海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

海外営業職への転職!年収と仕事内容【成功させる方法】

更新日:2019.4.23

グローバル化が進んでいる現在、多くの企業で、日本国内だけでなく海外へ市場を広げていくことが不可欠になってきています。

営業職として活躍されている方の中には、海外営業職に転職して、グローバル市場で営業職として活躍したいと考えている方もいるでしょう。

海外営業職になるためには、「どのようなスキルが必要なのか」「海外営業職への転職を成功させるにはどうしたらよいのか」を理解し、海外営業職への転職を現実のものにしてください。

海外営業職に必要な6つのスキル

次に、海外営業職に転職するには、どんなスキルが必要かを見ていきましょう。

1:営業経験や実績

企業が求めているのは、「海外営業職として即戦力になる人材」です。そのため、これまでの営業経験や実績が求められます。

これまで営業職として、どのような経験を積んできたのか、どのような実績を出してきたのかを棚卸しし、海外営業職としてどう活かしていけるのかを整理することが大切です。

海外営業職では、未経験者可の求人もあります。営業経験や実績がない方は、以下のスキルをアピールしていきましょう。

2:コミュニケーションスキル

海外営業職に限らず、仕事をする上でコミュニケーションスキルは大切です。

相手の意図を的確に把握すること、自分の意見を正確に論理的に伝えることなどのコミュニケーションスキルに加え、海外営業職では、海外パートナー企業とのやり取りや、現地採用などの外国人スタッフとのやり取りなど、その国の習慣を理解した上での円滑なコミュニケーションスキルも必要になります。

3:プレゼンテーションスキル

海外営業職に限らず、営業職にはプレゼンテーションスキルが必要です。

製品やサービスの良さや魅力を、相手にわかりやすく的確に伝えることが大切です。また、プレゼンテーションに付随する資料をしっかりと作成できるスキルも併せて必要になります。

4:マネジメントスキル

海外営業職には、マネジメントスキルが必要です。

国内勤務の場合には、パートナー企業が自社の意図通りに活動するようマネジメントしていきます。また、海外駐在の場合は、マネジメントポジションで働くケースが多くあり、日本人スタッフや現地採用の外国人スタッフをマネジメントしていくことになります。

5:英語力をはじめとした語学スキル

海外営業職では、英語力をはじめとした語学スキルが必要。

国内勤務であっても、海外とのやり取りは英語が基本です。海外駐在では、英語での交渉やトラブル対応なども必要になります。

海外営業職の求人ではTOEICスコアを求められることが多くなり、TOEIC800点台の英語力があると転職の幅が広がります。英語力に自信のない方は、TOEIC700点台、日常英会話程度という求人に応募するとよいでしょう。

現在、新興国との海外営業も増えているため、企業や取引相手国によっては、英語以外の語学スキルも必要となってきます。中国語やスペイン語などの語学スキルがあると歓迎される求人もありますよ。

6:順能力

海外営業職、特に海外駐在では順能力も必要になります。

国内営業職とは、ビジネスのスピードが異なります。また、価値観や文化の違う環境で働くことになりますので、順能力は大切です。

海外営業職への転職を成功させる方法4つのポイント

最後に、海外営業職への転職を成功させる方法を4つのポイントから見ていきましょう。

ポイント1:企業選び

海外営業職といっても、取引相手の国や働く拠点、給与など企業によって違います。

どの国やエリアで活躍したいのか、国内勤務と海外駐在、どちらの働き方を希望するのかを考えましょう。国内勤務の場合、企業によっては出張がないというところもあります。キャリアプランに合う企業を選ぶことが大切です。

ポイント2:これまでの経験や実績のアピール

これまでの経験や実績がしっかりアピールできるように準備しましょう。

数値や具体例を盛り込み、企業の採用担当者が具体的にイメージできるようにアピールすることが大切です。また、転職後に海外営業職としてどのように活かしていくのかもアピールできるようにしてください。

ポイント3:志望動機

海外営業職への転職を成功させるには、志望動機が重要なポイントです。

「海外で働きたい」などの理由では、内定をもらうことはできません。志望動機に以下の4つの点をしっかりと記載しましょう。

  1. この企業でなくてはならない理由
  2. 国内営業職ではなく海外営業職を希望する理由
  3. グローバルな視点が組み込まれている
  4. 転職後のキャリアプランが明確である

ポイント4:転職エージェントの活用

海外営業職への転職を成功させるには、転職エージェントを活用することも大切なポイントです。

転職エージェントを活用することで、公開求人だけでなく非公開求人の中から、自分の希望に沿った企業を紹介してもらえる可能性が高くなったり、キャリアカウンセラーから企業の情報を詳しく聞くことで転職後のギャップが少なくなったりします。また、志望動機や自己PRなどのアドバイスもしてもらえます。

 

Beyond Borderでは、無料でプロ転職カウンセラーによるアドバイスを行っています。ウェブサイトよりお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

フォームを入力する時間がない、すぐに相談したいというご希望の方は電話対応も可能です。

【お問い合わせ 03-5843-8346】

まとめ

グローバル化が進む現在、海外営業職の求人は増えています。

海外営業職として、活躍するためには、どのようなフィールドでどのように働いていきたいのか、具体的なキャリアプランを考え、自分に合った企業を選ぶことが大切です。

これまでの経験や実績を棚卸しし、企業選びをしっかり行うことで、海外営業職への転職を成功させましょう。