留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職】履歴書の志望動機を空欄にするのはNG!今すぐ書ける志望動機、3つの手順

更新日:2020.8.23

転職の第一関門といえる、“書類審査”。

経歴が書類通過を左右すると考えられがちですが、経歴と同じ、むしろそれ以上に重要視されるのは、「志望動機」です。

企業は高スキルの人材を獲得したいと考える一方で、転職が盛んでもある現在、長く会社に情熱を捧げてくれる人材を取り込みたいという気持ちが強くあります。

 

履歴書の志望動機を空欄のまま出してしまうと、採用担当者はあなたに対してこんなイメージを持つでしょう。

  • 「会社に思い入れがない分、すぐに離職するかもしれない…」
  • 「給与や待遇ばかりを要求して、仕事にはやる気がなさそうだ…」

このため、志望動機を空欄にして出すという選択肢は基本的にありえません。

 

そこで今回は、志望動機を書けない方向けに、どんな会社でもすぐに書ける3つの手順をご紹介します。

志望動機を書く3つの手順

 

以下の3つの順で志望動機を考えてみましょう。

  1. 応募先企業を選んだ理由を箇条書きで書き出す
  2. 会社の理念や社会活動を確認する
  3. 自分のビジョンと会社の未来を繋げる

 

1.応募先企業を選んだ理由を箇条書きで書き出す

 

志望動機で伝えたいのは、言葉の通り「自分がなぜ応募したのか」という志望の動機にあたる部分です。

そして、採用担当者の心に響く志望動機とは、“簡潔に熱意が伝わる”文章です。

採用担当者は一度に何百枚もの履歴書に目を通すため、長い文章であっても読みやすく、わかりやすい文章が好まれます。

まずは志望動機を自分の中で再確認するために、相手企業のどの部分に魅力を感じたのかを箇条書きで書き出してみましょう。

 

2.会社の理念や社会活動を確認する

 

転職は新卒入社の時と違って、会社そのものよりも、給与や待遇の条件に意識が向きます。

転職者にとっては、目の前の雇用条件が最重要項目ではありますが、相手企業が重要視するのは転職者の会社・仕事に対する熱意や気持ちです。

相手企業を知る上で、まず最初に会社沿革や理念、社会活動に注目してみましょう。

志望動機では、なるべく相手企業が大切にしている理念や力を注いでいる社会活動に触れると好印象に繋がります。

箇条書きが終わったら、会社沿革や会社の理念、社会活動等をホームページで確認してみましょう。

 

3.自分のビジョンと会社の未来をつなげる

 

会社の理念や社会活動が確認できたら、上述の箇条書きに書いた“自分が相手企業に魅力を感じた部分”と“相手企業が大切にしている理念や社会活動”に接点や繋がりを持たせられるかどうかを考えます。

例えば、相手企業が理念や社会活動で女性の社会進出を推進しているとします。

女性の転職者であれば、「貴社のビジョンに強く共感し、出産・育児を経験した自身の経験も仕事に生かしていきたい」などと書いてもよいでしょう。

自分が魅力に感じた部分=自分の理想と、相手企業が目指すビジョンを繋げることで、ありきたりな志望動機ではない、熱意のこもった志望動機が出来上がります。

 

まとめ

志望動機のポイントは、

  1. 簡潔に分かりやすく書くこと
  2. 会社沿革や理念、社会活動を混ぜること
  3. 自分の理想と会社のビジョンを一致させること

志望動機=入社意欲です。

内定を一歩前に進める力強い文章で他の候補者との差別化を図りましょう。

 

その履歴書対策、転職エージェントに頼ってみませんか?

 

転職で求められる能力やパーソナリティ、志望動機は常に変化します。素直に相手企業への熱意を伝えても、各企業の採用基準のポイントを押さえていなければ内定は決まりません。

 

私たち転職エージェントのBEYOND BORDERは、応募先企業を徹底的にリサーチしながら、履歴書対策を行っていきます。

先行きの不安も感じる転職活動だからこそ、転職先探し、履歴書対策、面接練習等、全て無料でご提供しています。

 

随時、無料のカウンセリングを実施しております。
下記リンクよりお問い合わせください。

無料・簡単相談受付ページ

無料である理由、転職のお悩み、どんな些細なこともお気軽にご相談ください。

 

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。

【お問い合わせ: 03-5843-8346】

 

白紙の履歴書の前で悩む時間を、これからのキャリアを考える時間に変えてみませんか?