留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

30代でも諦めないで!未経験者がIT業界へ転職する方法

更新日:2019.5.17

IT業界で働きたいけど、30代未経験では厳しいと考える人は少なくないかもしれません。30代になると、今までのキャリアを活かして、同じ職種で転職先を探すのが一般的だといえます。20代であれば、未経験でも企業側はポテンシャルに期待して採用しますが、30代以上の応募者にポテンシャルに期待して採用する企業はほとんどないといえます。
特にIT業界は、経験やスキルが必要なイメージがあり、未経験からの転職は難しいと考える人が多いのは当然といえます。しかし、IT業界は今、深刻な人手不足の状況に陥っています。
その理由は、
・IT技術が日々進歩している一方で人材の育成が追いついていない
・他の業界でも求人が積極的に行われている
などが挙げられます。
また、東京オリンピックが開催される2020年には約30万人のITエンジニアの不足が予想されています。
したがって、IT業界では未経験で採用される年齢が高くなっているのが現況です。

ここでは、30代の人が未経験でIT業界へ転職するために知っておきたい転職事情や未経験での転職を成功させるための方法について、ご紹介していきたいと思います。

 30代未経験でIT業界に転職できるのは何才まで?

職種を変えて、キャリアチェンジをする場合、経験値では20代前半の新卒と同じスタートラインに立つことになります。企業側は、同じ経験値であれば、今後の活躍年数が長い、若い人材を採用したいと考えますし、同じ世代であれば、経験が豊富でスキルを持った人材を採用したいと考えます。

当然のことながら、キャリアチェンジは早いほうが有利です。人員が不足しているIT業界とはいえ、キャリアチェンジを許容できるのは、原則、30代前半までが目安となります。
これが、30代後半になると、ポテンシャルや意欲だけでの採用は難しくなり、経験というハードルが立ちはだかることになります。

企業側は30代の社員に対して、プレーヤとしてだけでなく、マネジメントに関する部分についても期待することになります。プレーヤーは教育で育成することができますが、プロジェクトやチームをマネジメントできる人材は、そう簡単には育成できません。したがって、前職でリーダーや管理職としての実績があれば、ITの知識が多少乏しくても、その実力で知識もすぐに習得してくれると判断され、30代であっても採用の可能性が高まるといえるでしょう。

IT業界に30代で未経験で転職するには、これまでのキャリアでアピールできる実績があれば、30代後半でもチャンスがありますが、目立った実績がないのであれば、できる限り早いうちにというのが結論です。
自身の年齢とキャリアを見つめ直してみて、今現在の立ち位置を確認した上で、転職の可否を判断してください。

30代未経験でIT業界へ転職するには条件面での妥協も必要です

IT業界は空前の人材不足であると、先に少し触れました。実際に有効求人倍率を見ても約6倍と、他の業界に比べても飛び抜けて高い数字になっています。

これだけ見ると、未経験で年齢が高くても、条件面での優遇に期待するかもしれません。確かにIT業界は、収入が高いイメージがあります。しかし、これはあくまでスキルを持った人材に限られます。求人情報で、「年齢・経験を考慮して優遇します」と記載されていても、経験やスキルがあれば、自身の希望する給与と近い金額が提示される可能性がありますが、年齢に関する優遇に関しては、ほんの僅かな上積みにしか期待できないといえます。なぜなら、年齢が高いという理由だけで、高い給与を支払ってしまうと、新卒で入社して数年経験している現職の社員を上回ってしまう恐れがあり、それを知られてしまえば、社内に不満の火種がくすぶってしまうことになるからです。

したがって、入社時の給与は希望より低い金額を提示される可能性が高いことはしっかりと認識しておく必要があります。また、それを素直に受け入れる覚悟がなければ、IT業界へ未経験で転職することは難しいといえます。
入社時の給与にこだわるのでなく、入社後「いつ昇給があり」「どのくらいまで昇給するのか」など、将来の昇給モデルも視野に入れて、転職活動を進めることが成功へのポイントとなってきます。

30代未経験でIT業界へ転職する方法とは?

30代未経験でIT業界へ転職するには、ITに関する資格を持っていたり、前職でマネジメントの経験があったりすれば、それらをアピールすることが、有利に転職活動を進められる近道だといえます。しかし、目立った成果や実績がなく、資格も持っていない状況でIT業界への転職を成功させるには、どうすればよいのでしょうか?

まず、少しでもITに関する知識を習得するべきです。一昔前は、スクールに通ったり、通信講座を受講したりと学習へのハードルが高かったのですが、今は、無料でITの基礎知識が学べるWebサイトも増えました。Youtubeにもプログラミングを学習できるような動画があります。そこから発展して、資格取得に繋げていくことが一番ですが、あまり時間を取ることができないのであれば、最低限、これらのメディアを活用して、ITの基礎知識を習得するところまでは、準備して欲しいと思います。

次に、IT業界の中でも、未経験でも採用されやすい職種やこれまでの経験に近い職種への転職を目指すのも一つの方法です。運用エンジニアやテクニカルサポートは、未経験で採用されやすい職種です。希望職種とは異なるかもしれませんが、自社のシステムやサービスを知る上で決して自身のキャリアに対して、マイナスになるものではありません。また、営業経験があるのであれば、まずは、IT業界の営業職として、仕事を始めてみることも業界事情を把握する意味では、これもマイナスではありません。

もちろん、希望職種で早くキャリアを積みたいと考える人も多いかと思いますが、転職活動が上手く進まないようであれば、IT業界に入ることを優先して、そこから希望職種を目指していくという方法も視野に入れてください。

まとめ

ここまで、30代でIT業界へ未経験で転職する方法について考えてきました。

IT業界への転職は、30代で未経験であっても十分可能性があることは、ご理解いただけたと思います。しかし、いくら周到に準備をしたとしても、特に30代後半である場合は、不採用という結果もたくさん受けることになります。人間誰しも不採用という結果を貰うと、ショックを受けて、次の行動に移ることをためらってしまうかもしれません。

30代でキャリアチェンジする人のほとんどが経験する道だといえますので、不採用でも気にしないという開き直りが大切です。いろいろと考えて厳選して応募する方法もありますが、30代後半である場合は、言い方が悪いですが、「質より量にこだわる」というスタイルで進めたほうが、成功に繋がるといえます。

もし、たくさん応募したいけど、時間に制約がある場合は、効率的に応募する意味で転職エージェントへ登録することをおすすめします。
Beyond Borderでは、無料で転職相談を行っています。ウェブサイトよりお気軽にご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

転職エージェントは、30代未経験でもIT業界で働くことができる求人も保有しています。
また、各企業が求める人物像についても十分把握していますので、効率よくたくさんの企業に応募することもできます。

転職エージェントの力も借りながら、希望に沿った企業に巡り会ってください。