留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職後のデメリット】住宅ローンの審査が厳しくなるってホント?

更新日:2020.12.6

住宅を購入する際、必ずと言って良いほど利用する住宅ローン。

住宅ローンを組む際には、審査に通過する必要があります。

それに影響するのが契約者の「転職」です。
ローンを組むにあたり転職がどのように影響するのか、そのデメリットについて解説します。

 

デメリットはホント!転職後は住宅ローンが組みづらい

 

住宅ローンを受ける際には必ず審査があり、契約者の年齢、収入、健康状態などの様々な項目を確認されます。

「住宅ローンの審査で大切なのは、年収」と考える方も多いのではないでしょうか。

確かに年収は審査での最重要項目です。
しかし、実際には勤続年数も非常に重要視される項目です。
融資の条件として「勤続1年以上」などと明示している金融機関も多くあります。

審査で重視されるのは、収入の安定性です。

一般的に勤続年数が長いほど、その後の収入も安定すると考えられています。
そのため、転職をすると住宅ローンの審査に通るのが難しくなってしまいます。

そのデメリットを把握した上で、転職活動のタイミングは慎重に検討する必要があります。

 

メリットになることも!転職で住宅ローンが組みやすくなるケース

 

住宅ローンの審査では、収入の安定性が重視されると前述しました。
しかし、転職直後でも問題なくローンを組むことができる場合もあります。

具体的に

・収入がアップ

・中小企業から上場企業などへのキャリアアップ

・契約社員→正社員など、雇用形態が変化

などの場合には、転職がメリットになると言えます。

 

転職直後の場合、ローンの審査の際に職歴書などを求められる場合があります。
その際に転職の理由を求められ、その内容によっては問題なく審査を通過できます。

一方、年収が変わらない場合や、むしろ下がってしまう場合には住宅ローンを組むのは難しくなります。

 

転職前に住宅ローンを組む際の注意点

 

前述のように、転職は環境や生活を大きく変えることができるメリットがある一方で、住宅ローンの審査ではデメリットに働く可能性があります。
そのため、住宅ローンを組む場合には審査に通りやすい転職前にするのがおすすめです。

 

しかし、注意点もいくつかあります。

物件引き渡しまで前職に在籍している必要がある

住宅ローンの審査後すぐに転職ができるわけではありません。
融資実行時・物件引き渡しのタイミングにおいても、前職に在籍している必要があります。
特に新築マンションや注文住宅では、審査から融資実行までの期間が長くなるため、確認が必要です。

 

転職前と転職後の収入の差

住宅ローンの審査は、前職の年収で行われます。
転職後に収入が減ってしまった場合、返済が滞る可能性があります。
審査の際に転職をすることを伝えない以上は、返済計画を自己責任できちんと考える必要があります。
転職後の条件面を確認し、無理が無いようにしましょう。

 

まとめ

 

転職には、住宅ローンが組みづらくなるという大きなデメリットがあります。

収入の安定性を審査する際に、マイナスに働いてしまうからです。
そのため、ローンを組む場合には転職前に行うのが得策。
そうすることで住宅購入も転職活動も納得のいくものになるはずです。

転職には、住宅ローンが組みづらくなるという大きなデメリットがあります。
収入の安定性を審査する際に、マイナスに働いてしまうからです。
そのため、ローンを組む場合には転職前に行うのが得策。
そうすることで、住宅購入も転職活動も納得のいくものになるはずです。

 

転職の際は、Beyond Borderにご相談を

 

転職活動に悩んだ際には、ぜひ弊社Beyond Borderにご相談ください。

弊社は、留学経験者、海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェントです。
せっかく留学を通し英語などの語学力を身につけ、グローバルに対応できる柔軟性を習得したのに、自分の経験を仕事で活かすことが出来ず悩まれる方が多くいます。

そんな海外留学経験者たちに、専門転職カウンセラーがあなたのキャリアアップに向け一緒になってキャリア構成をしていきます。もちろんサービスは全て無料です。

 

ウェブサイトから簡単に無料カウンセリングの予約ができます。

詳しくはこちらをご覧ください>> 無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】

転職に関するお悩み等、お気軽にご相談下さい。