海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

スキル不足で転職に自信がない人へ。転職成功のために知っておきたいこと

更新日:2019.1.15

成功している人はスキルを沢山持っているのか?自信のない人が成功する転職術

転職が初めてという方は特に、漠然とした不安を抱えている方も多いと思います。特に、現職での活躍や仕事ぶりにあまり自信がないと感じている方は、

「転職に必要なスキルが不足しているかもしれない…。」

ということから、転職に踏み込むことができない方もいらっしゃいますよね。

しかし、スキルが足りないと感じる方は転職に必要となるような経歴を本当に持ち合わせていないのでしょうか?また、転職を成功させるために必要なのは、本当に能力や経験だけなのでしょうか?

実際、新しい職種にチャレンジしようとしている方でも転職を成功させている方は多くいらっしゃいます。

今回は

「『スキル不足』が気がかりとなり、いまいち転職活動を始めることができない・・・。」

と感じている方に向けて、転職で人事が注目している点をあげながら、どんな方でも転職に成功できる可能性があるということをお伝えします。

また、転職活動に不安を感じて本格的に始めることができないという方に向けて、今からでも少しずつできる転職活動も一緒にご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

人事が重視するのはスキルだけではない

 

採用活動において最初に注目されるのは、これまでの経歴や能力です。特に中途採用である場合、即戦力であることを求められていたり、そのポジションにあった人材に注目がいきがちです。

 

しかし、決してそればかりではありません。

 

転職によって仕事内容が変わったり、業種をガラリと変えるとこれまで培ってきたスキルが全く役に立たなくなってしまうという可能性ももちろんあります。人事の方はそういったことも踏まえた上で書類審査を行い、面接まで志望者を進めています。

 

経歴が転職先に関わりのある仕事内容であるかかどうかだけでなく、

「この人はこの会社で頑張ることができるのだろうか?」

「この人に任せても大丈夫だろうか?」

という視点で志望者を判断している可能性もあるのです。

 

Beyond Borderが行った転職経験者インタビューで、コンサルティングファームに転職を成功させた方は、転職先となるところが異業種となったことや、転職までの期間が短かったこともありアピールの仕方に工夫をしたとお話をしてくださいました。

自信のある話し方や、態度などから『自分ならできる!』ということを面接で証明していったそうです。

 

実は自分のスキルを過小評価しているかも…?

スキルに不安を感じている方は、もう一度自分がどんな経歴を持っているか振り返ってみましょう。

 

実は転職を考えている多くの方が自分の持つ経歴を過小評価している可能性があり、そのために転職に対して不安になっている場合があります。人からしてみれば実はすごいと感じるスキルも、自分では当たり前のことになっているため気づくことが難しいようです。そのため、第三者と一緒に話す機会があれば自分の経歴に対してどんなことを感じるか尋ねてみても良いかもしれません。

 

以前Beyond Borderが行った転職経験者のインタビューで、ある方は転職先に入社したあとに自分の能力についてより知ることができたと話してくださいました。

 

デンマークで博士課程を終えて日本に帰国後、転職活動をしたその方は、自分が行っていたリサーチ力やそれに伴う海外からの視点などを転職先の職場で褒められたことがあったようです。周りの方からみたらすごいことであったその能力は彼女にとっては当たり前のことであったため、これまで気づくことがなかったのです。

 

そういった同僚が教えてくれたような気づきを転職活動でアピールできたら良かった…とお話してくださいました。こういったことは決して珍しくないため、スキル不足と感じていた自分の経歴を見直すことができるかもしれません。

 

転職活動はどんなことから始める?

 

Beyond Borderでインタビューにご協力していただいた転職経験者は、実際に仕事に応募したり面接に移るまでに、転職活動となり得ることを常に行っていたようです。

 

まだ本格的な転職活動に踏み込むまでにはいかないと感じている方は、以下のことをまずは試してみてはいかがでしょう。

 

転職活動に入る前に自分でできること①自己分析

本格的に仕事探しをする前に、できることの1つに自己分析があります。

 

どうして転職をしたいのか?という気持ちを探り、しっかりとした理由を見つけるためには、まずは自分がどんなことを求めているのかを探る必要があります。自分が求めていることを知ることで、転職活動に入ったときにも自分の意見をサポートしたり、転職に対する強い意志を持つために大きく役に立ちます。

 

自己分析というと、学生の頃に行った就職活動を想像する人もいるかもしれませんが、社会人になってから、自分の考え方や価値観も大きく変化している可能性があります。

そのため、「なぜ転職を考えているのか?」という自分の本音に向き合い、今の自分を冷静に分析してみましょう。

 

転職活動に入る前に自分でできること②企業分析・マーケットリサーチ

 

Beyond Borderのインタビューにご協力いただいた留学経験者の方の中に、転業界の分析やマーケットリサーチに重きを置き、転職活動を行う前に、長い期間をリサーチに割いていた方がいらっしゃいました。

 

その方は、それまで海外で生活していたこともあり

『自分の分野に関する日本でのマーケットにどういった人材の需要があるのか?』

をまず調べる必要があったそうです。

 

この方と同様に、異業種への転職を考えている方や、転職を機に違う仕事内容に挑戦したいと考えている方は、

『どんな人材が必要とされているのか?』

『自分の経験が活かすことができそうか?』

といったことに注目をしながら企業や業界の研究をすることが必要となるでしょう。

 

そのため、転職先を探す前に自分が活かせそうな能力がどんなマーケットで通用しそうなのか調べ始めるのが良いかもしれません。

 

転職活動に入る前に自分でできること③資格取得

 

自己分析と業界・企業研究に加えて始めることができるのは『資格の取得』です。

 

Beyond Borderが行ったインタビューの中では、英語力を証明するような資格を取得していることが多くみられました。

 

それに加えて、資格の取得が転職につながったケースもあります。

Beyond Borderのインタビューに協力してくださった転職経験者の方の中には、数回にわたる異なる仕事内容の転職を成功した方がいらっしゃいました。

その方は、自分が持つ興味を広げて資格を取得し、その後実際に自分でも業務を経験したいという思いから転職に至ったのです。

 

資格を取得することが常に転職成功に直結するわけではありませんが、

「どんなところに転職したいかわからない。」

といった方は、自分の興味を突き詰めて資格として形に残したら転職でも役に立てることができるかもしれないですね。

 

どんな経歴でも転職につなげられる! 

キャリアやスキルに自信がなく転職活動に踏み込むことができない方のために、「スキルの見つけ方」や「スキル以外に人事が注目していること」を紹介しました。

 

まずは、転職に一歩踏み込むことができないと感じている方は、経歴の振り返りなどから始めてみてくださいね。