海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

【面接ノウハウ Vol.1】大学生の就活とココが違う!留学経験者に向けた転職 知らないと恥ずかしい面接マナー

更新日:2018.3.16

こんにちは。留学経験者専門の転職エージェントBeyond Border広報部です。

今回よりシリーズで、留学経験者に向けた中途採用面接におけるノウハウ記事を配信します。

大学生の時、留学をしていて企業研究や面接対策をあまりできなかった方、就活はガッツリやったけれど転職は初めての方に向けて参考になるようなコンテンツをお届けします。

大学生の就活とココが違う!留学経験者に向けた転職、知らないと恥ずかしい面接マナー

悩みに悩んだ末、やっとの思いで転職を決意したにも関わらず、留学経験者の中にもなかなか面接が通過できない人が案外多くいます。

筆記試験では実力、書類選考では経験が評価の対象になりますが、面接においては人柄や態度が主な評価ポイントとなります。

今回は、フォード・R・マイヤーズ氏の「Professional Women Magazine」を参考に、面接の第一印象を良くするマナーについてお話しします。

面接官も暇ではない

面接担当者は、一社員であり、あなたとの面接だけが仕事ではありません。後にも面接者が詰まっているかもしれませんし、面接以外の仕事もあるはずです。

もしあなたが面接官だったらと想像してみてください。

今日中に終わらせなければならないタスクが山ほどある中、質問に対して不必要に長い回答をしたり、考え込んで黙り続けたりして、自分の貴重な時間を無駄にされたら、不愉快ですよね。相手の時間も考慮し、質問には完結かつ明確に、てきぱきと答えられるよう努力しましょう。

質問タイムはボーナスタイム

逆質問をすることは、ミスマッチを防ぐだけでなく、その会社に興味を持っている、業務意欲が高いことをアピールするチャンスでもあります。「こんな質問をしてくるなんてよく勉強しているな」「着眼点が鋭いな」と面接官に思わせたら、こっちのものです。

質問タイムは、自分をアピールする為の、ボーナスタイムと考え、企業サイトや資料は勿論、転職エージェントのカウンセラーから情報を出来るだけ聞き出す事が大切です。

親近感を持ってもらう

面接官も人間ですので、何か共通点があると親近感を持ってくれます。会話の途中で何か共通項を見つけたら、是非、伝えてみてください。面接は自分を売り込む営業と考えて。ただし、無理に面接官の意見に寄せにいくのは禁物です。共通項が全く無くても焦ることはありません。あくまでも、共通項があったらラッキーくらいに考えておきましょう。

もしその企業を知ったきっかけが知人だった場合、その事を伝えるのも良いでしょう。

自分を雇う事が会社にどれだけのメリットがあるのか伝える

「あなたの過去の成功と雇用主の繁栄に関連づけよ」マイヤーズ氏はその本の中で述べています。面接の通過率が良くない留学経験者の大きな特徴は、一方的に過去の実績を伝え、雇用主にとってのメリットが明確に伝えられていない人たちです。

過去のキャリアなら、履歴書に目を通せば分かることです。わざわざ顔を合わせ面接をしているのは、あなたの能力が、その会社にとってどんなプラスな影響を及ぼすのか知りたい為です。

企業を細かく事前考察し、自分自身を客観的に考察しアピール出来る留学経験者は、他の過去の経歴を淡々と語りがちな応募者と差をつけられます。

解決者として面接に挑むこと

面接官に「この人になら現場が抱えている課題を解決してくれそうだ」と思わせれば、面接に勝ったと言えます。

企業は何かしらの問題を抱えているはずです。自分は、どのような課題を解決できる人間であるのかという事をしっかり伝えましょう。職を求めて来た、のではなく、この会社を変えてやるんだ!という心意気が大事です。

その為には、会社についての勉強をしっかりし、弱みと解決策を理解し、自分の能力と繋げ合わせる作業が大事と言えるでしょう。

小さな事でも当たり前ではない!

忙しい中、面接官に面接に割いてもらう時間や応募資料に目を通してもらったことなど、小さなことに感謝するよう心がけてください。感謝されすぎて、気分が悪くなる事はないですよね。

面接官を良い気分にさせられるだけでなく、誠実な人柄が伝わりますし、細かいことに気を配れるという印象を与えられます。他の項目でも述べましたが、もし自分が面接官だとしたら?どんな面接者なら好印象か?常に相手側の立場になったつもりで想像力を働かせてください。

インパクトを与えられる面接をしよう

人気があり、倍率の高い求人案件では、次のステップに進む為、良いインパクトを面接官に残す事が重要とマイヤーズ氏は述べています。

採用するのは、人間です。どんなに優秀で、華やかな経歴でも、この人と一緒に働きたいと思わせられるのは、人柄や姿勢だったりします。良いインパクトとは、必ずしも、面接内容の充実や、輝かしい経歴のことだけではありません。当たり前のことですが、一緒に働きたいと思ってもらえるような、面接を心がけましょう。

Beyond Borderでは、海外経験者に向けた転職における無料のカウンセリングも行っております。海外で働きたい、と考えている方は是非予約してみてくださいね!

海外就職のリアルな体験や、自己分析をもっと深めたいと考えている方もまずは一度ご相談くださいね。

▽あなたにオススメの記事▽

転職活動時の英語面接対策!よく聞かれる質問は?外資系企業の面接対策を解説します。