留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

転職活動おすすめのパンプスを知りたい!素材や色、飾りは大丈夫?

更新日:2019.6.10

「転職活動は必ずパンプスを履かないといけないの?」

「色は黒じゃないといけないの?」

「ストラップやリボンなどの飾り付きはOK?素材は?」

最近の転職面接では、服装指定なしという企業も増えてきています。そのため、靴選びに迷う女性も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、服装指定の有無に関わらず、飾りのついていないシンプルなパンプスを履くようにしましょう。また、黒色やベージュで、カジュアルすぎない素材を選ぶのがおすすめです。

汚れや傷が目立つパンプスでは、どれだけスーツやスカートを綺麗に整えていても清潔感のある好印象を残すことはできません。“足元を見られる”という言葉があるように、視界に入りづらい足元は特に気を抜きやすい部分なので注意しましょう。

今回は、転職活動のパンプスについて、素材、色、飾りなどの観点から選び方のコツをご紹介します。

面接のスタートをうまく切るためにも、パンプスのマナーを心得ましょう。

《目次》

  1. パンプスの素材はレザー、合皮がおすすめ!カジュアルな面接はスエードもOK
  2. パンプス色は「ブラック」が王道!女性らしいベージュもおすすめ
  3. リボンやストラップなどの飾りはNG!ポインテッドはベテラン風に見える!

1. パンプスの素材はレザー、合皮がおすすめ!カジュアルな面接はスエードもOK

面接の身だしなみのマナーで気を付けたいパンプスの素材感。転職活動ではビジネスフォーマルが基本です。もし、服装指定なしの面接であっても、ビジネスカジュアルの身だしなみが求められます。

パンプスの素材はエナメルはNG。スーツに合わせるなら光沢のないレザーや合皮素材のパンプス、ややカジュアルな面接であればスエードの素材までに留めるようにしましょう。

面接で失敗しない最高のパンプスに出会うために押さえておきたいポイントは以下の2つ。

① 試着ができるので安心して購入できる!パンプス選びは店頭で

アマゾンや楽天などのインターネット通販は、安い価格ですぐに商品を届けてくれるので、転職活動でも心強い存在ですよね。しかし、靴の場合は例外です。

インターネットでは直接商品の質感を確認することができません。家に届いて開封してみると予想以上に光沢があったり、レザーだと思って購入したらエナメルだった、というトラブルもよくあります。転職活動中は靴を買い直す無駄な出費も手間も避けたいですよね。

特にパンプスは足の形によって合う、合わないが明確に分かれるアイテム。試着しないまま購入すると靴擦れを起こしてしまう原因にもなります。

転職活動で使うパンプスは必ず店頭で試着してから買うようにしましょう。

② おすすめは百貨店デパート!オーダーメイド感覚が嬉しい♪

転職面接でパンプスを購入するなら百貨店デパートを活用しましょう。インターネット通販やチェーンの小売店と違って個別に担当者が付いてくれるので、自分の足に合った一足が必ず見つかります。デパートによっては靴に合うスーツやバッグを探してきてくれることもあるので一石二鳥です。

 パンプス色は「ブラック」が王道!女性らしいベージュもおすすめ

転職活動で選びたいパンプスの色は王道の「ブラック」。どんな服装でも似合いやすく相手を選ばない万能色です。フォーマルな服装が指定されている面接ではバイカラーではなく単色ブラックのパンプスを選ぶようにしましょう。

服装指定なしの面接では女性らしさが際立つベージュ系のパンプスもおすすめ。ブラックよりも印象を明るく見せてくれるだけではなく、華やかで上品な印象にまとめてくれます。他の転職面接者との差別化も図れるので、指定なしの面接ではぜひ取り入れてみてください。

リボンやストラップなどの飾りはNG!ポインテッドはベテラン風に見える!

女性らしいリボンやビジュー、ストラップなどの装飾は服装指定あり・なしに関係なく転職面接ではNG。飾りのないシンプルな無地のシンプルなパンプスを選ぶようにしましょう。

大人っぽくベテラン風に見せたいならポインテッド、柔らかく女性らしい穏やかな印象に見せたいならラウンドのデザインがおすすめです。

面接できちんと感を与えてくれるパンプス選びのポイントは以下の2つ。

① ヒールは安定した太めのものを

かっこよく見せてくれるピンヒールは転職面接ではあまりおすすめしません。先が細く安定感に優れていないのですぐに足が痛くなってしまうだけではなく、パーティーのようなラグジュアリーな雰囲気が出やすい点も気になるところ。

ヒールはやや太めで歩きやすいものを選ぶようにしましょう。あまりに太すぎるチャンキーヒールはカジュアルな印象になるので要注意。

② ヒールの高さは3cm〜6cmがおすすめ

ヒールの高さは3cm〜6cmが平均的。特に産休や育休で長い間休職していてヒールに履き慣れていないなら低めの3cmがおすすめです。

身長によっては6cm以上の高いヒールの方が凛としたすっきりとした印象に見せてくれる場合もあります。自分が最も自信を持って綺麗に見える高さを選びましょう。

ただしヒールが高すぎる、低すぎるパンプスは印象を悪くしてしまいます。できるだけ3cm〜6cm、高くても7cm〜8cmでまとめるようにしましょう。

《まとめ 転職面接での身だしなみに迷ったら!転職エージェントに頼ろう》

1人ではなかなか正解が見つからない転職面接の身だしなみの準備。転職エージェントを活用してプロのアドバイスを受けてみませんか?面接のスタートで第一印象を損ねてしまうと、書類や会話が充実していても採用を勝ち取ることはできません。

私たちBEYOND BORDERなら応募先の企業をリサーチしながら最適な身だしなみのアドバイスをご提供します。服装だけではなく受け答えの練習やその後のキャリアアップのお悩みまで徹底サポート。

「外資系の服装指定なしの面接には何を着ていけばいい?」

「ハーフだけど服装やメイクで気をつけることはある?」

「留学から帰国したばかりで日本のフォーマルな服装に慣れていない」

BEYOND BORDERはハーフや帰国子女、留学を含めた海外経験者に特化した転職エージェント。スタッフ全員が海外経験者なので留学経験者や帰国子女、ハーフ特有のお悩みにも柔軟に対応させていただきます。

弊社では随時、無料カウンセリングを実施中。

無料・簡単相談受付ページ

来社が難しい方には電話やSkypeでもご対応しています。

【お問い合わせ 03-5843-8346】

あなたの転職パートナーになれる日をスタッフ一同、心より楽しみにしております。