留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

転職の一次面接の通過率はどのくらい?通過率を上げる3つのコツ

更新日:2019.6.17

書類選考に通過して、いよいよ面接という方の中には、

  • 一次面接の通過率ってどのくらいなのだろう?
  • 一次面接の通過率を上げるコツってあるの?

など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、一次面接の通過率と、通過率を上げる3つのコツについてお話しします。

転職の一次面接の通過率

転職での一次面接の通過率は、だいたい30%前後と言われています(※求職者の応募人数と、企業の募集人数によって前後します)。

意外と低いと感じる方もいると思います。

一次面接の面接官は、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、会社とのマッチングなど、「応募者の人物について」を評価します。志望理由が曖昧だったり、受け答えがうまくできなかったりする応募者も少なくないためこのように低い数値となっています。

一次面接の通過率を上げるコツ1:志望企業についてリサーチする

一次面接の通過率を上げるコツの1つ目は、事前に志望企業についてリサーチすることです。

一次面接の面接官は、応募者と会社とのマッチングを確認しています。企業リサーチをしっかりしている人物の受け答えは、面接官に「うちの会社と合う人物」という印象を与え、通過率を上げることに繋がります。

具体的にみていきましょう。

志望企業や募集職種について理解しているか

一次面接の面接官は、会社や募集職種の理解度から、会社と応募者のマッチングを確認します。

例えば、よくある質問のひとつに「弊社について知っていることを教えてください」というものがあります。面接官は、会社や募集職種の理解度と志望理由を知ることで、応募者が会社に合った人材かを確認します。

「御社のホームページで、御社は○○分野に力を入れており、今後の事業計画で~を行うと拝見しました。私は、以前より○○分野に~という理由で興味があり、御社の○○職であれば、~ということができると考えています。」

このように、会社の主要事業や事業計画をしっかりリサーチし、志望理由を加えて伝えることで一次面接の通過率を上げることができます。

志望理由やキャリアプランはしっかりしているか

一次面接の面接官は、志望理由やキャリアプランからも、会社と応募者のマッチングを確認します。

例えば、「なぜ弊社を志望しているのですか」という質問があります。面接官は、応募者の志望理由とキャリアプランを知ることで、会社に合った人材かを確認します。

「御社は○○分野に力を入れており、今後の事業計画で~を行うと御社のホームページで拝見しました。私は、以前より○○分野に~という理由で興味があり、御社の○○職であれば、~ということができると考えています。また、5年後、御社の○○計画に携わり、○○職の~として、~を行いたいと思います。そのためにも入社後~に力をいれ、~を身につけたいと考えています。」

このように、企業の魅力だけでなく、「会社について」「今後の事業計画」「募集職種について」しっかりとリサーチし、応募企業に沿ったキャリアプランを伝えることで、一次面接の通過率を上げることができます。

一次面接の通過率を上げるコツ2:ビジネスマナーと受け答えの仕方を意識する

一次面接の通過率を上げるコツの2つ目は、面接当日に「ビジネスマナー」と「受け答えの仕方」を意識することです。

しっかりとしたビジネスマナーやコミュニケーションスキルは、面接官に「一緒に働きたい人物」という印象を与えることができ、一次面接の通過率を上げることに繋がります。

具体的にみていきましょう。

ビジネスマナーを意識する

ビジネスマナーの基本、「身だしなみ」に注意しましょう。

清潔感のある服装や髪型は、面接官に良い第一印象を与えることができます。

  • スーツに「しわ」はないか
  • 寝ぐせはついていないか、前髪が目にかかるなど暗い印象になっていないか
  • 靴は汚れていないか

家を出る前や面接会場に入る前に、しっかりと確認しましょう。

また、「表情や雰囲気、敬語」にも注意が必要です。

笑顔でハキハキ話すことで、面接官の人物評価が良くなります。

  • 元気に挨拶ができているか
  • 笑顔で話しているか
  • ボソボソとした声になっていないか
  • 正しい敬語か

面接中はもちろん、面接前後の時間でも意識することが大切です。

受け答えの仕方を意識する

面接官の質問に対して、「受け答えの仕方」を意識しましょう。

きちんとした受け答えは、面接官にコミュニケーションスキルのある人物という印象を与えます。

  • 質問に対して、結論から回答する
  • 論理的に話す
  • 質問の意図をしっかり理解する

例えば、「将来の夢や目標は?」というよくある質問では、面接官はキャリアプランを聞いています。「10年後に○○に携わって~をすることが私の目標です。そのために御社に入社したら~」と回答することが重要です。

一次面接の通過率を上げるコツ3:事前に面接練習をする

一次面接の通過率を上げるコツの3つ目は、事前に面接練習をすることです。

前述の2つのコツがしっかりできているか、家族や友人など第三者に確認してもらうとよいでしょう。1人で面接練習を行うのであれば、ビデオに撮るなど客観視できるようにすることも大切です。

面接練習は、転職エージェントなどでプロのカウンセラーからアドバイスをもらうことが一番のおすすめです。プロの視点で客観的にアドバイスをもらうことで、自分の気付いていない部分にも対処することができます。

海外経験者、帰国子女、ハーフに専門特化した転職エージェントであるBeyond Borderでは、一次面接時の身だしなみや、志望動機の伝え方など、個々に合った面接のアドバイスを行っています。お気軽にご相談ください。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。【お問い合わせ 03-5843-8346】

まとめ

30%前後と言われている一次面接の通過率を上げるには、

  • 事前に企業リサーチを行い、しっかりした志望理由とキャリアプランを考えること
  • 面接当日にビジネスマナーや受け答えの仕方を意識すること
  • 事前に面接練習を行うこと

の3つが重要です。

面接練習の際には、転職エージェントなどのプロのカウンセラーからアドバイスをもらい、通過率を更に上げられるようにしましょう。