留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

外資系転職で求められたリファレンスチェックは拒否しても良いのか?

更新日:2019.5.27

外資系企業への転職では、最終面接後にリファレンスチェックを求められることがほとんどです。

  • リファレンスチェックって何をするの?
  • 誰に頼んだらいいの?
  • 拒否しても良いの?

と疑問や不安を抱いている方もいるでしょう。

リファレンスチェックとはどういったものなのかを理解し、しっかりと準備をすることで、希望の外資系企業への転職を成功させましょう。

外資系転職で求められるリファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは、ほとんどの外資系企業で行われている、「採用したいと考える人物に対して、正式に採用を決めるための最終確認」です。

リファレンスチェックを求められたら、内定まであと一歩という状態になります。

リファレンスチェックでは、応募者の現職の上司や同僚、前職の上司や同僚に連絡を取り、在籍確認や働きぶり、人柄などを確認します。

リファレンスチェックの目的

応募者を採用して問題ないか最終確認を取るために、リファレンスチェックを行います。

  • 応募者の職歴や経歴が正しいか
  • 実際の働きぶりはどうだったの
  • どんな人柄なのか

などを現職や前職の上司や同僚に確認し、ミスマッチを防ぐことを目的としています。

リファレンスチェックの流れ

一部の外資系企業では、選考途中やオファーレターを出した後に行うこともありますが、ほとんどの外資系企業が最終面接後(オファーレター前)に実施します。

まず、採用担当者から、リファレンスチェックをする旨の説明と同意が求められます。

承認すると、リファレンス先(現職の上司や同僚などを指定される)を2名(もしくはそれ以上)紹介するように言われます。

2名(もしくはそれ以上)というのは、不採用になった際に、誰のリファレンス内容が問題になったかがわからないようにするためです。

リファレンス先を提示すると、企業もしくはエージェントが連絡をして、インタビューが行われます。

よく聞かれる質問

リファレンスチェックでよく聞かれる質問としては、

  • ○○さんとの関係性を教えてください。
  • ○○さんはどのような仕事をしていたのですか。
  • ○○さんの長所や短所など、どのような人物か教えてください。
  • ○○さんはどのようなリーダーシップを発揮しましたか。
  • ○○さんとまた一緒に働きたいですか。

などで、働きぶりや人柄がわかるものとなります。

リファレンスチェックは拒否しても大丈夫か

「現職には内緒で転職活動をしているから連絡をされては困る」など、リファレンスチェックを受けたくないと感じる方もいるのではないでしょうか。

  • 「リファレンスチェックを拒否しても大丈夫ですか?」

と質問される方もいますが、基本的に拒否することはおすすめしません。

というのも、リファレンスチェックを拒否するということは、書類や面接で虚偽があるのではないか、問題のある人物なのではないかと企業が考える可能性があるからです。

どうしても拒否したい事情がある場合は、採用担当者に、「現職では就業中の転職活動が認められていないので、活動していることを内緒にしている」など、なぜ拒否するのか理由を正直にお話ししましょう。

また、ただ拒否する理由を伝えるだけではなく、

  • 「取引先企業の役員などでも良いか」
  • 「御社に入社後であれば調査してもらって構わない」

など相談することで、虚偽などの理由で拒否するのでないことを理解してもらえます。

リファレンスチェックの拒否をしたいけど、どう伝えたらよいのかわからないという方は、転職エージェントなどでプロのカウンセラーに相談するとよいでしょう。

拒否を希望する理由をカウンセラーに伝えることで、採用担当者にどのようにお話したらよいかのアドバイスがもらえます。

また、理由によっては、拒否してよいのか、拒否しないほうがよいのかなどのアドバイスももらえます。

リファレンスチェックを依頼する人物は誰にしたらよいか

リファレンスチェックを依頼する人物は、

  • 自分の仕事ぶりをよく知っている人
  • 自分のことを評価してくれる人

を選ぶようにしましょう。

また、お願いする際には、

  • 選考中の会社の情報と応募ポジション
  • 提出した職務経歴書
  • 想定される質問

などを伝えることが大切です。

リファレンスチェック対策には転職エージェントを利用しよう

外資系企業への転職でリファレンスチェックを求められた際、

  • 現職に頼める人がいない
  • 誰に依頼したらよいのか
  • どんな対策をしたらよいのか

不安や疑問を持つこともあるでしょう。

リファレンスチェック対策には転職エージェントを利用することをおすすめします。

これらの悩みに対して、適切なアドバイスをしてもらえます。

海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェントであるBeyond Borderでは、無料でプロの転職カウンセラーによる、キャリアに関するさまざまなアドバイスを行っています。

個々に合った、リファレンスチェック対策についてのカウンセリングも行います。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方には、電話やスカイプでの問い合わせも受け付けています。

営業時間:

  • 月曜~金曜 午前10時~午後9時
  • 土曜・日曜 午後1時~午後9時