留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

転職の履歴書はコンビニで買ってもいい?気を付けたい3つのポイント

更新日:2021.1.31

「履歴書を何度も書き損じてしまい、履歴書が足りなくなった…」

履歴書を文具店まで買いに行く時間が無い時、コンビニで売っている履歴書は重宝します。

しかし、コンビニで買った履歴書を“転職“で使用するのはOKなのでしょうか?

今回は転職エージェントのBEYOND BORDERが、コンビニで転職の履歴書を買う時に気を付けたい3つのポイントをご紹介します。

 

転職の履歴書はコンビニでもOK!ただし企業指定の場合に要注意

転職で使用する履歴書はコンビニで購入しても問題はありません

どのコンビニでも文具コーナーに履歴書が置いてあるので、すぐに見つけることができます。

ただし、応募先企業から特定の履歴書が指定されている場合は注意が必要です。

特定の履歴書以外の履歴書を提出するとそれだけの理由で不採用に繋がるので気を付けてください。

 

JIS規格?一般用?おすすめの履歴書は「転職専用の履歴書」

 

コンビニで売られている履歴書にはいくつかの種類があり、JIS規格、一般用、パート/アルバイト用、転職用などそれぞれに合った目的があります。

JIS規格とは聞きなれない言葉ですが、日本国内で定められている標準のフォーマットです。

ただし、企業側からJIS規格の指定がある場合を除いては、必ずJIS規格の履歴書を使わなければいけないわけではありません。

※JISについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。
→ JISってなに?WHAT’S THE JIS | 日本規格協会(JSA)

 

転職でおすすめの履歴書は「転職用の履歴書」です。

パッケージに再就職者向け・転職者用と書かれている履歴書で、通常の履歴書と違って退職理由や希望給与額、出社可能日などを書く欄があり、別紙の職務経歴書も付属しています。

それぞれに項目が分けられていることですっきりとした印象の履歴書が完成します。

コンビニによっては、転職用の履歴書の扱いがない店舗もあるので、急ぎの場合はすぐに届くアマゾンなどのネット通販を検討してみましょう。

 

オリジナルの履歴書をコンビニで印刷するのはOK?

 

人によってはオリジナルの履歴書をインターネットから入手して印刷したい人もいるかもしれません。

結論から言うと、コンビニのプリンターを使って履歴書を印刷する事自体は問題ありません。

ただし、コンビニで履歴書を印刷をする時には印刷用紙の紙質に注意する必要があります。

コンビニのプリンターの用紙は通常の履歴書よりも薄く、インクも滲みやすい価格帯の安い紙が設定されています。
転職の履歴書には向いていないので、もしも印刷したい場合は自宅で高品質な印刷用紙を使ったり、専門の業者に頼んだ方が安心です

採用担当者が転職者の履歴書を触るとき、それはすなわち、あなたに対する第一印象に直結します。
薄くぺらぺらの紙ではなく、しっかりと文字が映える質感の紙質が好印象に繋がるでしょう。

 

まとめ

 

転職で使う履歴書をコンビニで購入しても問題はありません。

一次審査で最も重要視されるのは、履歴書に書く内容です。

履歴書を読んだ採用担当者に「ぜひこの人に会って話をしてみたい」と思ってもらえなければ二次選考には進むことができません。
これまでのキャリアや経験をいかにアピールできるかが勝負です。

 

Beyond Borderではこれまでの職歴だけでなく、海外経験も含めた、オンリーワンの自己PR作りや志望動機作りのアドバイスをしています。
また、書類作成、面接対策など、キャリアに関するどんなことでも経験豊富な専門カウンセラーがお答えします。

応募先企業を調査し、確実に内定に繋がる履歴書作成をお手伝いいたします。
プロの力を借りて最短ルートで成功する転職を実現してみませんか?

当社ウェブサイトから簡単にカウンセリングの予約ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】

どうぞお気軽にご相談ください。