留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職】一次面接と二次面接の違いとは?面接で見られているポイント

更新日:2020.8.30

転職志望先企業の書類選考に通過すると、次は面接になります。

面接は、一次面接、二次面接、最終面接と、複数回に分けて行われることがほとんどです。
面接担当も変わることが多く、様々な角度から判断されます。

今回は、一次面接と二次面接の違いと、それぞれの面接で特に見られているポイントについて解説します。

 

一次面接で見られるポイント

一次面接では、人事部の採用担当者が面接官を務めることが多いです。

特に見ているポイントは、身だしなみ、応対などのビジネスマナーです。
会社で必要な社会人としての基本を身につけているかどうかを確認されます。

採用担当者は、二次面接以降を担当する現場責任者や役員に、「なんでこんな人を通したんだ」と思われない人を通過させたいのです。

一次面接での不採用で多い理由には、以下のようなものがあります。

 

1. ビジネスマナーが身についてない

挨拶ができない、清潔感がない、ボソボソと話す…などの基本的な理由で不採用になるケースは多くあります。

「そんなことで」と思われがちですが、面接はお互いに「初めまして」の場。第一印象は非常に重要です。

特に、社会人歴が長く、自分に自信がある人の方がビジネスマナーの対策を軽視してしまいがちです。

ぜひ、感じの良いコミュニケーションを取れるよう、準備をしておきましょう。

 

2. 転職理由や志望動機を上手く話せない

一次面接では、志望度の高さも確認されています。
特に、転職理由や志望動機の内容で判断されることが多いです。

どこの企業でも必ず聞かれる質問だからこそ、きちんと準備していないと「転職に対して前向きではないな」という印象を与えてしまいます。

また、話しているうちに回答が矛盾してきてしまうケースもよく起こります。

例えば、転職理由を「専門性を身につけたい」と答えたのに、志望動機では「幅広い業務に携われそう」と逆のことを言ってしまう、などのケースです。

これは、自分の転職の軸をきちんと定めることで防ぐことができます。自分が転職先でどのように働きたいのか、きちんと考えた上で面接に臨みましょう。

 

二次面接で見られるポイント

 

二次面接は、現場の責任者や、実際に配属される予定のチームの上司などが面接官になる場合が多いです。

見られているポイントは、「自分の部署で活躍できるかどうか」。
実際のスキルや経験を、現場の目線で確認する質問が多くなります。

未経験で応募する場合には、自ら学ぼうとする積極的な姿勢があるかどうかを見られています。

二次面接での不採用で多い理由には、以下のようなものがあります。

 

1. スキルや経験が足りていない

二次面接での不採用理由で最も多いのが、スキルや経験の不足です。
現場の担当者からの質問も、その点についての内容がほとんどを占めます。

しかし、書類選考を通過している段階で、企業が求める最低限のレベルはクリアしているはず。

二次面接の前に、自分の経験について再度棚卸しをして、きちんと答えられるようにしておけば、通過の可能性は高まります。

相手が一番気になっているポイントだということを自覚して、しっかりと対策しておきましょう。

 

2. 仕事への姿勢が受け身

中途採用の場合、ある程度の即戦力として自ら動ける人を求めているケースがほとんどなので、配属されてからの教育は新卒研修の時ほど手厚くありません。

現場の上司としては、手取り足取り教えなくてもある程度自発的に業務を行える人材が欲しいと思っています。

それを判断する材料として、「仕事で大切にしていること」や「仕事における自分の判断基準」などの質問をされることが多いです。
これらを語ることができないと、指示をされないと動けない人、という印象を持たれてしまいます。

今まで自分が働いてきた中で大切にしてきたことや、判断が必要な時に基準にしているものなど、あらかじめ整理しておきましょう。
過去のエピソードを交えて具体的に語ることで、説得力も増します。

 

3. 会社の方向性と合わない

二次面接が最終面接になることも多く、その場合には役員クラスが面接を行うこともあります。

経営を支えている役員たちは、「人件費に見合う人材なのか」という視点でシビアに判断しているものです。
そのため、異動や組織変更があった際にも会社で活躍できる存在なのか、ということを考えます。

それを判断するためには、転職者の仕事に対する価値観やモチベーションの源泉などを深く知るための質問をし、それが会社の方向性と合っているかどうかを確かめようとします。

企業理念や会社の方向性について確認し、そこに対して自分がどう貢献できるのかを語れるように準備しておきましょう。

 

一次面接と二次面接の違い

 

改めて一次面接と二次面接に違いをまとめます。

一次面接では、身だしなみや受け答え、志望動機などに矛盾がないかなどを主に見られます。

二次面接では、配属先の部署で戦力として活躍できるかどうか、仕事に積極的な姿勢があるかどうかなどを主に見られます。

それぞれの特性を理解し、対策をしていきましょう。

 

転職エージェントに登録して面接通過を目指す

 

転職エージェントに登録することで、面接通過のためのアドバイスを受けることができます。

BeyondBorderは、留学経験者、海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェントです。

せっかく留学を通し英語などの語学力を身につけ、グローバルに対応できる柔軟性を習得したのに、自分の経験を仕事で活かすことが出来ず悩まれる方が多くいます。

そんな海外留学経験者たちに、専門転職カウンセラーがあなたのキャリアアップに向け一緒になってキャリア構成をしていきます。

もちろんサービスは全て無料です。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓↓

無料・簡単相談受付ページ

ウェブサイトから簡単に無料カウンセリングの予約ができます。

また、すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】