留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

海外にはない日本の終身雇用制度

更新日:2021.2.28

日本では昔から、勤続年数が長いほど給与や退職金が高くなるという雇用環境であったため、転職をせずひとつの会社に長く勤める終身雇用が当たり前で好ましいとされていました。

一方、海外では昔から自分のキャリアプランに沿って、給料や能力アップなど様々な側面から転職するか現職に留まるかを選択することが一般的な概念です。

今回は、世界的に見るととても珍しい日本の終身雇用制度とはどのようなものなのか、考察してみたいと思います。
この制度を理解した上でキャリアプランを立てていくことで、ご自身にあったキャリアを実現しやすくなるでしょう。

 

終身雇用制度とは

 

終身雇用制度とは法律などで決められた制度ではなく、企業が自社努力のもと、従業員を定年まで雇用していこうというものです。

社員にとって終身雇用制度は、定年まで安定した収入を得られ、多くの場合は年功序列で収入や肩書が上がり、「安定」が一番のメリットとなります。

企業にとっては、育て上げた優秀な人材が長期間にわたり会社に貢献し、利益をもたらしてくれるという点が一番の魅力となります。

その反面、企業は業績の悪化などが起きても、簡単に解雇することができないというデメリットもあります。
簡単に企業が従業員を解雇できないということから、社員が仕事に対する努力を怠るなど、社員の質の低下も問題となってきます。

 

日系企業の終身雇用制度は崩壊するのか

 

バブル崩壊以降、日本の終身雇用制度は崩壊すると言われてきました。
昨年の経団連会長やトヨタ自動車社長の「終身雇用の限界」という発言も記憶に新しいところです。

年齢が上がるにつれて右肩上がりだった給与も、ある程度の年齢を過ぎるとアップ率が下がる、もしくは変わらないという企業も既に少なくありません。

またIT技術などの進化によりビジネスモデルが大きく変化し、少子高齢化の影響により労働生産性を高める必要があるなかで、日本社会の高度成長期を支えたジェネラリストを育てるというやり方ではなく、「スペシャリストを育成する」もしくは「スペシャリストを雇用する」という企業が、これからの日本社会の中でも増えてくるでしょう。

現在では、良い条件、良い仕事を求めて転職をする20代30代の若手も増え続けています。

こういった状況からも日本社会は、これまでのような終身雇用制度はなくなっていくと考えられます。

終身雇用制度が崩壊するといっても、長年ひとつの企業に勤務することができないということではありません。
優秀な人材は企業としても長く勤めてもらいたいと考えます。

ひとつの企業に長く勤めたいと考えるのであれば、その企業にとって必要な人材であり続けるよう努力することが大切になります。

 

日本と海外では転職に対する考え方が違う

 

近年では、20代、30代を中心に、キャリアアップのためなど、転職をする方も増えてきています。
しかし前述の通り、これまで日系企業では終身雇用が当たり前であり、ひとつの会社に長く勤めることが良しとされてきました。

そのため、転職する際に「転職回数が多い」「勤務2~3年で転職している」という方に対して、マイナスな印象を持つ人事担当者も少なくありません。

海外では転職をしスキルアップや給与アップをしていくことが主流なので、転職回数や勤務年数でマイナスな印象をもたれることはなく、実績や能力が重要になります。

特に海外経験を活かした転職を希望している海外経験者の中には、外資系企業への転職を考えている方もいるかと思います。

外資系企業は終身雇用という概念が日系企業に比べると薄く、転職回数や勤務年数でマイナスな印象を持たれるもことは少ないでしょう。

外資系企業では特に、

  • 即戦力としての早い段階からの活躍
  • 自己裁量で仕事を進めていく力

を重視しています。

終身雇用という概念がないなら解雇されるリスクもあるのかという質問も多く聞かれますが、正社員雇用では日本の労働基準法が適用されているため、社員の解雇を簡単に行うことはできません。

ただし、管理クラスの求人でも年契約採用を提示してくる企業が多いことも事実です。

 

キャリアプランを考えよう

 

日本独特の終身雇用制度は、徐々に崩壊しつつあります。

転職をする、しないに関わらず、企業や職務において必要な人材であり続けることで、より理想的なワークライフを送ることができるでしょう。

「どのような環境で」「どのような立場で」「どのような仕事を」していきたいのか「2~3年以内」「5年後」「10年後」と具体的にキャリアプランを考えていくことで、

転職をすることがよいのか

ひとつの会社で長く勤めることがよいのか

など、キャリアプランの実現方法が見えてきます。

 

また、キャリアプランを考える際には転職エージェントを利用することもおすすめします。

転職エージェントのカウンセラーに自身のキャリアプラン実現について相談することで、

  • どのような企業で働くとよいのか
  • キャリアプラン実現のために何をしていけばよいのか
  • プロの視点から見たより具体的なキャリアプラン

などのアドバイスをもらうことができます。

転職を考えている方も、そうでない方も、理想的のキャリア実現のためにキャリアプランの具体化をしていきましょう。

 

Beyond Borderは「海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント」として、海外経験をされた方のサポートをしています。

Beyond Borderでは、経験豊富なプロのカウンセラーが、キャリアプランの実現のために客観的に的確なアドバイスを行います。
また、書類や面接でのアピールの仕方、自己分析の仕方など、キャリアに関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

ウェブサイトから簡単に無料カウンセリングをご予約頂けます。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】