留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

企業が海外経験を持つ転職希望者に求める要素とは 【海外就業経験者編(Part 1: 現地就職経験者)】

更新日:2020.7.12

現地就職をされた方が日本に帰国して転職を考える際、

  • 現地で仕事をしたことで職務経験以外にアピールできることはあるのか
  • 現地就職経験者が国内で転職をするときのメリットは何か
  • 日本での転職活動の仕方はどういったものなのか

など、いろいろな疑問や不安が出てくると思います。

 

今回は現地就職経験者に対して企業が求める3大要素、転職をする際に気をつける点についてお話します。

 

企業が現地就職経験者に求める3大要素

現在、グローバル化に伴い海外経験者を求める国内企業の求人は増加傾向にあります。
海外経験者といっても留学経験者、帰国子女、現地就職経験者、海外赴任経験者など様々です。

その中でも、国内とは違う社会人としての常識や環境、ルールの中で仕事をされてきた現地就職経験者に対して、

  1. 現地企業の仕事の仕方を熟知している
  2. 結果を出すことに全力を尽くす
  3. ネイティブとの仕事に必要な高い語学力

という3つの要素を企業は求めています。

 

1:現地企業の仕事の仕方を熟知している

海外経験者を求めている企業の多くは、海外の企業と取引をしていたり、現地支社や事業部を持っていたりします。

海外企業は仕事の仕方や考え方が国内企業とは違います。
現地就職をされた方は、その国の仕事の仕方や考え方を熟知しているので、海外の取引先企業とのやり取りで即戦力になる人材であると企業は考えます。

  • 現地企業でどのように仕事をしてきたのか
  • 国内企業で仕事をする際に何を活かすことができるのか
  • 現地での経験(仕事の仕方や考え方)を応募ポジションでどのように活かせるのか

これらを具体的に考えることで、企業へのアピールポイントに繋げていきましょう。

2:結果を出すことに全力を尽くす

国内企業では仕事の結果だけではなく、過程や普段の姿勢、態度なども評価の対象になりますが、海外企業では結果を出すことが評価や給与などに反映されます。

現地就職を経験された方は自分のやるべき仕事、またはそれ以上の結果を出すことに拘って働いてきたのではないでしょうか。

現地就職経験者を求めている企業は、仕事の過程や仕事に対する姿勢だけではなく、結果を出していく人材を求めています。

  • どのような結果(成果)を出してきたのか
  • 結果(成果)を出すためにどのような工夫や行動を行ったのか
  • 応募ポジションで、どのように結果を出していくのか

これらを具体的に考え、面接官に伝えることでプラスの評価に繋げましょう。

3:ネイティブとの仕事に必要な高い語学力

海外経験者の中でも、現地就職をされた方は、高い語学力を身につけていると企業は考えます。
と言うのも、日常会話とは違うビジネスの場面で必要な語学力があるからです。

  • ビジネスの場面での言い回し
  • 各業界の専門用語に長けている
  • ネイティブと仕事ができる語学力
  • ネイティブと交渉できるコミュニケーション力

など、企業が求めているレベルの語学力があると考えられます。

単に「現地で英語を使って仕事をしてきました」では、語学力のアピールにはなりません。

  • 「誰と」「どのように」仕事をしてきたのか、
  • どのような結果を出したのか
  • 応募企業やポジションで語学力をどのように活かし、どのような結果を出すのか

具体的に伝えることが重要になります。

 

現地就職経験者が国内で転職する際に気をつけるべき点

現地就職を経験された方の中には、日本のビジネスマナーの知識が少々不足している方もいるかもしれません。

日本で働く場合には、当たり前ですが、正しい敬語を使うことや日本のビジネスマナーに沿ったメール文面を作成するなどの必要があります。
例えば、敬語などは間違った使い方をすると、相手を不愉快にさせるなど悪い印象を与えかねません。

また、日本では面接の際、スーツ(男性はネクタイも)の着用が原則となります。
派手なスーツやオフィスカジュアルは快く思われない場合もあります。
スカイプ面接などでカメラに映る場合もスーツを着用した方が無難です。

 

転職エージェントを利用しよう

国内の転職活動をどのように行えばよいか不安な方もいるのではないでしょうか。

「書類の作成方法」「採用の流れ」「面接のポイント」などにも、日本独特のものがあります。

例えば、

【書類作成】
欧米では自分で作成したレジュメを持って面接に向かいます。(書式の規定は特にありません)
日本では、規定の履歴書(手書き)と職務経歴書を求められることが一般的です。
企業によっては、企業側が用意したエントリーシートの提出を求めるところもあります。(特に第二新卒として選考に参加する場合)

【採用の流れ】
多くの企業は、「書類選考後に数回の面接を経て内定」というスケジュールで採用活動をします。
企業によっては書類選考後に筆記試験を行うところがあります。
一般常識テストや適性判断テストなど、海外では行われない試験が採用スケジュールに組み込まれていることがあります。

【面接のポイント】
採用担当者が求めているのは、応募ポジションで即戦力となる人材です。
面接中の話し方や態度、みだしなみなどもチェックされています。
質問内容は経験や実績についてですが、必ず準備しておきたいのは「なぜ海外で就職したのか」「なぜ日本で転職をしたいのか」です。
面接官が納得する回答を事前にしっかり準備しましょう。

 

国内転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのもおすすめです。

転職エージェントを利用することで、

  • 応募企業が書類で必要としているポイント
  • 採用面接や筆記試験の情報
  • 面接の事前準備

など、1人ではなかなか大変な作業をサポートしてもらえます。

 

また、転職エージェントを利用するときは、自分に合ったエージェントを探すことが大切です。

 

Beyond Borderは「海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント」として、海外経験をされた方のサポートをしています。そのため、現地就職をされた方の不安や不足部分なども把握しています。
各企業が現地就職経験者に対して求めている要素と、これまでのキャリアと交換留学の経験などを踏まえて、「自己PR」や「志望動機作り」「面接でのアピール方法」のアドバイスをしております。

また、書類作成や転職活動の進め方など、キャリアに関するどんなことでも経験豊富な専門カウンセラーがお答えします。
どうぞお気軽にご相談ください。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】