海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

「英語は必須?結果主義?給料は高い?」留学経験者に人気な外資系企業の特徴を解説します

更新日:2017.4.20

外国人の会議中イメージ

こんにちは、海外留学経験者専門の転職エージェントBeyond Border広報部です。

今回お届けする留学生経験者のための転職ノウハウは、「外資系企業の特徴」についてです。

「英語を生かした仕事をするなら外資系企業が良さそう!
でも、外資系企業ってどんな会社なんだろう??」

と留学経験者の方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

海外留学の経験があり英語が得意な方の転職先として人気の「外資系企業」ですが、中には「外資系企業とはどんな会社なんですか?」という質問をくれる方も少なくありません。

そこで今回は、

  1. 外資系企業と日系企業の違い
  2. 外資系企業は結果主義って本当?
  3. 日本人社員の割合は?
  4. 社内公用語は英語?それとも日本語?
  5. 外資系企業の給料は高い?
  6. 外資系企業ならではの悩みやデメリットは?

など外資系企業についてご紹介させていただきます。

 

1. 外資系企業と日系企業の違い

まず、「外資系企業」とはどんな会社をさす言葉でしょうか?

外資系企業と聞くとグーグルやマイクロソフトなど欧米系の企業をイメージされる方が多いと思いますが、実は欧米系に限りません。

外資系企業の定義は諸説ありますが、一般的には、「日本国外でできた会社や外国人が一定以上の出資をする企業」の事をさします。

なので、例えば、アジアに本社がある韓国系のサムスン電子や中国系のファーウェイも外資系企業に該当します。

また、「日系企業」とは日本国内でできた会社や日本人が経営する企業のことです。

外資系企業と日系企業の違いについて、ご理解していただけたでしょうか?

次に外資系企業の特徴をご説明します。

 

2. 外資系企業は結果主義って本当?

「外資系企業は激務」というイメージを持っている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

外資系企業と日系企業の働き方には大きな違いがあり、その理由は「社員の評価基準が違う」からです。

例えば、アメリカ系企業の多くは”結果主義”を取り入れていて、ドイツ系企業は”成果主義”を取り入れています。

結果主義と成果主義と聞いて、「えっ、結果主義と成果主義は何が違うの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、簡単に説明すると

  • “結果主義”とは、業務の結果だけを評価する制度
  • “成果主義”とは、業務の結果と過程を評価する制度

という違いの事です。

日本企業の場合は、少し大げさな言い方をすると、外資系企業と比べて、結果を出さなくても同僚を手伝ったり部署に貢献すれば評価される事もありますし、年齢や勤務年数によって評価される「年功序列型評価」が主流です。

そのため、外資系企業は社員の能力を評価するときに、日系企業よりも結果を重視する傾向にあります。

また、日本企業では、外資系企業と比べ、正社員の場合、解雇されにくいのですが、外資系企業では結果が出せないと辞めさせられることがあり、結果に対して非常にシビアです。

そのため「外資系企業は激務」というイメージがあるのかもしれませんね。

 

3. 日本人社員の割合は?

無料転職カウンセリングイメージ写真

外資系企業の日本人社員の割合はどれくらいなのでしょうか。

「外資系企業の社員は外国人ばかりなのではないか!?」と思われる方も多いと思いますが、実は日本にある外資系企業の場合、社員の9割ほどは日本人である事も多いのです。

では、残りの1割の外国人はどのような人かと言うと、一般的には、マネージャー(管理職)として、本社(本国)から派遣された外国人が就いているパターンが多いです。

「半分以上外国人」という企業もありますが、必ずしもそうとは限りませんので注意してください。

 

4. 社内公用語は英語?それとも日本語?

日本人が9割を占めている外資系企業の場合、社内公用語は何語なのでしょうか?

「外資系企業だから英語しか使ってはいけないのでは?」と思うかもしれませんが、基本的な業務は日本語で行うことが多いです。

ただし、海外とのやり取りがある部署や役職に就いた場合や、外国人とのやり取りは英語を使うことになります。

外資系企業では基本的には日本語を使い、一部必要に合わせて英語を使うことが多いです。

そのため、外資系企業で働くためには英会話能力が必要になり、企業側も英語が話せる人材を求めています。

 

5. 外資系企業の給料は高いって本当?

転職をするときに気になるのが、お給料について。

外資系企業は日系企業よりも給料が高い」という噂は本当なのでしょうか?

実はこの噂、必ずしも正解とは限らないのです。

例えば、日系企業で年収600万円だった人が外資系企業へ転職して、年収が200万円アップの800万円に増えることはよくあることです。

このように、外資系企業は日系企業よりも年収が高い傾向にあることは事実です。

ただし、給料体系を見てみると、「基本給+ボーナス」の日系企業とは違い、外資系企業では「基本給+出来高払い」のことが多いです。

そのため、外資系企業に転職すると年収は上がることが多いですが、基本給は下がります。

また、給料は「基本給+出来高払い」のため、仕事の結果によって増えたり減ったりします。

ですので、「外資に入って給料が上がった!」という人は、「社内で成果や結果を出して評価されている人」という事になります。

 

6. 外資系企業ならではの悩みやデメリットは?

次に外資系企業ならではの悩みやデメリットについてです。

意外と大変なのが、外国との時差

例えば、アメリカに本社がある外資系企業で働く場合には本社と時差が13時間あり、朝と夜しか連絡できなくなります。

中には夜の23時から、アメリカとテレビ電話を使って会議をしなければいけないこともあります。

ですが、中には合理的な考え方で、夜遅い時間の場合には、オフィスではなく、「自宅からSkypeやGoogleハングアウトのようなテレビ電話で会議をする」という会社も多くあります。

 

外資系企業、日系企業、あなたはどっち派?

いかがでしたでしょか?

あなたの思っていた外資系企業とイメージは一致していましたか?

今回ご紹介したように、外資系企業には日系企業とは違う特徴があり、中には日系企業よりも相性がいいという方も多くいます。

ただし、「絶対に外資がいい!自分には外資しかない!!」という考え方は、必ずしも正しい回答とは限りません。

例えば、留学経験で培った外国人とのコミュニケーション能力や、海外での勤務を希望される方であれば、実は日系企業の海外転勤などを狙った方がベターな事もあります。

「自分にとって、どのような選択肢がベストなのか?」を知りたい方は、ぜひBeyond Borderの無料転職カウンセリングも活用してみてくださいね。

また、外資系での働き方については、以前、Beyond Borderの転職経験者インタビューに登場してくれた若島さんの体験談も参考になるので、こちらも合わせてチェックしてみてください。