海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

大手の転職エージェントと中小の専門エージェントは何が違うのか?どちらに登録するのがよいの?

更新日:2017.5.1

オフィスイメージ

こんにちは、海外留学経験者専門の転職エージェントBeyond Border広報部です。

“はじめての転職”を考え始めた留学経験者に向けてお届けする「留学経験者のための転職ノウハウ」

今回は、「大手のエージェントと中小の専門エージェントの違い」についてです。

いざ、転職活動をしようと思う時に、まずは転職エージェントを探そうとする方も多いのではないでしょうか?

その際に

  • 大手のエージェントにするか?
  • 中小の転職エージェントにするか?

は、悩みどころですよね。

今回はそんな方のために、今回は、「両方のエージェントの違い」、そして「どのようにエージェント選びを行なえばいいのか?」をご紹介します。

 

大手エージェントの特徴(メリット)〜一番の特徴は案件数が多い事〜

第一回Beyond Border転職セミナーの様子
第一回Beyond Border転職セミナー中の様子

 

まずは大手転職エージェントについてです。

大手の転職エージェントについて、主な特徴として、下記の3つがよくあげられます。

  1. 求人案件数が多い
  2. システムがしっかりとしている
  3. 歴史が長いのでノウハウがある

 

1.求人案件数が多いについて

外国人の会議中イメージ

上記の中でも、特に1番目の「求人案件数が多い事」が大手のエージェントに登録するメリットです。

エージェントサイトに登録をすると、毎日数えきれないほどの求人案件がメールで送れられてきます。

そして、送られてきた求人の中の中から、「自分の興味ある案件」に応募して、転職活動は進んで行きます。

こちらの記事をご覧の方も「登録したら、山ほど求人案件が送られてきてびっくりしました・・」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ、こんなに多くの案件があるかと言うと、主な理由としては、

  • 大手の会社には企業と長く積み上げられてきた歴史がある事
  • 多くの営業マンがいる事

があげられます。

2.システムがしっかりとしている

ノートパソコンとメモ書き

また、2番のシステムがしっかりとしている事です。

こちらは登録から”カウンセリング”、そして”紹介”、”転職完了”までのフェーズに安定感があるという事もありますが、それよりも「Webサイトのシステムがしっかりとしている」という側面が大きいです。

※中小のエージェントも業務に慣れている専門家ですので、「中小のエージェントだと転職完了までの流れが不安定」という事ではありません。

例えば、中小のエージェントですと、word形式での履歴書や職務経歴書を送る事を求められる事が多いですが、大手のエージェントですと、専用のシステムを使ったWeb入稿で済んでしまうところもあります。

ですので、Webフォームでの入稿、「メールのやり取りなどが発生しない分、転職活動の負担が楽になった!」というような方もいらっしゃいます。

「職務経歴書や履歴書は手書きの方が熱意が伝わる!」

とよく言われますが、今の時代ですと「手書きなんて、全然自信ない・・・」という方も多いのではないでしょうか。

そういう方には、このようなシステムは意外と「転職活動が億劫にならない」ためにもかなり役立つシステムかもしれません。

 

3.歴史が長いのでノウハウがある

ビル群夜景イメージ

3番は、「歴史が長いのでノウハウがある」です。

こちらは、転職業界に限りませんが、やはり、長い歴史がある分、社内に蓄積されたノウハウなどは多くあり、それが転職成功の鍵となる事もあります。

ただし、後述させていただきますが、「転職希望者向けの社内ノウハウは必ずしも大手の方が優れている」というわけではありません。

中小のエージェントの方が、一定の層に人に対しては専門性が高い分、転職成功のノウハウを持っているという事がよくある話です。

 

 

中小エージェント(専門エージェント)の特徴〜専門特化している分、特定分野に強い〜

第二回転職セミナー中の様子

次に中小の専門エージェントについてご紹介します。

そもそも、専門エージェントとは?
→ある一定の分野に特化している転職エージェント

 

以前、「転職活動はどのような流れで進むのか!?はじめから終わりまで14ステップで解説!」の記事でも解説しましたが、専門エージェントの大きな特徴は、その名の通り、ある一定の分野に専門特化している事です。

例えば、

  • 職種(エンジニア、経理、営業、会計士専門など)
  • 業界(コンサルティングファーム、出版社、外資系など)
  • 特性(女性、年収1000万以上、留学経験者専門など)

など特化する分野には様々なものがあります。

専門分野に特化している分、その分野に当てはまる人にとっては、最適な転職活動ができる可能性が高くなります。

 

専門エージェントの特徴(メリット)〜特定の分野に強い!〜

専門エージェントの大きな特徴としては下記の3つがあります。

  1. 特定の分野に強い
  2. 転職カウンセリングも専門特化して丁寧
  3. 専門エージェントにしかない求人がある

 

1.特定の分野に強い

カウンセラー黒須
オーストラリア留学経験を持つ転職カウンセラー黒須

 

まず、1の特定の分野に強いについてです。

やはりある分野に専門特化している分、あなたの経歴・経験・スキルについての専門的な知識があり、それを活かしての転職成功に導いてくれます。

例えば、私たち、Beyond Borderの場合は「留学経験者」限定ですので、「海外留学経験を活かしたキャリア形成(あなたの留学経験がどのようにキャリアに活きるのか?)」を重視しており、そこに強みがあります。

 

2.転職カウンセリングも専門特化して丁寧

外国人ビジネスウーマン

担当する分野が専門特化している分、転職カウンセリングもその分野に専門特化しているのが特徴です。

例えば、女性専門のエージェントでしたら、女性特有の「結婚・出産・女性が活躍できる会社かどうか・女性がどのようなキャリア形成をするのがよいか?」など、かゆいところに手が届くような相談にも、かなり具体的に考慮した上での転職活動ができるかもしれません。

また、私たち、Beyond Borderの場合は、「ワークライフバランスの実現」をカウンセリング方針にしておりますので、あなたが将来歩みたいキャリアから逆算した自己分析を重視した転職カウンセリングを特徴としています。

Beyond Borderの詳しいカウンセリング方針については、下記ページをご覧ください。

また、もちろん留学経験者専門エージェントですので、あなたの留学経験を活かした強みを活かせるキャリア形成も大切にしています。

 

3.専門エージェントにしかない求人がある事も

立ち話する男女

専門エージェントですので、特定の業界と強いつながりがある事があり、「あそこの会社はいつも、いい人を紹介してくれるから」と、大手やその他一般には公開されていない求人があるところもあります。

ですので、実は大手の方が求人が多いけど、専門特化したエージェントの方があなたにぴったりの求人がある可能性もあるかもしれません。

 

大手と中小の専門エージェントどちらも登録しておく事がおすすめ!

セミナーのオープニング中

ここまで大手と中小の専門エージェントの特徴についてご紹介しましたが、「では、どちらの方がよいだろうか?」というのが気になるところですよね?

結論から言うと、「大手と専門エージェント、どちらも登録しておく事」がおすすめです。

なぜかというと、エージェントにも相性があるからです。

例えば、あなたが「大手の方が求人が多いからいい!」と思ったとしても、実は専門エージェントの方があなたの価値を高めていい転職先を紹介してくれる事がありえるかもしれません。

また、その逆で「専門特化したエージェントを選んだけど、自分の行きたい方向性は決まっていたので、大手の方がマッチする求人が多かった」という事もありえます。

また、大手と中小を組み合わせた成功事例としては、「自分が留学中に培った発言力が、プレゼンスキルで仕事に活きる事を知らなかった」を専門エージェントで気づく事ができて、その後、大手での転職活動もすごくスムーズに進んだというものがありました。

そして、大手のエージェントも担当者によっては上記のような専門エージェントよりも、しっかりと自分のNEEDSに答えるカウンセリングをしてくれたという事もあります。

エージェントも相性が大事ですので、あなたにあったエージェントをしっかりと見つけて理想のキャリアを歩んでみてくださいね。

Beyond Borderはあなたの留学経験を活かした新たなキャリアを応援します!