留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職エージェントが伝授】そのまま着る?買う?リクルートスーツしかない時の対処法

更新日:2020.9.20

制服や私服で勤務をしていて、就活の時に買ったリクルートスーツしか持っていない人も多いですよね。

スーツは安いものではないので、転職を機に新調するとなると出費が高くつきます。

今回は、転職エージェントのBeyond Borderが、転職の服装のポイントを含めながら、リクルートスーツを転職で着ることができるかどうかをご紹介します。

 

転職活動はリクルートスーツでもOK?

 

結論から言うと、転職活動でリクルートスーツを着用しても全く問題はありません。

“リクルートスーツ”は、アパレル業界が就活生向けに「黒や紺の無地のスーツ」を売り込むために名前を付けたことがきっかけでできたものです。

リクルートスーツに分類されるものは、地味で無難なデザインになっているものが多くあります。
そのため、ビジネス経験のない学生でも、こちらを選んでおけば面接には間違いありません。

 

また、“リクルートスーツ”と一般的にビジネスシーンで使用されるスーツには、特段デザインや色の違いはありません。

 

綺麗な状態のリクルートスーツがある場合は、問題なく転職活動で使用することができます。

 

転職で以前使用していたリクルートスーツを着るメリットとデメリット

 

転職活動でリクルートスーツを使うことは全く問題ありませんが、以前就活で使用していたものを使うことについてはどうでしょう。メリットとデメリットをお話しします。

 

メリット

転職活動で以前着用していたリクルートスーツを着るメリットは、新しくスーツを買う費用を節約できる点にあります。

先行きの見えない転職活動では、転職費用は最小限に抑えることが精神的な余裕にも繋がりますね。

 

デメリット

在職中にスーツで仕事をしていなかった方は、就活で買ったリクルートスーツを久しぶりに着ると、体型の変化からスーツのサイズが合わない事があります。

体に合わないスーツを着ると、動きづらいだけではなくシルエットも崩れ、だらしがない印象を相手に与えてしまう原因になります。
あまりにも以前と体型がかけ離れてしまった場合は、今の体型に合わせて新調する方がベターです。

また、普段からスーツを使用していた方でも、経年経過の汚れやほつれがひどい場合は印象を損ねてしまう事もあります。

あまりにも年季が入っている場合は、好印象を与えるためにも、新しく調達する方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

転職でリクルートスーツを着ても、内定を左右することはありません。

リクルートスーツか新しくスーツを買うかという点よりも、体に合ったサイズ感と汚れのない綺麗なスーツを着ることが最も重要なポイントです。

リクルートスーツによっては、デザインが著しく古かったり、劣化の激しい生地が使われていることもあるので、好印象を与えるきれいで洗練されたスーツを着ていくようにしましょう。

 

服装のアドバイスから面接練習まで、転職エージェントに頼ってみませんか?

服装のアドバイスから面接練習まで、転職エージェントに頼ってみませんか?

 

帰国子女、海外経験者専門の転職エージェントであるBeyond Borderでは、転職先探しから履歴書添削、面接練習、内定手続きまで、1人1人のワークライフバランスに合わせたオーダーメイドの転職をご提案しています。

個人に合わせた志望動機や自己PR、面接のアドバイスはもちろん、キャリアに関するどんなことでも経験豊富な専門カウンセラーがお答えします。どうぞお気軽にご相談ください。

弊社では、随時無料カウンセリングを実施しております。
下記リンクよりお問い合わせください。

無料・簡単相談受付ページ

お急ぎの方、遠方にお住まいの方には電話やSkypeでのお問い合わせも受け付けています。
【電話番号 03-5843-8346】

どんな理想のキャリアも転職エージェントBEYOND BORDERが全力で実現させていただきます!