留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

有料の転職アドバイザーを利用すると内定の可能性は上がるのか?

更新日:2019.6.14

転職活動をされている方の中には、

  • 有料の転職アドバイザーはいるのか
  • 有料の転職アドバイザーの方が内定の可能性があがるのでは

と考えている方もいるのではないでしょうか。

有料の転職アドバイザーの方が、内定の確率が上がるのかを考えてみましょう。

転職エージェントが基本的に有料ではない理由

転職エージェントはほとんどが無料となっています。

なぜ転職エージェントは基本的に有料ではないのでしょうか。

法律で定められている

職業安定法で「有料職業紹介事業者は、求職者から手数料を徴収してはならない」と定められています。

転職エージェントは有料職業紹介業者ですので、求職者である転職希望者に対して有料サービスをしてはならないことになります。

職業安定法の有料職業紹介事業者の手数料の項目にある、「受付手数料(家政婦、調理人など)」「求職者手数料(年収700万以上の経営管理者など)」にあたる場合には、求職者でもお金がかかります。

企業からの掲載料が転職エージェントの報酬

転職エージェントなどの有料職業事業者の「有料」は企業(求人者)に対して有料サービスを行うということです。

転職エージェントは、採用情報の掲載料や採用が決定した際のコンサルティング料を報酬として得ることで事業が成り立っています。

有料の転職アドバイザーとは

転職エージェントは求職者から手数料を徴収してはいけないなら、有料の転職エージェントは存在しないのでは?と疑問に思う方もいるでしょう。

有料の転職アドバイザーとはどのようなものなのでしょうか。

有料サービスを展開している転職エージェント

一部の転職エージェントでは、オプションとして有料サービスを展開しているところがあります。

転職に関するツールの利用や求職者に対して転職エージェントや転職アドバイザーの紹介などを有料にしているところがあります。

有料キャリアカウンセリング

キャリアコンサルタントという国家資格を有したキャリアカウンセラーが、有料のカウンセリングを行っていることがあります。

キャリア全般に関するカウンセリングを行うもので、求人の紹介以外の転職に関する「書類の書き方や面接の仕方」などのアドバイスをもらえます。

有料の転職アドバイザーの方が内定の可能性は上がるのか

有料の転職アドバイザーを利用した方が内定の可能性はあがるのでしょうか。

  • お金を払った方が親身になってくれるのではないか
  • お金を払った方が良い求人を紹介してくれるのでなはいか

と考える方も多いでしょう。

もちろん、有料の転職アドバイザーは求職者から報酬を得ているので、しっかりとアドバイスをしてくれるでしょう。

しかし、無料の転職アドバイザーも成功報酬ですので、アドバイスの質に関しては変わりありません。求職者が転職を成功させることが利益に繋がりますので、しっかりとアドバイスをしてくれます。

では、内定の可能性を上げるにはどうしたらよいのでしょうか。

有料でも無料でも、転職アドバイザーは求職者のサポートをすることが仕事です。内定の可能性を上げる最大のポイントは、有料無料ではなく、求職者自身の努力にあります

転職アドバイザー選びで一番重要なこと

転職アドバイザー選びで最も重要なのは、有料無料といった話ではなく、自分が転職したい分野に特化した転職エージェントを選ぶことです。

自分が転職したい分野に特化した転職エージェントの転職アドバイザーであれば、希望の求人を紹介してもらえるだけでなく、その分野に沿った「書類や面接に関するアドバイス」「アピールポイントの掘起こし」などもしてもらえます。

弊社Beyond Borderは、海外経験者、帰国子女、ハーフの方を専門とした転職エージェントとして、外資系企業や海外事業などのグローバルに活躍できる求人をご紹介しています。Beyond Borderの転職カウンセラーは日英バイリンガルですので、英文履歴書の作成はもちろん、日本語が不安な方にも柔軟に対応します。

留学経験者、帰国子女、ハーフの方には、Beyond Borderで専門のカウンセラーによる無料のカウンセリングをおすすめします。お気軽にご相談ください。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方には電話やスカイプでの問い合わせも受け付けています。【お問い合わせ 03-5843-8346】