留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

転職で後悔した人の割合、3割超…失敗の理由と対処法を教えます!

更新日:2020.12.27

せっかく転職をするなら、絶対に後悔はしたくないですよね。

後悔をしてしまう理由と対処法を知っておくことで、転職失敗のリスクは格段に抑えることができます。

今回は転職エージェントのBEYOND BORDERが、転職で後悔した人の割合とその理由、後悔しない転職のために今できることをご紹介します。

 

転職を後悔した人の割合とその理由

 

一般的に転職で後悔した人の割合は、3割程度と言われています。
転職会議のマクロミル株式会社が実施した転職に関する意識調査によると、全体の26%、つまり4人に1人が転職で後悔しているとことが分かっています。

 

3割というと多いイメージを受けますが、残りの7割、つまり半分以上の人が「転職をしてよかった」と実際に感じ、給与アップや待遇改善を実現しています。

また、転職エージェントのBEYOND BOREDERの調べによると、転職を後悔した人は、以下の3つの主な理由で転職に後悔を感じていることが分かっています。

  1. 入社前のイメージと入社後の実態があまりにも違った
  2. 勢いで入社して自分のやりたい事と違った仕事に就いてしまった
  3. 人間関係の構築が上手くいかなかった

上記のような理由で転職を後悔しないために、成功する転職に向けて“今できること“を一緒に考えていきましょう。

 

転職を後悔しないために今できること

 

転職後のトラブルを未然に防ぐそれぞれの対処法をご紹介します。

 

入社前のイメージと入社後の実態があまりにも違った

入社後のギャップで困らないためにも、入念な下調べが必要不可欠

業界や企業の表立ったイメージではなく、裏側のイメージまで把握することが大切です。

 

勢いで入社して自分のやりたい事と違った仕事に就いてしまった

転職をする前に「本当にその企業で自分のやりたいことができるのか」を一歩立ち止まって考えてみましょう。

募集要項で大まかな範囲でしか業務の説明が書かれていない場合は要注意。
イメージだけで決めつけず、採用担当者に詳細の業務内容を聞いておきましょう。

また、先の見えない転職の不安から、キャリアビジョンとかけ離れた企業や、最初に内定をもらった企業に決めてしまい、後から後悔をするケースもよくあります。

「一度立ち止まって、考える」クセを身に着けて、理想の転職を叶えましょう。

 

人間関係の構築が上手くいかなかった

採用担当者や面接官との相性が良く、企業に好印象のイメージを持っていた場合、実働部隊の人柄とのギャップに苦しむことがあります。

採用担当者や面接官は企業イメージであって、実際に一緒に働く同僚やチームは別の人格であるということを認識しておきましょう。

どれだけキャリアがあったとしても新しい職場に入れば新入社員と同じです。
どんな企業でも教えを乞う謙虚な姿勢が大切です。

 

転職エージェントが企業のリアルな情報と生の声をしっかりとお届けします!

 

企業の下調べを1人で行うには、情報面でも体力面でも限界があります。

転職エージェントを味方につけて、後悔しない転職を叶えてみませんか?

 

海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェントのBeyond Borderでは、転職探しから面接対策まで全て無料でご提供しています。

無料の理由には、転職を決意した人の全てに理想のキャリアを実現してほしい!そんな願いが込められています。

転職者様と同じ目線に立った二人三脚での転職サポートをスタッフ一同常に心がけています。
聞きづらい企業への疑問や転職のお悩みなど、おひとりで悩まずどんなことでもお気軽にご相談ください。

 

弊社では、インターネットでの随時無料のカウンセリングを実施中です。

ウェブサイトから簡単にカウンセリングをご予約いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】

 

せっかく決意した“転職”だからこそ、大きく羽ばたくキャリアアップを叶えましょう!