させることができます。

また、面接の流れを応募者も把握しておくことによって、スムーズに話したいことをまとめて話すことができるでしょう。

面接は大抵、

  1. 自己アピールを兼ねた自己紹介
  2. 履歴書の中から確認できるキャリアやスキル
  3. 志望動機

 

という流れで進むことが多いようですので参考にしてください。

そうは言っても面接も『面接官との会話』ですので、このような大まかな流れがあったとしても、話が逸れたり、トピックが行き来したりすることもあるでしょう。

イメージトレーニングで面接の様子を想像しておくことも重要ですが、ときに柔軟に対応できるように心に余裕を持っておくことは忘れないようにしましょう。

 

2.簡潔に話す練習をしよう

面接では、自分の伝えたいことを簡潔に話すことができるようにまとめておくことを忘れないようにしましょう。

人事担当者や面接担当者は、面接だけが仕事内容であるわけではありません。

そのため、面接が長引いたりすることは他の仕事内容にも影響する可能性があるのです。

担当者が自分の面接のために、貴重な時間を割いていること、面接の時間が限られていることを心に留めておき、どんな質問にも要点を抑えた話し方をしましょう。

 

3.逆質問も忘れずに!

面接の終わりには大抵、応募者からの『逆質問』がないかどうか聞かれることが多いでしょう。

逆質問では、相手に聞きたいことを聞くことができるタイミングとなるだけでなく、『仕事や会社に対しての興味の度合い』をアピールできる場ともすることができます。

しかし面接の終わりでは、あまり時間が残されていないことも多く、質問に時間をかけることはできません。

そのため、事前にどんなことを聞いておきたいかをしっかりと準備しておき逆質問を要求されたときに、すぐに反応できるようにしておきましょう。

Beyond Borderが行った転職経験者のインタビューでは、逆質問でどのようなことを聞いたかという質問に対して、

「仕事内容をかなり細かく聞いた。」

「会社の雰囲気などを聞いた」

という回答を得ることができました。

職種の名前から想像している業務内容と実際の物は異なるかもしれません。そのため、業務内容に関して認識を合わせておくことは重要です。

また、会社の雰囲気も面接ごとに担当者に伺うことによって、よりしっかりとしたイメージをつかむことができるでしょう。

 

せっかく転職活動をして理想の職に就くことができたと思ったのに、

  • 「働きだしたら想像と全く違う業務内容だった…。」
  • 「社内の雰囲気があまりよくない…」

なんてことが起きたら、転職した意味がなくなってしまいます。

 

そのため、逆質問などを利用して事前に把握しておくことに越したことはないでしょう。

面接練習でもスーツを着用した方が良い?

面接練習でもスーツを着用していくことをおすすめします。

スーツを着用することで、本番さながらの実践練習ができますし、身だしなみなどの指摘を受けることもできます。

転職で面接練習をしないという選択肢はあり?

もちろん面接練習をしなくても受かる人は受かりますが、前もって準備をする方がより受かる可能性を高めることができると思います。

時間に余裕があるのであれば、面接練習をすることをおすすめします。

入念な事前準備で面接を突破!

転職活動における面接の準備に必要なことを解説しました。

実際に面接の場に行くと、緊張して固まってしまうことも少なくありません。

焦って自分が思っていることと違うことを話してしまう…なんてことを防ぎ、自分のことを上手に伝えるためにも、面接の練習はできるだけ行うようにしましょう。

転職経験者が実際に行った練習方法として、エージェントや周りの転職経験者にアドバイスを受けるだけでなく、鏡を使用して自主練習を行うといったことがあります。

このような方法も参考にしながら、自分にあった面接練習の方法を探してみてくださいね。

無料で面接の練習ができる転職エージェント

転職エージェント「Beyond Border」では無料でプロ転職カウンセラーによる面接対策を行っています。ウェブサイト、またはお電話にて、ご気軽にご相談ください。

海外・留学経験者専門 無料転職カウンセリングhttps://beyond-border.me/service/counseling/

TEL 03-5843-8346