留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

企業が海外経験を持つ転職希望者に求める要素とは 【海外就業経験者編(Part 2: 海外赴任経験者)】

更新日:2020.7.19

海外赴任経験者の中には、帰国後に転職を考えるという方も少なくありません。

  • 海外赴任という経験が、転職でどう有利になるのか
  • 転職活動で注意すべき点はあるのか
  • ネガティブな転職理由だけど大丈夫か

など、疑問や不安を抱いている方もいるでしょう。

企業が海外赴任経験者に求めている3大要素と、転職を成功させるための転職理由・志望理由についてお話しします。

 

企業が海外赴任経験者に求める3大要素

現在、海外経験者を求める国内企業の求人は増加の傾向にあります。
昨今のグローバル化や来年のオリンピック開催などにより、あらゆる業界や企業でグローバル人材が必要とされています。

海外経験と一言で言っても、帰国子女、留学など様々なものがあります。
その中でも海外赴任を経験された方は、国内での社会人としての常識やルールだけでなく、赴任地の仕事の慣習やルールを理解し、国内外両方の環境に対応しながらお仕事をされているでしょう。

そのような海外赴任経験者の方に対して、

  1. マネジメント能力
  2. 柔軟性
  3. 人脈

という要素を企業は求めています。

 

1:マネジメント能力

海外赴任先で、現地採用の社員やパートスタッフなどのマネジメントをしてきたのではないでしょうか。
国内でマネジメント経験がない方も、スタッフのマネジメントを行うことが仕事のひとつだったと思います。

国内でのマネジメント経験の有無にかかわらず、国籍や文化、考え方の違う人たちをマネジメントしてきた能力は、多くの企業が求めている要素のひとつになります。

転職でマネジメント能力をアピールするには

  • 「どのくらいの人数」を
  • 「どのように(工夫、プロセスなど)マネジメント」し、
  • 「どのような結果や成果を上げたのか」

を伝えることが重要になります。

2:柔軟性

海外赴任は、国内企業に属しているとはいえ、

  • 働き方
  • 仕事の進め方
  • 仕事のマナーやルール

などは、現地に合わせる必要があります。

海外赴任を経験した方は、国内でのやり方と赴任先でのやり方の違いの中で、試行錯誤しながら仕事をすることで、高い柔軟性を身につけている事でしょう。

企業は、国内とは全く違う環境の中で成果を出してきた柔軟性を、どのような環境やポジションでも対応できる柔軟性と捉えます。

転職の際に海外赴任で身につけた柔軟性をプラスの評価に繋げるためには、

  • 「どのような場面」で
  • 「どのように対応」し
  • 「どのような結果や成果をあげたのか」
  • 身につけた柔軟性を応募ポジションでどのように活かすのか

を伝えられるとよいでしょう。

3:人脈

赴任中は現地取引先との人脈や他企業の海外赴任者との人脈など、様々な人脈を築く機会があると思います。

志望企業でも今後新たな取引先となる可能性もありますし、事業拡大の足掛かりになる可能性もあるため、海外赴任経験者が持つ人脈は企業が求める要素のひとつになります。

 

転職を成功させるために転職理由と志望理由をしっかりと考えよう

海外赴任の経験後に転職を成功させるには、転職理由と志望理由をしっかりと考えることが大切です。

というのも、ネガティブな理由で転職を考える方も多く、企業もそのことを意識しているからです。

帰国後、

  • 赴任先での経験や実績、身につけたスキルが活かせない
  • 国内の仕事のやり方や内容にギャップを感じる
  • 社内に居場所がないと感じる
  • 海外赴任はもうやりたくない

などを感じ転職活動をするケースがよくあります。

事前にしっかりと転職理由と志望理由を考えておかないと、面接でネガティブな理由を伝えてしまう可能性があります。

例えば、転職理由を聞かれ、「赴任中にはマネジメント業務ををこなしてきたのに、帰国後は全くマネジメントには携わらなくなり、やりがいを感じる機会が少なくなったので転職を考えた」と応えると、面接官は「自分の希望の仕事ができないと転職を考えるかも」と感じ、良い評価にはなりません。

マネジメントをしたいから転職を決めたとポジティブな表現に変えることが重要です。

「赴任中に~のようにマネジメントをしていきて、~という成果を上げてきた。御社で募集している○○ポジションであれば、私の~というマネジメント能力を活かし、~という成果を上げられると考え、転職を決意した」

このように、ポジティブな表現に変えて、さらに入社後の具体的な働き方などを伝えると良い評価に繋がります。

 

転職エージェントを利用しよう

転職エージェントを利用して転職活動をすることで、希望の企業やポジションへの転職を成功させる可能性を高めます。

  • もう海外赴任はしたくない
  • 海外でまた働きたい
  • 海外経験を活かして、国内で仕事がしたい
  • 帰国したら給料や待遇が下がってモチベーションが保てない
  • 社内に居場所がない

など、転職理由はさまざまだと思います。

転職エージェントを利用することで、面接で必ず聞かれる「転職理由」や「志望理由」で好印象を与えるアドバイスをカウンセラーから得ることができます。

また、企業の求人に記載されている「海外経験者」という募集条件が、具体的にどのような条件なのか、転職エージェントで教えてもらえたり、個人の希望に合った求人を紹介してもらえたりする場合もあります。

海外赴任中に転職について考えている方であれば、帰国前から転職エージェントを利用することも可能です。

「本当に転職すべきなのか」「転職活動を開始するのはいつごろがよいのか」「帰国前にどのようなことを準備しておくべきか」など細かな相談をすることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

転職エージェントを利用するときは、自分に合ったエージェントを探すことが大切です。

  • 希望する業界に強いエージェント
  • 希望する職種に強いエージェント
  • 海外経験者のサポートに力を入れているエージェント

など、エージェントの特徴を見極めて利用するようにしましょう。

 

Beyond Borderは「海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント」として、多くの海外赴任を経験された方のサポートをしています。

実際に、最近でも日系の金融機関でヨーロッパの支店に赴任されている方から、任期明けの転職の相談をスカイプを通して行いました。

Beyond Borderでは各企業が海外赴任経験者に対して求めている要素を把握していますので、「海外赴任での経験やキャリア」「国内での経験やキャリア」を踏まえた、「転職理由や志望理由作り」のアドバイスをすることが可能です。

また、書類作成や転職活動の進め方、面接に関するアドバイスなど、キャリアに関するどんなことでも経験豊富な専門カウンセラーがお答えします。どうぞお気軽にご相談ください。

ウェブサイトから簡単に無料カウンセリングの予約ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】