留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職】履歴書の封筒選びのポイント: 大きさや色は?

更新日:2020.4.1

転職の際に、履歴書は必ず必要となるものです。

新卒の時は大学の履歴書封筒を使ったけど転職では、

  • どんな封筒を選んだらよいのか
  • 封筒の大きさや色はどうすれば良いのか

など、疑問に思う方も少なくないでしょう。

今回は、履歴書の封筒の選び方について徹底解説します。

 

転職の履歴書の封筒に決まりはあるのか

新卒採用の時は、大学指定の履歴書とセットになっていた封筒を使ったという方もいるのではないでしょうか。

転職では、指定の履歴書というものはありません。

例えば市販されている履歴書のサイズは、A5、A4、A3などさまざまです。
パソコンで履歴書を作成するという方もいるでしょう。

そして履歴書同様、指定の封筒というものもありません。
市販の履歴書に同梱されている封筒も、2種類入っていることもあります。

転職の履歴書の封筒に特段決まりはありませんが、

  • 履歴書が破損しない封筒
  • 中身が透けて見えない封筒

を選ぶとよいでしょう。

では、履歴書の封筒選びのポイントを具体的に見ていきましょう。

 

履歴書の封筒選びのポイント

履歴書の封筒選びは、

  1. サイズ
  2. 素材

という3つのポイントがあります。

ポイント1:封筒のサイズ

現在一般的となっているのは、角形2号というものです。

角形2号の封筒は、クリアファイルに入れたA4サイズの履歴書だけでなく、履歴書に同封する書類(職務経歴書や研究論文など)が多い場合でも問題なく入る大きさになります。

A4サイズの履歴書だけを入れるというのであれば、A4の書類が入る大きさの角形A4号という封筒でもよいでしょう。

B5サイズの履歴書を使用する際には、折らずに入れられる角形4号の封筒が適しています。

書類が多いという場合は、角形3号を使うとよいでしょう。

市販の履歴書とセットになっている長形3号という細い封筒も使用可能ですが、履歴書を折って入れるもののため、折った部分の文字が読みにくくなることがあり、あまりおすすめできません。

使用する履歴書の大きさに合った封筒で、できる限り履歴書を折らずに入れられるサイズを選びましょう。

ポイント2:封筒の色

社会人としてビジネスの場にふさわしい封筒の色を選ぶようにしましょう。

主流の色は、「白」「茶色」「水色」です。どの色も使用できますが、おすすめは「白」です。

ビジネスシーンでは茶色の封筒を使用することが多くありますので、白い封筒だと他の書類に紛れ込みにくくなります。

ポイント3:封筒の素材

大切な履歴書が透けて見えない素材の封筒を選ぶようにしましょう。

特に白は透けやすいので、厚手のものや二重になっているものを選ぶとよいでしょう。

 

転職エージェントで履歴書の書き方のアドバイスを貰おう

履歴書の封筒は、「これでなければいけない」という決まりはありませんが、ビジネスマナーに沿ったもの、履歴書や応募書類が破損しにくいものであることが大切です。

履歴書の封筒選びや書き方に不安がある方や、最終チェックをしたいという方は、ぜひ、転職エージェントなどでプロのカウンセラーからアドバイスをもらいましょう。

転職エージェントなどで相談することで、封筒についてのアドバイスだけでなく、履歴書の内容についても相談することができます。

 

Beyond Borderは、海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェントとして、これまで多くの方の転職をサポートしてきました。
Beyond Borderでは、履歴書の封筒選びに関する相談はもちろん、履歴書の添削など、キャリアに関するどんなことでも経験豊富な専門カウンセラーがお答えします。お気軽にご相談ください。

 

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】