留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職面接】服装自由、私服OKの場合はどうする?

更新日:2021.2.7

転職活動の際に、「面接時の服装自由」と記載されている求人を見る機会は多いと思います。

その場合、どんな服装で面接に行けば良いのか迷ってしまいますよね。

今回は、「服装自由」の求人を出している企業の本音と、実際にどのような服装を選べばよいのかをご紹介します。

 

「服装自由」と書かれていたら、スーツを着なくてOK

 

求人に「服装自由」と記載されていても、「実際にスーツ以外で転職活動をしたら合否に関わるのでは?これは何かのトラップかもしれない…」と不安になる方が多いのではないでしょうか。

しかし、最近はITやクリエイティブ系など、カジュアルな服装で勤務できる企業が増えています。
わざわざ「服装自由」と謳っておきながら、実はスーツで来ることを望んでいる企業は無いと考えて問題ありません。

心配であれば、面接に行く前に企業の社風を調べておきましょう。
求人情報に載っている写真などから、雰囲気が分かるはずです。

 

転職活動ではTPOに合わせた服装を選ぶ

 

「服装自由」とされている企業の面接には、どのような服装で臨めば良いのでしょうか。

選ぶポイントは、次の2点です。

・清潔感があること

・ビジネスマナーから外れていないこと

面接はあくまでも仕事の場なので、プライベートで遊びに行くようなTシャツやジーンズ、半ズボンは避けましょう。
ジャケットや襟付きのシャツなど、「きちんと感」が相手に伝わる服装を選んでください。

女性の場合は、露出の高い服装は避け、スカートは膝丈程度のものを選びましょう。
また、足元も重要です。
ヒールが全く無い靴はカジュアルな印象を与えかねません。2~3cm程度のヒールのものを選ぶとよいでしょう。
メイクはナチュラルに抑え、派手すぎないようにしましょう。

また、カバンの選び方も重要です。
面接では書類を持参することも多いため、A4が入る大き目のものが必要。
カジュアルになりすぎないよう、色や形、素材に気を遣いましょう。

どんな服装を選ぶかで、「面接をどのように捉えているか」が相手に伝わります。
相手に敬意を払い、真剣に取り組んでいると感じてもらうためにも、オフィスで浮かないファッションを心がけてください。

 

「服装自由」の面接に、スーツで行ってもOK?

 

「服装自由」とされている面接に、何を着ていけば良いのか自信が持てない場合には、スーツで行っても問題ありません。
実際、私服で臨む方が色々と考えることが多く、気を遣うもの。

スーツの方が、ビジネスマナーに反することは無く、安全です。

「服装自由」としている企業は、「普段スーツを着ていない人がスーツで転職活動をするのは大変だろう。気を遣わずに私服で来てくださいね」という心遣いでそのように記載していることがほとんどです。
「絶対にスーツで来ないで欲しい」と考えている企業は基本的にありませんので、自信を持ってスーツで面接に臨んでください。

 

転職を成功させるには、転職エージェントへの登録がおすすめ

 

BeyondBorderは、留学経験者、海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェントです。

せっかく留学を通し英語などの語学力を身につけ、グローバルに対応できる柔軟性を習得したのに、自分の経験を仕事で活かすことが出来ず悩まれる方が多くいます。

そんな海外留学経験者たちに、専門転職カウンセラーがあなたのキャリアアップに向け一緒になってキャリア構成をしていきます。
もちろんサービスは全て無料です。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

また、すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】