海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

体験談からわかる英語力を活かす転職方法!海外駐在員や外資系に採用されるためには?

更新日:2018.3.8

こんにちは、海外留学経験者専門の転職エージェントBeyond Border広報部です。

海外留学経験がある方は、

「インターナショナルな環境で仕事をしたい!」

と考えることも多いのではないでしょうか。

もちろん自分の英語力を活かせるような、さまざまな国籍の方が働いている職場を国内でも見つけることもできます。

しかし、せっかく転職を考えているのなら海外に行けるチャンスがある、

『海外企業への転職』

『海外駐在員』

を目指してみませんか?

今回は、外資系企業で実際に勤めた経験がある方や、海外赴任に転職先が決まった方の話をもとに、

  • 履歴書と海外経験から考える、英語力を活かした職を見つける方法
  • 日本企業での経験は役に立つ?
  • 転職エージェントは外資系?日系?

という内容についてご紹介します。

英語で履歴書!英語を活かした職を見つけるために

海外赴任を視野に入れているのならば、英語で履歴書を書くことはやはり必要となるでしょう。

英語の履歴書の情報を転職サイトに載せるなど、自分の経歴をネット上に開示することによって海外の企業の方からも目につきやすくなります。

実際に、Beyond Borderがインタビューした海外留学経験者の中にも、

『履歴書をもとにコンタクトがありヘッドハンティングされた』

という事例もあるため、英語で履歴書を公開するのは有効であると言えるでしょう。

それでは、どのようなことを中心に履歴書でアピールすれば、英語力を活かした仕事に転職することができるのでしょうか?

違った業種に転職でも見せ方で経歴からアピール

経験が重視される外資系に提出する履歴書では特に、自分の職歴に絞った書き方をしがちですが、

  • これまでの経歴で学んだこと/できること
  • 学んだことから新たに挑戦できること

も履歴書に加えておくと、転職先の幅を広げることができるでしょう。

外資系企業は特に、キャリアチェンジが難しいと言われています。その中でも違う業種に挑戦していきたいと考えている方は、

自分のこれまでの職歴の中で、

  • 他の業種にも生かせること業務内容
  • ビジネスモデルに関わる共通点

を見つけるのが良いでしょう。

英語を活かした異業種に転職したいと考えている方は特に、

「自分の語学力を通して他にもこんなことができる!」

ということを重点的にアピールできる履歴書にするといいかもしれません。

英文履歴書やレジュメの書き方をさらに知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【初めてでもできる!】留学経験者のための転職活動時の英文履歴書・レジュメの書き方

また、これまでの経歴をどうやって次に生かそうか悩んでいる方は、まずはカウンセラーに相談して的確なアドバイスをもらうようにしましょう。

海外での対応力をアピール!海外転職するために

海外留学経験で強みとなるのは、語学力だけではありません。

語学力に加えてさらに自分が海外生活の中で学んだことでアピールできるものがあると良いです。

例えば、自分が問題に直面したとき、誰も頼る人がいない海外での経験は非常に役に立ちます。

『自分で情報を調べぬく力』や、その調べた情報を頼りに『最後までやり抜く』という経験は、海外で生活したのならば、誰もが経験したことです。

この体験談をいかにうまく面接の際に伝えることができるかがポイントとなってきます。海外生活において

  • どんな苦労をしたか
  • どうやってトラブルを乗り越えたか

を振り返ってみましょう。その対応力はきっと転職先でも活かせるはずです。

また、体験談を話す機会がなかったとしても、面接の受け答えで対応力はアピールすることが出来ます。

海外で身につけた臨機応変に対応する力で、どのような質問にも的確に自分をアピールしましょう。

この対応力を今後の仕事で生かすことができる、ということを面接官に伝えることができます。

日本での職業経験が海外転職のビザ獲得の役に立つ

これまで、日本の企業で働いていた方は、

「日本での職歴しかなく、海外転職の際に役に立たないのでは?」

と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は日本での職業経歴は、海外転職においても役に立つことが多いです。

先にも述べました通り、外資系ではこれまでの職歴が重視されることが多いので、日本企業で働いて培った経験を存分にアピールしましょう。

また、海外転職の際、日本での職歴は就職のしやすさだけでなく、ビザを取得するときにも有利に働くことがあるようです。

マレーシアにある企業に転職した方の話によると、マレーシアの入国管理局でビザを申請した際には、日本での約10年の職務経験を活かすことができました。

ビザの申請をするときには、会社側は、通常マレーシア人を雇いたいところを、わざわざ外国人を雇うことに対して理由づけをしなくてはなりません。

その際に、必要となるのは日本での職歴を記載したレジュメ。

彼は、「このような経歴を持っているがために、この人でなくてはいけない」、というのを、レジュメを通して証明しました。

このように、海外転職をする際に重要となるのは、

  • 自分がこれまでどんな仕事をしてきたかという経歴
  • 日本人のバックグラウンドを持つことで得られるメリット

を履歴書に記載することです。

そのため、自分が日本で経験した職歴も、海外転職では重要なポイントとなるのです。

日系の転職エージェントはやはり頼りになる

海外就職をしたいと考えている方は、履歴書を英語で書く必要がありますが、自分の伝えたいことが文法や単語のミスで伝わらないともったいないです。

そのため、

「ネイティブがサポートしてくれる、外資系の転職エージェントを利用した方がいいのでは?」

と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、外資系と日系エージェントの両方を利用したことがある方は、日系エージェントを利用した方が履歴書の添削に満足をしたことを明かしてくださいました。

外資系エージェントでは、レジュメに書いた単語や文法のチェックをしてくれることもありますが、その程度は軽いもの。ちゃんと添削をしてくれているのか不安だったそうです。

日系エージェントの場合だと、

  • 相手の企業の人物像に合わせた文言に変更
  • その企業に合わせたテクニックを教授

など、手厚いサポートを臨めます。

このような細やかなサポートができるのも、日系のエージェントならではなのではないでしょうか?

また、転職の際は、

  • 人生相談に乗ってくれる
  • 転職後のケアがしっかりしている
  • そもそも転職が必要なのかちゃんと教えてくれる

などのポイントを押さえた、本当に親身になってくれるエージェンシーを利用するようにしましょう。

まずはカウンセリングで自己分析をしよう

英語を強みとしている方の転職方法についてご紹介しました。

どんな転職にするにあたっても、まずは自分が

  • どのような職につきたいのか
  • これまでの経歴をどう活かすことができるのか

について知る必要があります。

そのためにも、人生相談ができる転職エージェンシーにまずは相談をしてみましょう。

Beyond Borderでは無料転職カウンセリングを受け付けています。ぜひ活用してみてくださいね。

海外就職のリアルな体験や、自己分析をもっと深めたいと考えている方もまずは一度ご相談くださいね。

英語面接対策が気になる方は下記の記事もおすすめです。

転職活動時の英語面接対策!よく聞かれる質問は?外資系企業の面接対策を解説します。