海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

ホテル業界へ未経験で転職する方法をまとめ

更新日:2019.4.4

ホテル業界は、サービス業の中でも人気があり、高いレベルの接客技術を身につけられることもあって、働きたいと考える人も多いようです。

現在、外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピック開催に伴い、外資系ホテルの参入、ビジネスホテルチェーンの建設、老舗ホテルの改修など、空前の建設ラッシュが起こっています。

その中でも、帝国ホテルなど大手の名門ホテルは、世界中から日本に訪れる人々が利用することもあり、語学力を活かしたい人やグローバルな感覚を養いたい人にとって憧れの転職先になっています。

したがって、そのような名門ホテルに転職を考える場合は、英語だけでなく、中国語やフランス語なども習得していれば、より採用の可能性が高まります。

また、ホテル業界は、観光客の対応をする職種だけでなく、結婚式やパーティーの運営や、カフェ・レストラン、お店などの運営などさまざまな職種に携われる可能性がある点も大きな魅力といえます。

ただ、勤務体系がシフト制であるため不規則で、休日も少ないため、入社した際の華やかなイメージとのギャップに苦しみ、早期に離職してしまうことが多い厳しい側面もあります。

この記事では、このホテル業界の今後や未経験でも転職することが可能なのか、また、年齢によって就職の難易度が変化するのかなど、ホテル業界の転職事情について解説していきます。

ホテル業界の転職状況は?未経験でも転職できるの?

冒頭でご紹介したように、現在はホテルの建設ラッシュが続いており、特に東京オリンピックが開催される首都圏でその傾向が顕著に現れています。

そのような状況であることから、新しいホテルに人材が流出して、人材の確保に苦しんでいるホテルもたくさんあります。したがって未経験からでも十分に転職できるチャンスがあるといえます。

ホテル業界の離職率が高いといわれている理由は、

  • 「他のホテルに就職して、キャリアアップと待遇の向上を目指したい」
  • 「厳しい労働環境に耐えられなくなり、違った業界で働きたい」

と大きく2つに分けられるといえます。

特に最近では、新しいホテルにキャリアアップを目指して転職する人が増えていて、他の業界と比べて、同じ業界内での転職が多くなっています。 

ホテル業の職種は大きく以下の通りに分けられ、いずれもどの業界からでも未経験で転職しやすい環境です。

  • 宿泊部門
  • 料飲部門
  • 営業部門
  • 管理部門


外国人観光客の増加に伴い、未経験でも語学力を求めるホテルも多くその点に自信があれば、さらに未経験でも採用される可能性が高まります。

しかしながら、離職していく人が多かったり、労働環境が厳しかったりする点は十分踏まえた上で転職するようにしてください。

未経験からホテル業界を目指す上で準備しておきたいこととは?


未経験からでも十分に転職のチャンスがあるホテル業界ですが、人材が不足しているからといって、採用へのハードルが極端に下がっているわけではありません。まずは、自身のこれまでのキャリアの中でホテル業界で活かせる部分がないかなど、しっかりと自己分析し、準備した上で活動に臨むようにしましょう。

特に外資系ホテルを目指す場合は、英語は必須であり、TOEIC900点台を求めるホテルもあります。自身の語学力レベルに応じて応募するホテルを見極めるようにしましょう。

ホテル業界では、語学力以外にもコミュニケーション能力心遣いのセンスも大切な要素となります。

ホテルスタッフとしての身だしなみや言葉遣い、接客マナー、英会話などの基本的なものから料飲・宿泊の業務の知識を問う「サービス接遇実務検定」や「ホテル実務技能検定」などの資格を取得しておくと、転職活動時に有利です。入社してからの昇進や昇格にも有利に働きますので、時間が取れる人は、取得を検討しましょう。

また面接の際は、これらの資格やホテル業界への憧れだけではなく、今後のキャリアプランを具体的にアピールし、不規則な勤務時間などのデメリットを踏まえた上での挑戦であるという熱意をいかに伝えられるかが重要なポイントとなります。

年代別 ホテル業界への未経験での転職難易度!


ホテル業界に未経験で転職する際、果たして年齢は関係してくるのでしょうか?

他の業界と同じく年齢が高くなればなるほど、未経験での採用は厳しくなりますが、過去に接客の経験があったり、サービス業での勤務経験があったりする場合は、年齢が高くても採用される可能性が高まります。では、年代別で転職難易度を見てみましょう。

・20代未経験での転職

20代はこれまでの経験があまり重視されることはなく、これからの伸びしろに重きが置かれます。

・30代未経験での転職

30代になると、何かホテル業界に通じるような経験がないかをある程度、見極められることになります。

・40代未経験での転職

40代以上にもなるとホテル業界で活かせる経験が1つでもないと採用は非常に厳しくなるといえます。例えば、語学力であったり、サービス業や接客業での実務経験であったり、シフト勤務の経験などです。

年齢が高い人は、少しでも活かせる経験がないか確認してみましょう。

しかしながら、これはあくまでフロント業務など宿泊部門、レストランなどの物販部門を目指す場合です。

これが営業部門や管理部門などを目指す場合、やはり年齢が高くなれば、実務経験やスキルを問われることになりますので、自身が目指すホテルでの職種によって、応募するかどうかを判断するようにしてください。

どうしても年齢が高く、ホテル業界で活かせる経験が見つからない場合は、人材紹介会社に登録をし、キャリアコンサルタントの面談を受けて、ホテル業界内で働く方法はないか相談してみましょう。転職エージェントのBeyond Borderでは非公開の求人も多数有していますので、マッチする求人が見つかるかもしれません。

Beyond Borderでは、無料でプロ転職カウンセラーによるアドバイスも行っています。ウェブサイトよりご気軽にご相談ください。
https://beyond-border.me/free-counselling/

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方には電話やスカイプでの問い合わせも受け付けています。【お問い合わせ 03-5843-8346】

ホテル業界へ未経験で転職する方法のまとめ

ホテル業界は今、大きな転換期を迎えています。
2020年開催の東京オリンピックによる効果を期待して、政府は2020年の訪日外国人観光客数の目標を年間4000万人としていることから、ホテル業界への期待が高まっています。

ただ、2020年までにそれだけの人を受け入れるホテルが完成したとしても、そこで働く人材を確保できるかが、今後のインバウンド需要を拡大していく意味でもホテル業界の大きな課題となっています。
このような流れもあり、ホテル業界は、人材確保に向けて、従業員の労働環境は改善されていくでしょう。未経験で転職する人にとっても、より働きやすい業界になっていくのは間違いないでしょう。

しかしながら、ホテル間の競争が激化しているという現状があります。

より良いサービスを提供しているホテルには宿泊客が集まり、人材も集まる一方、競争に対抗できないホテルは淘汰されています。
転職を検討する際は、応募するホテルの競争力や将来性についても、しっかりと見極めておかなければなりません。
サービス業の大きな目的は「全てのお客さまに多くの満足を提供する」という点です。
未経験の人に対しても、お客さまに質の良いサービスを提供できる人材であるか、なり得るかが強く求められます。
「人と接することが好き」「お客様の喜ぶ顔が見たい」といった気持ちがあるのなら、迷わずにチャレンジして、充実感のある転職を実現させましょう。