留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

“転職エージェントの掛け持ち”を上手に伝える2つのコツ

更新日:2019.7.15

「転職エージェントに掛け持ちは伝えるべきか?」

実際のところ、大半の転職者が転職エージェントを複数利用しているというのが現実でしょう。

そんな中、転職エージェントの掛け持ちを担当者に伝えるべきかどうか迷っている方もいらっしゃると思いますが、掛け持ちを伝えること自体は決して悪いことではありません。

むしろ、転職エージェントの掛け持ちを隠したまま転職活動をしてしまうと、後々トラブルになる可能性もあるため、先に伝える方が良いケースが多くなります。

また、内定が出たらその旨も担当者に伝えておくことで、後々のトラブルを防ぐことができます。

今回は、担当者のやる気を損なわない「転職エージェントの掛け持ちの上手な伝え方」を、転職エージェントであるBEYOND BORDERがお伝え致します。

転職エージェントの掛け持ちの上手な伝え方

転職エージェントに“掛け持ち”を伝える時は、以下の2つのポイントを意識してください。

  1. 掛け持ちをしている「理由」を簡潔に伝える
  2. “できれば、こちらで決めたい”という「意志」を伝える

上記に挙げた2つのポイントを詳しく解説していきます。

1. 掛け持ちをしている「理由」を簡潔に伝える

担当者に「転職エージェントの掛け持ちしている」と伝えるだけではなく、「なぜ、掛け持ちをしようと思ったのか?」という理由を簡潔に添えてみましょう。

求人をより多く知りたい、いろんな担当者に会ってみたいなど、どんな理由でも構いません。

そうすることで、転職エージェント側も、求職者が抱える不安や悩みなどを知る事ができるため、より的確なサポートをすることが可能になります。

掛け持ちの理由を添えることは、お互いにとってメリットとなるのです。

2. “できれば、こちらで決めたい”という「意志」を伝える

転職エージェントというビジネスは、自分達から求職者を派遣し、転職を成功させることで初めて利益を得ることができます。

「できれば、こちらで決めたい。」

と担当者にしっかり意思表示した上で、

「ただし、現時点で不安があるので掛け持ちしている。」

と伝えて、担当者のやる気に火を付けてみましょう。

担当者からの手厚いサポートを引き出すことで、転職の成功確率は高まることでしょう。

まとめ

転職エージェントに複数掛け持ちを伝える時には、掛け持ちの理由と、「できればこちらで決めたい」という、相手をやる気にさせる意思を伝えましょう。

もし担当者のイライラが見え隠れしたり、やる気のなさが伝わってきたりした場合は、転職エージェントは乗り換えた方がいいかもしれません。

【BEYOND BORDERは、複数掛け持ちOK、外資系、海外事業にご興味はありませんか?】

私たちBEYOND BORDERは留学経験者、帰国子女、ハーフも専門とした転職エージェントです。

日系企業に留まらず、外資系や海外事業も専門としています。

  • 「英語が使える職場に転職したい」
  • 「自分のキャリアを世界レベルで成長させたい」
  • 「多様性を尊重してくれる企業に出会いたい」

どんな転職の希望も私たちにおまかせください。

現在の転職エージェントとの掛け持ちも、もちろんOK。

弊社では随時、無料カウンセリングを実施中です。

無料・簡単相談受付ページ

お急ぎの方、来社が難しい方にはお電話、Skypeでのご相談も受け付けています。

03-5843-8346

ワールドワイドで自分のキャリアを見つめてみませんか?