海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

【外資系に転職】最終面接でされるバックグラウンドチェックとは何か?不採用にならないためにできること

更新日:2019.5.24

外資系企業への転職活動を行っている方の中には、最終面接でバックグラウンドチェックを提示され、不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

また、外資系企業への転職を考えている方の中にも、「バックグラウンドチェックとは何か」「対策方法はあるのか」など、疑問や不安を抱えている方もいるでしょう。

今回は、

  • バックグラウンドチェックとはどういったものなのか
  • 内定取り消しにならないためにどのような対策があるのか

についてお話しします。

バックグラウンドチェックとは何か

バックグラウンドチェックとは、「採用調査」「身上調査」などとも言われ、ミスマッチを防ぐことや、会社に不利益を与える可能性の高い人物の採用を防ぐことを目的に、企業が第三者機関に委託して行われるものです。一部の企業では、自社グループ会社に調査会社をもっている場合もあります。

調査方法は各機関の独自のもので、電話で行われたり、聞き込み調査をされたりします。

外資系企業の多くが、最終面接でバックグラウンドチェックへの同意を求めます。日系企業でも、金融業界や役員クラスの採用の際に行われるケースもあります。

バックグラウンドチェックを実施する外資系は、最終面接の際に求職者に対して、バックグランドチェックの同意書にサインするよう求めます。同意書にサインがされてはじめて、第三者機関による調査が可能になります。

バックグラウンドチェックの項目

外資系企業が行うバックグラウンドチェックの主な項目には、

  • 学歴や職歴などの経歴
  • 犯罪歴
  • 自己破産歴
  • 懲戒処分歴

などがあり、提出書類に詐称はないか、面接での話は正しいかの確認を行います。

具体的に見ていきましょう。

学歴&職歴

提出された履歴書や職務経歴書に記載されている経歴に詐称はないかを確認されます。

学歴では、学校名と卒業年月が主な確認のポイントです。

中退を卒業と記載したり、留年を隠してストレートで卒業したように記載したりすると、学歴詐称になります。

職歴では、前職だけでなく前々職以前の企業名、入社日、退社日、雇用形態、職務内容が主な確認のポイントです。

派遣社員を正社員と記載したり、入社日や退職日を偽って失業期間を短くしたりすることは経歴詐称になります。

また、書類や面接で伝えられた職務内容が正しいか、退職理由に間違いはないかを確認する企業もあります。

犯罪歴

履歴書によっては賞罰を記載する欄があり、犯罪歴を記載しないと経歴詐称となってしまいます。また、企業によってはバックグラウンドチェックで犯罪歴を確認するところもあります。

とはいえ、ニュースやインターネット上で確認できるもの以外は、一般的に犯罪歴の照会を行うことはできません。

自己破産歴

一部の業種や企業を除いて、自己破産歴の有無について書類に記載させる企業はほとんどありません。しかし、自己破産歴をバックグラウンドチェックで確認する企業はあります。

自己破産をすると、官報に記載され公開されますので、簡単に自己破産歴を確認することができます。

自己破産や借金については、後ほど詳しくお話しします。

懲戒処分歴

履歴書によっては賞罰を記載する欄があり、懲戒処分歴を記載しないと経歴詐称となってしまいます。また、面接で退職理由を聞かれた際に、嘘の理由を伝えることも経歴詐称となってしまいます。

外資系転職におけるバックグラウンドチェックの対象期間

 

外資系企業のバックグラウンドチェックは、過去のどのくらいの期間について調査されるものなのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

「職歴」と「借金や自己破産歴」について見ていきましょう。

バックグラウンドチェックの対象期間①:職歴

これまでの転職歴が複数社ある方は、どのくらい過去の職歴を調べるのか疑問に思ったり、不安に思ったりすることもあるのではないでしょうか。

バックグラウンドチェックは、「直近の勤務先について確認する」という企業もあれば「過去○年間について確認する」という企業もあり、前職だけでなく前々職以前の経歴を確認されることもあります。

前々職の会社は合併でなくなっているという方もいるかもしれませんが、職務経歴書にしっかりと「合併して現在の企業名は○○」と記載してあれば問題ありません。

前々職にはもう自分を知っている社員はいないという方もいるかもしれませんが、職歴で調べるのは前述の通り、在籍期間や入社日などが主ですので問題ありません。

また、面接の際に面接官が気になった個所について調査するという企業もあります。

例えば、前々職での実績や経験ばかり話して前職の実績や経験を全く話さない場合、前々職の実績や経験に偽りがあるのではと面接官が感じることがあり、前々職の職歴を中心に調査をすることがあります。

このように、調べる内容や期間は企業によって違います。

バックグラウンドチェックの対象期間②:借金や自己破産

借金や自己破産についてバックグラウンドチェックがされると、インターネットなどで見たことがある方もいるでしょう。

全ての外資系企業がバックグラウンドチェックで借金や自己破産歴を確認するわけではありません。借金や自己破産歴を確認する企業であっても、1社1社調査項目や調査期間は異なります。

外資系金融機関やお金を扱うポジションでは、バックグラウンドチェックで借金や自己破産について確認されることが多くあります。

例えば、転職希望先が外資系金融機関であれば、個人の借金データ(信用データ)を閲覧することができ、借金の有無が確認できます。信用データを扱っている信用情報機関は、CIC、JICC、全銀協という3つの機関があります。情報の保管期間は各機関で異なりますので、企業が加盟している信用情報機関によっても調査期間は変わってきます。

金融系の企業以外は信用情報機関に登録していませんので、どの機関の情報も閲覧することはできません。しかし、自己破産歴については、前述の通り官報に公開されますので確認することができます。官報が閲覧できる期間が戦後からですので(個人がインターネットで見られる期間は30日間)、どのくらいの期間まで遡って調査するのかは、企業によって異なります。

バックグラウンドチェックの借金歴で問題になるのは、消費者金融からのキャッシングなどによる借金です。ショッピングなどのクレジットカード請求や、住宅ローン、車のローンなどはほとんど問題になりません。

ただし、面接などで、借金や自己破産について聞かれた際、嘘をついてしまうと経歴詐称になってしまいますので注意しましょう。

バックグラウンドチェックで内定取り消しをされないために

 

外資系企業のバックグラウンドチェックとはどういった点を確認されるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

では、バックグラウンドチェックの結果で内定取り消しをされないためには、どうしたら良いのでしょうか。

履歴書・職務経歴書の作成では細心の注意を!

バックグラウンドチェックとは、提出された書類や面接での回答に問題がないかを確認するもので、バックグラウンドチェックを行うということは、採用をする意思が企業側にあります。

提出された書類や面接での回答に虚偽が認められた場合、内定取り消しをされる可能性があります。

ほとんどの場合、入社日などの日付が1か所間違っている程度であれば、本人の確認を取って悪意がないと判断されれば特に問題にはなりません。しかし、企業によっては1か所でもミスがあれば内定取り消しとすることもあります。前々職の入社日などを曖昧を記憶で記載せず、厚生年金の記から日付を調べる、前々職に確認の連絡をするなど、正しい日付を書くことが大切です。

「ちょっとだけという軽い気持ち」や「内定が欲しいという強い思い」から、前々職以前ならいいだろうと経歴を偽ったり、話を大きくしたりする方も少なくありません。

企業によっては、細かく確認するところもありますので、正直に伝えることが、バックグラウンドチェックで内定取り消しにならない方法です。

履歴書や職務経歴書を作成する際には、間違いがないかどうか必ず確認しましょう。

外資系のバックグラウンドチェック対策には転職エージェントを利用しよう

履歴書や職務経歴書、面接での回答を正直に行っていれば、バックグラウンドチェックはあまり心配する必要なないでしょう。

とはいえ、

  • 外資系金融に転職したいけど、自分が抱えている借金は問題ないものなのか
  • 転職回数が多いけど大丈夫なのか
  • 職歴を正直に書いたら書類選考に通らないのではないか
  • 以前働いていた企業は吸収合併されたけど、どうなるのか
  • 近所への聞き取り調査で○○について耳に入ったらどうしよう

など、不安が残っている方もいるのではないでしょうか。

「自分のこのケースは大丈夫なのか」という疑問や不安をお持ちの方だけでなく、バックグラウンドチェック対策をするためにも、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用することで、プロの転職カウンセラーが豊富な知識と経験から、個人に合ったバックグラウンドチェック対策のアドバイスがもらえます。

書類作成のアドバイスはもちろん、面接での受け答えについても客観的なアドバイスがもらえるでしょう。

最終面接後にバックグラウンドチェックを提示されたのであれば、応募書類のコピーを持って転職エージェントに相談しましょう。

Beyond Borderでは、無料でプロの転職カウンセラーがキャリアに関するさまざまなアドバイスを行っています。個々に合った、バックグラウンドチェック対策についてのカウンセリングも行っています。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

フォームを入力する時間がない、すぐに相談したいというご希望の方は電話対応も可能です。

【お問い合わせ 03-5843-8346】SkypeもOK