留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

転職で失敗する人が多い理由。キャリアアップを成功させる方法

更新日:2019.2.26

収入アップやキャリアアップを目指した転職、ワークライフバランスを求めた転職など、転職を希望する方の理由は様々です。

しかし、希望の企業に転職をしたにもかかわらず、失敗だったという方も少なくありません。転職で失敗するのはどんな理由からなのでしょうか。

失敗の理由を理解し、転職でキャリアアップを成功させるための方法を知ることで、希望の転職を実現させましょう。

転職で失敗する人の4大理由

転職で失敗してしまう人には、理由があります。失敗する大きな4つの理由を理解しましょう。

1:これまでの経験や実績を活かせない

転職で失敗してしまう人の1つ目の理由は、これまでの経験や実績を活かせないことにあります。

前職と同業種や同職種への転職であっても、異業種への転職であっても、これまでの経験や実績を活かすことが、転職を成功へと導きます。

ところが、書類や面接で、これまでの経験や実績についてアピールできなかったり、転職後にどう活かすのかを伝えられなかったりすることで、企業側に「即戦力として不十分」と判断される可能性が高くなります。

また、これまでの経験や実績を客観的に判断できていないことで、転職後に仕事に活かすことができず、転職を失敗だと感じる人もいます。

2:転職に求めるものが明確ではない

転職に求めるものが明確でないことが、転職で失敗する人の理由の2つ目に挙げられます。

例えば、「収入アップを求めて転職したい」や「何か新しいことをしたい」では曖昧です。

  • 現職で目指せないのはなぜか
  • 転職した企業でどう働くのか
  • 転職した企業で将来どう働いていくのか
  • どんな企業であれば、転職に求めるものが得られるのか

これらを具体的にイメージしていないことが、転職の失敗に繋がります。

面接で「なぜ転職しようと思ったのか」という質問に対して、曖昧な回答しかできず、面接官に「簡単に転職をする人物」や「キャリアプランのない人物」という印象を持たれる可能性があります。

また、転職後に会社や仕事が合っているのだろうかと、ギャップを感じ、失敗したと思う人もいます。

3:前職の不満が転職理由

転職で失敗する人の3つ目の理由は、前職の不満が転職理由であることです。

パワハラやセクハラなどが理由の場合は、それらを理由に転職するのもよいでしょう。

しかし、人間関係など前職の不満を理由に転職すると失敗に繋がります。

例えば、苦手な上司から離れることを理由に転職をした場合、転職先でも苦手な人がいる可能性は非常に高く、転職したのに変わらないと失敗に感じることになります。

4:入社後にギャップを感じる

転職で失敗する人の4つ目の理由は、入社後にギャップを感じることです。

「求人情報に書いてある条件と違った」「社風が合わない」など、入社後にギャップを感じて、失敗したという人は少なくありません。

入社後にギャップを感じるのは、転職活動中にしっかりと企業研究をしていないことが原因です。

転職でキャリアアップを成功させる人の特徴

転職でキャリアアップを成功させる人はどのような特徴を持っているのでしょう。

  1. 転職後のキャリアプランが明確な人
  2. 転職に求めるものが明確な人
  3. 転職をスタートと考えている人

具体的に見てみましょう。

1:転職後のキャリアプランが明確な人

転職後のキャリアプランが明確な人は、転職でキャリアアップを成功させています。

  • 転職後にどう働いていくのか
  • 5年後10年後にどんな立場で何をしていたいのか

これらを具体的に描いていることで、希望する業界や職種が明確になり、転職後の目標設定が可能になります。転職後も目標に向けて働いていくことで、キャリアアップの成功に繋がります。

2:転職に求めるものが明確な人

転職に求めるものが明確な人も、転職でキャリアアップを成功させることができます。

  • これまでの自分の経験や実績をどんな形で活かせるのか
  • 自分のキャリアプランを実現できるかどうか

など、転職に求めるものを具体的に持っていることで、自分に合った求人を見つけることができます。また、面接でもキャリアプランを聞かれた際に、具体的にアピールすることができ、面接官に「即戦力となる人材」という印象を与えられます。

3:転職をスタートと考えている人

転職をスタートと考えている人も、転職でキャリアアップを成功させることができます。

転職をスタートだと考えている人は、

  • 転職後の早い段階で成果を出す
  • 転職先に早く溶け込もうとする

など、意欲的に仕事に取り組むことができます。

企業側から、即戦力として採用した期待通り、またはそれ以上との評価を得ることができ、転職後のキャリアアップを成功へと導いていけます。

転職をしてキャリアアップを成功させるには

転職にキャリアアップを求めている方は多いでしょう。

転職でキャリアアップを成功させるためには、転職活動の事前準備が重要になります。

  1. 企業研究
  2. 自己分析
  3. 志望理由
  4. 明確なキャリアプラン

以上の4項目は、しっかりと準備するよう心がけましょう。

1:企業研究

転職に求めているものやキャリアプランの実現のため、また、転職後のギャップを少なくするためにも、企業研究は非常に重要なポイントになります。

求人情報だけを見て、転職活動をされる方も少なくありません。

企業ホームページや業界のニュースなどをチェックし、企業の現状と今後の展開などもしっかりと把握する必要があります。

また、社風や福利厚生なども忘れずに確認しましょう。希望する企業で働いている友人や知人がいる場合は、直接聞いてみるのもよいでしょう。働いている友人や知人はいないという方は、転職エージェントなどで相談してみるのもひとつの方法です。

2:自己分析

これまでの経験や実績をしっかりと棚卸し、自分の特徴や能力、スキルを洗い出すことが大切です。そして、応募ポジションでそれらをどう活かすことができるのかを考えましょう。

自己分析がしっかりとできていると、書類や面接で、募集ポジションでどう活躍していくのかアピールでき、企業側に「即戦力となる人材」という印象を与えることができます。また、転職後も自分の特性を活かした働き方ができ、成果にも繋がっていきます。

3:志望理由

なぜ、現職ではなく転職する必要があるのか。

なぜ、この企業に転職することがプラスなのか。

これらを追求し、企業の魅力や今後の事業計画に合わせて、志望動機を考えていくことが大切です。

企業研究をして作りあげた志望動機は、企業側を納得させるものになります。また、しっかりと志望動機を考えることで、転職後の働き方のイメージやキャリアプランを明確にすることにも繋がります。

4:明確なキャリアプラン

明確なキャリアプランを立てることも、転職でキャリアアップを成功させるための事前準備として重要なことです。

  • 転職後にどう働いていきたいのか
  • 5年後10年後はどのようなポジションでどんな働き方をしていたいのか

応募企業に合わせた明確なキャリアプランを持っていることで、転職後に目標を持って働くことができます。目標達成のために、成果を出していくことで、キャリアアップへと繋がります。また、面接でキャリアプランを聞かれた際にも、具体的に応えることができ、面接官から高評価を得られます。

転職でキャリアアップを成功させるための事前準備ができたら、企業や募集ポジションとのズレはないか、友人や家族など第三者に確認してもらうことも大切です。また、転職エージェントなどのプロのカウンセラーに確認してもらうのもよいでしょう。

Beyond Borderでは、プロ転職カウンセラーによるカウンセリングを無料で行っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://beyond-border.me/free-counselling/

フォームを入力する時間がない、すぐに相談したいというご希望の方は電話対応も可能です。

【お問い合わせ 03-5843-8346】

まとめ

「転職した方が、収入アップやキャリアアップに繋がりそう」という曖昧な転職理由や、「現職より良い条件の求人」という目先の情報だけで転職すると、失敗する可能性が高くなります。

明確な「転職理由」「転職の目的」「転職後のキャリアプラン」を持っていることが、転職でキャリアアップを成功に導きます。

そのためにも、しっかりと企業分析や自己分析などの事前準備を行いましょう。