留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【女性の転職】タイツ、インナーにニットはOK?冬の面接時の服装の3つのポイント

更新日:2020.10.25

冬の転職は寒さとの戦いです。

転職面接で防寒性の高いタイツやニットの着用はOKなのでしょうか?

結論からいうと、「面接」というフォーマルな場では、タイツやインナーのニットなどカジュアルな装いはNGとなります。
タイツに関してはストッキングが推奨されており、インナーに関してはニットではなく、襟付きシャツがマナーを守った正しい装いです。

今回は「防寒性」に焦点を当てながら、転職エージェントのBEYOND BORDERが、冬の転職に役立つ服装の3つのポイントをご紹介したいと思います。

“重ね着”でニットに負けない防寒コーデをつくる

 

前述の通り、転職面接でインナーにニットの着用はNG。
服装指定なしの面接では、無地のニットが許される可能性もあるものの、フォーマルな転職面接では襟付きシャツがマナーです。

シャツ1枚では寒さを感じる時は、“重ね着”でスマートな防寒を叶えましょう。
シャツの下に着込みたいのはヒートテックなどの薄手で保温性の高いインナーアイテム。
代表格のユニクロをはじめ、GUやしまむら、各アパレルブランドからもさまざまなデザインが販売されています。

保温性の高いインナーは、熱がこもりやすいので、キャミソールやタンクトップのデザインがおすすめです。
長袖のタイプよりも脇が蒸れにくく、暖房のきつい面接会場でも暑苦しくなく過ごせます。

一方でインナーにニットを着てしまうと、シャツのように薄手ではないので、室内では暑さを感じることもあります。
マナー面を考えても、通気性の良いシャツがおすすめです。

 

“ロング丈のアウター”でストッキングでも暖かく

 

ストッキングは薄く防寒性も低いため、足元を冷やす原因になります。
体が冷えると思考力も低くなりますよね。

転職面接では“ロング丈のアウター”で、ストッキングでも暖かい足元を目指しましょう。
防寒性の高いロング丈のアウターを選べば、会場までの移動も辛くありません。
丈の長いアウターは保温性だけでなく、雨や雪からスーツを守ってくれる役割もあります。

加えて、ストッキングは生地が分厚いものを選ぶと体感温度を少し上げてくれます。
生地が厚くなると色味も濃くなるので、肌に馴染む色味までで留めるようにして下さい。

また、分厚い生地の方が破れにくいメリットもあります。
(※面接ではもしもを考えて予備のストッキングを持参することも忘れずに)

 

インナーを着込むと暑い?“着替え持参”で快適に

 

意外と実践している人も多いのが面接会場への“着替え持参”です。
特に冬は外と中の気温差が激しく、インナーを着込むと室内で汗をかくこともよくありますよね。

雪の日は面接会場に到着するまでに靴が濡れてしまったり、洋服が汚れてしまうこともありますが、着替えを持参すれば、雨や雪で汚れてしまっても綺麗な洋服で面接に挑むことができます。

おすすめの着替えのセットは、シャツ、ストッキング、パンプスの3点セット
スーツ上下を持参しても問題はありませんが、荷物が多くなると移動だけで疲れてしまう原因にもなります。

着替えは、関係者にばったり会う可能性のある面接会場のビルではなく、最寄りの商業施設のビルの化粧室を利用しましょう。

面接時の服装や身だしなみのアドバイス、転職エージェントに無料で聞いてみませんか?

 

面接では履歴書の経歴や話の内容と同じように、第一印象がとても重視されますし、ビジネスマナーが守れていない洋服やメイク、髪型は印象を悪くする原因になります。

特に外資系や服装指定なしの面接は何を着ていいか迷うこともありますよね。
あえて私服を指定することでビジネスカジュアルのマナーを心得ているかどうかをテストする企業もあるほどです。

 

服装はその人が持つ常識やビジネスセンスをそのまま表します。

 

転職エージェントのBEYOND BORDERでは、うっかり間違えやすい面接時の服装や身だしなみのアドバイスから面接対策まで全て無料でご提供しています。

 

弊社では、随時無料カウンセリングを実施中です。

無料・簡単相談受付ページ

お急ぎの方、来社が難しい方は、電話・Skypeでのお問い合わせもOK。
【お問い合わせ: 03-5843-8346】

 

プロのアドバイスを受けて、「好印象」を獲得してみませんか?