海外経験者専門の転職エージェント
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

留学経験者が転職時の面接で求められるコミュニケーション能力とは!?アピールで海外経験を活かす!

更新日:2017.12.19

こんにちは、海外留学経験者専門の転職エージェントBeyond Border広報部です。

今回お届けする留学経験者のための転職ノウハウは、「面接で求められるコミュニケーション能力とコミュニケーション能力のアピールの仕方」についてです。

就職や転職活動において、言わずもがな重要とされる「コミュニケーション能力」。

実は、「海外留学経験者が就職や転職に有利!」と言われる理由にも「英語力」に加えて、この「コミュニケーション能力」の高さがあげられます。

ですので、海外留学経験者は「コミュニケーション能力」を書類や面接での受け答えで、しっかりと伝える事ができるかどうかで、「転職のしやすさ」や、「希望先の会社での評価」が大きく変わってしまいます。

「でも、そのコミュニケーション能力ってどうやって伝えればいいんだろう?」

そうお思いの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • 転職の際に求められるコミュニケーション能力とは一体どんなものなのか
  • コミュニケーション能力を面接や書類でアピールするための方法

この2つについて解説します。

そもそも、コミュニケーション能力とは一体何なのか

コミュニケーション能力」と一言で言っても、色々な解釈を思い浮かべる方も多いのではでしょうか?

そこで、まずは「転職の際に求められる”コミュニケーション能力とはなにか?」を知っておきましょう。

転職時に求められるコミュニケーション能力1 〜質問の意図をくみ取ることが出来る〜

求められるコミュニケーション能力の1つ目は、「質問の意図を把握し、簡潔に解答をする。」という事です。

例えば、就職の面接において、「失敗談を教えてください。」という質問が投げかけられたとしましょう。

この質問に対して、あなただったら、

  • 失敗談をそのまま話す
  • 失敗談を話し、「その失敗をどう乗り越えたか?」まで話す

どちらで話をしますか?

多くの面接官は、「失敗談と、その失敗をどう乗り越えたか?」までを聞きたいのではないでしょうか?

そういった、面接官の意図を把握して、受け答えが出来る事が、求められるコミュニケーション能力の一つかと思います。

※ただし、面接の状況によっては、シンプルに「失敗談をそのまま話す」という事を求められる場合もありますのでその場その場での判断を大切に!基本的には結論から話す事が大事です!

求められるコミュニケーション能力2 〜場の雰囲気になじむことが出来る〜

  • 場の雰囲気を感じ取る
  • みんなが話しやすい空気を作り上げることが出来る

これらも、求められるコミュニケーション能力かと思います。

新しい環境になじむことを簡単にするテクニックは人それぞれ持っているかと思いますが、それのあるなしを採用担当者は見ている事が多いです。

特に、海外留学経験をされている、あなたの場合、海外という言葉や文化が異なる場所で、

  • 環境に馴染む
  • あるいは馴染みやすくなる雰囲気を作った

という経験が、コミュニケーション能力に生きているかと思います。

その経験をしっかりと伝えてみるように心がけましょう。

また、過去の職場での具体的な経験があれば、それもしっかりと具体的に伝えられるようにしておく事をおすすめします。

【事例付き】コミュニケーション能力を面接や書類でアピールするための方法

次はコミュニケーション能力のアピール方法についてです。

今回は、面接や書類などで、コミュニケーション能力をアピールする際に大事な事を、事例付きで解説させていただきます!

上述させて頂いた通り、

海外で言葉も文化も異なる環境で生活してきた

という経験というのは、コミュニケーション能力をアピールする上で有利に働きます。

しかし、自分の強みとしてアピールする際に、ただ「コミュニケーション能力です。」と答えるのでは無く、

  • どのようなコミュニケーション能力なのか
  • そのコミュニケーション能力を培った経験

を併せて伝える事がポイント!

そのため、海外留学をする中で、どのような事を考え、行動してきたかというのを振り返ってみて下さい。

あなたの転職活動にしっかりと活かせるように具体的にイメージしてもらうために、コミュニケーション能力を培った経験を、2つご紹介させて頂きます。

自身の経験を振り返り、説明する際の参考にしてみてください。

海外でコミュニケーションを培った経験のアピール例1 〜「積極的に自分から話しかける」だけがコミュニケーション能力ではない!〜

アメリカの大学に進学されたある方は、現地での活動からコミュニケーション能力を身につけることが出来ました。

彼がアメリカで生活していたときに、現地の人とコミュニケーションをとるためにしたことは、「積極的に自分から話しかける」ということだけではありません。

日本人であるということを活かした、日本の文化を紹介するプレゼンテーションを行ったり、

プレゼンテーションにおける材料を手作りしたり、人と違うことをやることで相手に自分を印象付ける努力をしたそうです。

このように、

「どう工夫したら相手に評価されるか?」

これをしっかりと考えたことによって、相手の意図をくみ取ることができるようになり、これがコミュニケーション能力の評価へとつながりました。

海外でコミュニケーションを培った経験のアピール例2 〜最初の出会いで、いかにして相手に興味を持ってもらえるか?〜

イギリスの大学に進学したある方は、考え方やバックグラウンドの異なる人たちに囲まれることで、新しい環境にもスッと入り込む術(すべ)を身につけたそうです。

この方は、自己紹介の際に笑いをとれるようなものを加えたことによって、話の流れをスムーズにし、相手に興味を持ってもらうことを促していました。

このような体験によって、自分を受け入れてもらいやすくなるような話し方や、空気の作り方を身につけることが出来たそうです。

海外で培ったコミュニケーション能力が武器になるかどうかは、あなたのアピール力が鍵!

海外留学という

  • 友人もいない
  • 文化も違う
  • 言語も違う

という環境の中からのスタートという方が多いのではないでしょうか?

普段のカウンセリングでもやはりそういう経験がよく聞きます。

しかし、それを乗り越え、言葉も文化も違う中で、生活をしてきた経験はコミュニケーション能力という点で転職時には非常に有利なものです。

その経験の中で培って来た、

  • 相手の意図を読み取る力
  • 場の雰囲気を感じ取る力

この2点は、コミュニケーション能力をアピールできるポイントになるかと思います。

また、このコミュニケーション能力を面接でアピールするためには、

  • どのようなコミュニケーション能力なのか
  • そのコミュニケーション能力を培った経験

を強みとして伝える。

この事がとても大切!

自分のどんな海外経験が、コミュニケーション能力につながっているかわからないという方はぜひ、Beyond Borderの無料のカウンセリングを活用してみてくださいね。

思いがけないところで、あなたのコミュニケーション能力は培われているかもしれないですよ。