海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

外資系企業に未経験の女性が転職してワークライフバランスを図るには

更新日:2018.11.20

ワークライフバランスの充実を図りたいと考えている女性の中には、外資系企業に転職することを望んでいる人も多いでしょう。

しかし、外資系企業というと、募集ポジションでの実績がないと転職が難しいイメージや、ハードワークだというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

「未経験では外資系企業に転職はできないだろう」「本当に外資系企業であればワークライフバランスの充実が図れるのか」と不安に感じてしまいます。

自分が望んでいるワークライフバランスの充実を図るために、外資系企業に女性が転職するメリットとデメリットを具体的に知り、未経験でも転職を成功させるポイントを抑えることが大切です。

外資系企業に女性が転職する4つのメリット

外資系企業とひとことで言っても、全てが同じではありません。

希望の企業やポジションによって、それぞれ違いがあります。

今回は、一般的な「外資系企業に女性が転職する4つのメリット」を見てみましょう。

外資系企業に女性が転職する4つのメリット、1:活躍できるチャンスがある

 

外資系企業に女性が転職するメリットの一つ目として、活躍できるチャンスがあることが挙げられます。

日系企業の中には、女性より男性の方が大きなプロジェクトに携わるチャンスが多いことや、どんなに成果を出しても収入アップや昇進に男性よりも繋がりづらいという企業が、まだまだ存在しています。

その点、外資系企業は、実力主義・成果主義ですので、年齢や性別を問わず大きなプロジェクトに携わることができます。成果を上げればそれだけ評価され、収入アップや昇進にも繋がってきます。

結果を出すことに仕事のやりがいを感じる方や、どんどんキャリアアップしていきたい方には、外資系企業への転職に向いているでしょう。

外資系企業に女性が転職する4つのメリット、2:収入の良さ

 

外資系企業に女性が転職するメリットの2つ目は、収入の良さです。

外資系企業は、実力主義・成果主義ですので、成果を上げれば上げるほど、報酬が上がります。

男女問わず、成果を上げれば、それだけ高いインセンティブ給が支給され、年収が1年で100万円以上アップすることもよくあることです。

外資系企業に女性が転職する4つのメリット、3:休暇が取りやすい

 

外資系企業に女性が転職するメリットの3つ目は、休暇が取りやすいことです。

外資系企業の多くが、フレックスタイムを採用しています。コアタイムに出社していれば、遅く出社しても、早き退社しても問題ありません。

また、日系企業と違い、有給休暇を取得しづらいということもありません。

子育てをしながら働くという方は、子供の学校行事を考えながら働くことができます。病院に子供を連れていくのに、半休や有休を取らなくてもよいということになります。

外資系企業に女性が転職する4つのメリット、4:産休・育休に理解がある

 

外資系企業に女性が転職するメリットの4つ目は、産休・育休に理解があることです。

外資系企業では、産休・育休制度がしっかりとしていて、女性だけでなく男性も育休を取りやすくなっています。

また外資系企業の中では、休暇後は復職することが多く、時短勤務や保育所制度などの環境が整っている企業が多くあります。

外資系企業に女性が転職する3つのデメリット

外資系企業に女性が転職することは、メリットがある半面、デメリットもあります。

次は、一般的な「外資系企業に女性が転職する3つのデメリット」を見てみましょう。

 

外資系企業に女性が転職する3つのデメリット、1:仕事が忙しい

 

外資系企業に女性が転職するデメリットの一つ目は、仕事が忙しくなりがちなことです。

外資系企業の多くが、フレックスタイムを採用しています。勤務時間や仕事のスケジュールは自分で決めることができるため、残業をしなくてもよいのではと感じる方も多いでしょう。

しかし、外資系企業は成果主義です。勤務時間内に成果を出すことができなければ、夜遅くまで仕事をすることも必要になります。

また、海外本社や支社と時差があるため、会議などが始業時間前や夜遅い時間に行われることもあります。

家事や育児をしながら働くという方は、転職を希望する企業やポジションがどのような環境かをしっかり調べる必要があります。

 

外資系企業に女性が転職する3つのデメリット、2:研修制度がない

 

外資系企業に女性が転職するデメリットの2つ目は、研修制度がないことです。

日系企業では、中途採用で入社しても研修制度が充実していたり、先輩社員がしっかりと指導してくれたりします。

しかし、外資系企業では、即戦力を求めていることもあり、研修制度がないことが多くなります。未経験で外資系企業へ転職を考えている女性には、ハードルが高くなる可能性があります。

外資系企業に転職する前に、経験を積んでおくことや専門的知識を高めておくことをおすすめします。

外資系企業に女性が転職する3つのデメリット、3:福利厚生が不十分

 

外資系企業に女性が転職するデメリットの3つ目は、福利厚生が不十分なことです。

外資系企業では、高い収入の中に福利厚生が含まれていると考えられており、退職金制度や住宅手当がない、保養所がないというところが多くなります。

住宅手当がないことで、住宅ローンや家賃の負担が増えたり、家族手当がないことで養育費が増えたりする可能性があり、福利厚生を重視している女性には悩みどころかもしれません。

女性が未経験で外資系企業への転職を成功させるポイント

外資系企業に女性が転職するメリットとデメリットについて理解していただけたと思います。

最後に、ワークライフバランスの充実を図るために、女性が未経験で外資系企業への転職を成功させるには何が必要か、そのポイントを見ていきましょう。

ポイント1:転職後の働き方を明確にする

 

ワークライフバランスの充実といっても、人によって重視するものが違ってきます。

転職することによりキャリアアップを求めている場合は、普段はハードワークでも、まとまった休みが取れることを重視している方もいるでしょう。家事や子育てをしながら働きたい場合は、普段フレキシブルに働ける環境がよいという方もいるでしょう。

外資系企業への転職で、自分が何を求めているのかを具体的にし、転職後の働き方を明確にすることが大切です。

 

ポイント2:転職を希望する外資系企業や募集ポジションについて理解する

 

転職後の働き方が明確になったら、希望する外資系企業や募集ポジションについてしっかり理解することが必要です。

例えば、募集ポジションで、海外本社や支社との会議が多く行われることが読み取れれば、時差による早朝や夜間の会議の可能性が考えられ、残業を好まない方には向かないかもしれません。

また全ての企業ではありませんが、アメリカ系の外資系企業はバリバリ働きたい方に向いており、ヨーロッパ系の外資系企業は残業をあまりしたくない方に向いていると言われています。

ポイント3:経験や実績を整理する

 

外資系企業は、即戦力を求めています。

転職を希望するポジションにアピールできる経験や実績を整理していきましょう。

同業種や同職種ではなくても、前職でのプロジェクトの進め方やマネジメントの仕方など、職種は違っても活かせるものはいろいろあります。

ポイント4:自己アピールポイントを整理する

 

外資系企業で大きな武器になるものには、「環境適応力」「コミュニケーション力」「論理的思考」などがあります。

海外経験者の方であれば、環境適応力やコミュニケーション力があると思います。また、海外経験の中で、討論をするときなどに、論理的に考え意見を言ってきたのではないでしょうか。

それらが、どう活かせるのかを考えてみましょう。

ポイント5:派遣社員や契約社員

 

派遣社員や契約社員というのもひとつの選択として考えてみましょう。

外資系企業では、派遣社員や契約社員でも高い評価を得ると、正社員として雇用されたり、昇給や昇進をしたりすることもあります。

未経験であれば、まずは自分のペースで働きながら経験を積み、正社員を目指すこともよいでしょう。

ワークライフバランスの充実を図るために、女性が未経験で外資系企業への転職を成功させるには何が必要か、そのポイントを見てきました。

自分ひとりでは、なかなか整理ができないという方は、転職エージェントなどでプロのアドバイスをもらうのもよいでしょう。

 

Beyond Borderでは、プロ転職カウンセラーによるカウンセリングを無料で行っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://beyond-border.me/service/counseling/

 

まとめ:転職後の働き方を明確にすることが外資系企業への転職成功の鍵

外資系企業の募集ポジションには、未経験者OKの求人はあまり多くありませんが、経験が必須ではない求人もあります。

外資系企業の、年齢や性別に関係なく評価される実力主義や、産休・育休や時短制度などの子育てに対する支援がしっかりしている点は、女性にとってとても魅力的です。

未経験で外資系企業への転職を成功させ、ワークライフバランスの充実を図るために、転職後の働き方を明確にしていきましょう。