留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

真面目さをアピール!転職面接での長所・短所の伝え方

更新日:2021.3.7

長所・短所どちらにもとらえられる“真面目さ”

転職面接で真面目すぎる性格をどんな風に伝えたら好印象を与えられるのか悩むこともありますよね。

“真面目さ”を上手に伝えるポイントは、応募先の企業を事前にしっかりと調べておくこと。
転職面接という一括りで考えず、社風や面接官の性格に合わせて何パターンか答えを用意しておくと、焦ることなく受け答えができます。

今回は、転職エージェントのBeyond Borderが、転職面接で使える真面目な性格の長所、短所の上手な伝え方をご紹介します。

 

長所の伝え方:真面目すぎる=仕事熱心であることをアピール

 

真面目すぎる人の長所は、真っ直ぐに物事を受け止められること。
仕事をする上で、楽をしよう、嘘をついて誤魔化そうとはあまり考えません。

つまり、真面目な人は、仕事熱心といえます。
仕事に情熱を持って取り組める人です。

細かな業務を丁寧にこなし、些細な事もトラブルになる前に気づくことができる、周りの人に常に気を配れるなど、多くの長所が挙げられます。

転職面接で真面目さをアピールするなら、真面目すぎる仕事への情熱を伝えましょう。

例えば、「あなたの長所は何ですか?」と聞かれたら、

「私の長所は真面目なことです。会社が目指すビジョンと仕事に情熱を傾けるあまり、日常生活がおそろかになることもあります。しかし、会社やチームと一緒に仕事に打ち込める時間は人生でかけがえのない時間と考えています」

と“真面目すぎる”ことを、仕事に情熱を傾けられる、会社と一緒に夢を目指せるという長所として伝えます。

さらに面接で好印象を与えたいなら、応募先の企業が熱心に取り組んでいる事業や大切にしている社風への情熱を語ってみてもいいかもしれません。

真面目さ=情熱です。自信を持って自分の長所を伝えましょう。

 

短所の伝え方:真面目すぎる=頑固、神経質と思われないように注意

 

中途採用では新しい環境に馴染む能力、環境適応力が大きく評価されます。
ですので、真面目すぎる性格は、めんどくさい、神経質、頑固といったネガティブなイメージを与えることもあります。

真面目な性格を短所として伝える時には、最終的にプラスな印象に持っていけるようなポジティブな内容で完結するようにしましょう。

真面目すぎる性格を短所として伝えるなら、

  • 仕事のこだわりが強く、頑固だと思われやすい
  • 会社のルールや社風を尊重するあまり、オリジナル性が乏しい

など、仕事に対する真面目さを含めて伝えます。

その上で、

  • 自分のこだわりがチームに貢献できるように成長したい
  • 会社にいい風を吹かせられるような個性を新しいチームで育んでいきたい

など、今後、自分が真面目すぎる短所をどのように長所に変えていけるのかを説明します。

自分個人の中だけではなく、“新しい業務とチームを通して成長したい”という旨をより強く伝えると好印象になります。

 

まとめ

 

真面目すぎる性格は、言い方次第で長所にも短所にもなります。
短所を聞かれた時には、長所に発展させていけるような明るい展望を含ませて話しましょう。

短所を話す時に、開き直った態度や自信が無さそうな話し方はNG。

今の自分の短所を認め、今後長所も短所も成長させたいという強い志を持って、真摯に質問に応えていきましょう。

 

【緊張と不安の面接対策、全て転職エージェントに投げてみませんか?】

どんな質問が来るか予想がつかない面接は、胃が痛くなるような緊張と不安の連続。

転職エージェントのBEYOND BORDERなら、転職先探しから履歴書の添削、面接の練習まで全て無料でご提供しています。

応募先の企業を徹底的に調べ上げ、過去のデータから質問されやすい内容、重視されている受け答えのポイントを元に、転職者と一緒にマンツーマンで面接のリハーサルを行います。

 

弊社ではインターネット上で随時、無料カウンセリングを実施中です。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

ご来社が難しい、お急ぎの方は電話とSkypeでのお問い合わせも承っております。
【お問い合わせ 03-5843-8346】

なお、Skypeをご希望の方は無料・簡単相談受付ページにてその旨をお伝えくださいませ。

 

面接で悩まない&焦らない、余裕のある転職活動を私たちと一緒に始めてみませんか?