海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

外資系転職を未経験から成功させる方法

更新日:2018.10.9

未経験だけど外資に転職できる方法

転職活動中または転職を考えている方の中には、外資系企業が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
気になってはいるものの、外資系企業への転職は難易度が高いからと、はじめから諦めている方も多いと思われます。

難易度が高いと思われる理由は、大きくふたつ、

・未経験からの転職は難しいから
・英語力が高くないから

という点にありそうです。

確かに、外資系企業への転職は難易度が高いのは間違いありません。しかし、外資系企業といってもさまざまです。未経験でも、英語力がなくても転職が可能な場合もあります。

今回は、未経験からの外資系転職を成功させる方法について、どのようなアプローチをしたら成功するのかを、お伝えしたいと思います。

外資で働くメリットは?

一般的に多くの人がイメージする外資系企業で働くメリットは、

・実力主義
・高い給与
・性別、年齢にかかわらず働きやすい
・ワークライフバランスが整っている

などの点ではないでしょうか。

実際に、成果が重視される風土ですし、給与に関しても日本企業に比べると高い場合が多いのも事実です。また、仕事とプライベートはきっちり分ける考え方のため、社員同士の関わりもそれほど濃くありません。

外資系企業が向いているタイプ

 

外資で働くメリットを考えてみると、外資が向いているタイプというのは、

・成果を出せる人、結果重視の人
・仕事だけでなくプライベートも充実させたい人
・会社は働く場所とわりきり、居心地の良さは求めていない

という特徴を持っていると言えそうです。

日系企業の場合、新卒またはで採用した人物を、時間をかけて育てていく風土が一般的です。それも、スペシャリストというよりはゼネラリストとして育てます。
それに対して外資系企業は、即戦力になるスペシャリストを中途で採用する方法。スペシャリストとして、自分の職務をきっちりこなすことが求められます。そもそもの考え方が異なるのです。
ですから、外資系企業での就労が未経験の方にとっては、そのような風土の違いに戸惑うかもしれません。

たとえば、
・キャリアアップ・スキルアップのために転職したい
・ある分野のスペシャリストになりたいので転職したい
といった具体的な目的があれば、仮に外資系企業の環境になじめない場合でも乗り切ることができるでしょう。

そう考えると、仕事に対しての捉え方や考え方が明確にしておくことが転職活動の際には必須です。

特に外資系企業への転職にチャレンジしたい方は、参考にされてみてください。

外資未経験でも転職しやすい業種は?

実力主義という点から考えても、未経験ということが不利になるのではと考えている方も多いことでしょう。前述のとおり、スペシャリストを確保したいという外資系企業にとっては、たしかにそのような業界も多いです。したがって難易度が高い場合も少なくありません。

しかし、未経験でも転職可能な業界もあるのです。
とくに、つぎのような業界は、未経験からの転職が目立つ分野です。

・製薬業界・MR
・生命保険・営業
・コンサル業界・コンサルタント/アナリスト・リサーチ

未経験からの外資系転職を狙うなら、このような業界を選ぶのもひとつの方法です。

ただし、未経験でもOKとはいえ、やはり外資系企業であるため、日系企業とは違う社風であることを意識しておく必要があります。注意するべき点はつぎの3つです。

・英語力(語学力)の向上を図る
・個人を尊重すること、公私混同しない
・スペシャリストとして自分はどう働いていきたいのかを意識する

郷に入っては郷に従えといいますが、外資系転職を成功させるには、外資系企業の風土の中で個を確立する意識が必要になってきます。

外資系企業で働くには英語力は必須か?

また、多くの人が気になるのが、外資系企業への転職に英語力が不可欠なのではないかという点でしょう。一般的に、外資系企業が求める英語力の基準は、TOEIC750点以上と言われています。

しかし、外資系企業といっても、実際に必要な英語のレベルはさまざまなのです。
たとえば、外資系企業の日本支社では、英語の使用頻度や社風などにおいて、日本企業とさほど変わらない場合も少なくありません。

転職実用事典キャリペディアが実施したアンケート結果をみると、なんと、全く英語を使わないと答えた人が30.7%もいます。
驚くべきことに、英語の使用頻度が、月に1回以下から全く使わないという層が半数近いという結果が出ているのです。

https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/69

英語力が必要か、そうでないかは、求人票に記載があります。英語力がネックとなり外資系企業への転職を躊躇している方でも、安心してチャレンジできるのではないでしょうか?

ただし、社内でポジションが上がるに連れて、本社とのやりとりも多くなりますので、必然的に求められる英語力のレベルは高くなってきます。転職後、着実に英語力をつけていくとよいでしょう。
前述した、外資系転職後に必要な意識のひとつとして、英語力の向上を図るという点を挙げましたが、その理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。

まとめ

未経験であっても、高い英語力がなくても、外資系への転職は可能です。
自分の職務をきっちりこなせるスペシャリストとしての責任感、外資系企業の風土になじめる柔軟性があれば、さらにハードルが下がるでしょう。

今後の自分自身が目指すキャリア、また、ご自身の性格や考え方から、外資系企業が向いていると思われた方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

beyond borderでは、海外経験者の方に向けて、外資系企業への転職支援を豊富に行っております。もちろん、外資系企業未経験の方にも、ご利用いただけます。応募書類の書き方や、面接での対応など、外資系企業への転職に向けてのサポートなど、未経験の方にこそ利用していただきたいサービスをご用意しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。