留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

営業職で稼ぎたい!高収入を目指す方法と転職事情

更新日:2019.4.26

「営業職に転職して高収入を得たい!」「1000万円プレーヤーを目指したい!」

そんな方も少なくないでしょう。

1000万円を超える収入を営業職で得るためには、高待遇の会社へ転職する必要があります。営業職への転職を成功させ高収入を得るには、どのような経験やスキルが必要なのでしょうか。

この記事を通して、高収入の営業職への転職を成功させましょう。

営業職の転職で高収入の可能性がある給与体系

営業職は、ほとんどの企業に存在する職種です。しかし、どの企業の営業職でも高収入を得られるかといえば、そうではありません。給与体系によって、高収入を得られるか否かはある程度判断することができます。高収入を得られる営業職の給与体系について見ていきましょう。

基本給が高い

営業職で高収入を得るには、基本給が高く設定されている企業に転職することが近道です。利益率の高い商品やサービスを提供する企業は、営業職の基本給が高くなる傾向にあります。

製薬会社のMRや証券会社などの営業職が顕著な例です。これらの企業の営業職では、平均年収は600~700万円台です。

インセンティブ制(歩合制)

営業職で高収入を得るには、インセンティブ制(歩合制)を採用している企業に転職することも方法の1つです。インセンティブは日本語で「誘因」と訳され、個人の成果に対して追加の給与を支払う制度のことを指します。

営業職のインセンティブにおいては、個人の販売、契約実績に比例して追加の金額が給与にプラスされます。インセンティブには月給にプラスされるケースや、ボーナスとして支給されるケースがあります。

中には、完全歩合制という企業もあります。基本給が存在せず、販売実績によって収入が決まる給与体系です。全く売れない場合は収入が0になりますので、完全歩合制の営業への転職を考える際はリスクもしっかり考慮しましょう。

ちなみに、完全歩合制の営業職の場合は雇用契約ではなく、業務委託契約を結ぶことになります。

営業職への転職で高収入の可能性がある業界とは

インセンティブ制の給与体系の企業へ転職すれば、一般的な営業職よりも高収入を得られる可能性があります。しかし、インセンティブ制の給与体型の営業職に転職すれば必ずしも高収入が得られるわけではありません。

どのような業界の営業職に転職すれば高収入を得やすくなるのかみていきましょう。

不動産業界

不動産業界の営業職は高収入を得やすいです。不動産業界とひとくちにいっても、その中には様々な分野があります。新築・中古物件や土地の売買、賃貸、管理などを行います。

その中でも高収入を得られる可能性が高いのは、新築物件の売買分野です。

インセンティブは販売実績によって定まりますので、利益率の高い新築物件の売買を行う営業職の中には年収1000万円プレーヤーも珍しくありません。

販売価格が高いので、売上が少なければインセンティブが一切入らない可能性も考えられます。基本給が低く設定されていた場合、日々の生活が苦しくなるリスクもあります。

不動産業界の中には、投資用マンションを販売している企業も多くあります。

ほとんどの企業が高い給与やインセンティブを提示していますので、営業の腕の自信がある方はチャレンジしてみてもよいでしょう。

保険業界

保険業界の営業職は高収入である可能性が高いです。

高額な保険商品を扱っている企業ではインセンティブが高い企業が多いです。

外資系保険会社は日系保険会社よりも平均年収が高く、インセンティブ制を導入している傾向が高く、中には、100%インセンティブ(完全歩合制)の企業もあります。また、高所得者を対象にした保険商品を取り扱っている企業もあり、活かせる人脈を持っているのか、新たな人脈を作る力があるのかといった営業力の有無も、高収入の要因です。

保険業界の営業職は、会社が用意したノベルティなど、お客様へのサービス品を自分で購入する風潮があります。

高収入が期待できる半面、「成果が出ないと収入が減少」「経費を自己負担する」などのリスクもあります。

金融・証券業界

金融・証券業界の営業職も高収入を得やすい業界です。

特に個人向け営業は、「基本給+インセンティブ」という給与体系の企業が多いです。

金融・証券業界も保険業界と同様に、外資系企業の方が日系企業よりも年収が高い傾向にあります。

金融・証券業界では、昇給や昇進のために社内試験の合格が必要であったり、常に金融の知識や市場動向を把握しておく必要があります。

勤務時間外であっても勉強を欠かさずに行う向上心が重要になります。

医療機器業界

医療機器業界の営業職も高収入を得られる可能性があります。医療機器には、小額なものからレントゲン装置などの高額なものまであります。医療機器業界でも、「基本給+インセンティブ」という給与体系を採択している企業が多いです。

高額な商品を販売することで、高いインセンティブを得られる可能性があります。企業によっては、商品を販売するだけでなく、販売後の組み立てや操作の指導、メンテナンスなども営業職が行う必要があります。

商品に関する専門知識が必要になります。また、自社の取扱商品によっては、手術などの医療現場に立ち会うこともあります。

取引相手が医師や大病院となりますので、一般顧客を相手にした営業とは価格帯がガラリと異なります。それ故に、高収入を得ることも期待できる、夢のある営業職です。

製薬業界

製薬業界の営業職も高収入になる可能性があります。製薬業界の営業職(MR)の平均年収は700万円といわれており、日本の平均年収を大幅に上回っています。

製薬業界の営業職の仕事は多岐にわたります。医療機関に自社製品を販売することもありますが、主な仕事は、医療従事者に対して、薬の効能や副作用などの情報を収集、提供することです。

医学・薬学部出身の方が製薬業界の営業職として多く活躍されていますが、学部を問わずに就ける職ですので今からでも転職を狙えます。。

営業職への転職で高収入を得るために必要な経験や能力

営業職への転職で高収入を得るには、業界選びと給与体系が重要になります。

さらに、転職後に成果を出し続けることが高収入、1000万円プレーヤーへの道になります。

営業職への転職で高収入を得るために必要な経験や能力を見ていきましょう。

これまでの営業実績

転職で求められるのは、多くの場合即戦力としての能力です。未経験で応募可能な営業職の求人もたくさんありますが、その場合でも適性などはみられます。

営業職を経験している方は、これまでの営業実績をアピールポイントにできますので非常に役立ちます。

アピールできる営業の実績があるということは、売れる営業のノウハウを持っているということになります。応募する企業の営業職で、自分の持っているノウハウがどう活かせるかアピールしましょう。

営業実績のアピールが不安だという方は、転職エージェントなどでプロのアドバイスをもらうのもよいでしょう。

Beyond Borderでは、無料でプロ転職カウンセラーによるアドバイスを行っています。ウェブサイトよりお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://beyond-border.me/free-counselling/

フォームを入力する時間がない、すぐに相談したいというご希望の方は電話対応も可能です。

【お問い合わせ 03-5843-8346】

 

コミュニケーション能力

営業職で高収入を得るには、高いコミュニケーション能力が必要です。

話し上手じゃないから営業職で高収入は無理だ、と考えがちですが、営業職で必要なコミュニケーション能力とは、お客様の課題や求めていることを正確に把握すること、理論的に正確にお客様に説明できる能力です。

マネジメント能力

マネジメント能力を備えておくことで、営業職として高収入を得る可能性が高まります。営業職は個人としての成績だけではなく、チームとしての成果を求められます。チームとして結果を出す上でマネジメント能力は必要不可欠です。

マネジメント能力がない場合、チームのリーダーとしてのキャリアが積めずプレーヤーとして活躍することになります。しかしどんどん若い世代が入社してくるので、活躍の場が減少していきます。

キャリアを積んだらマネジメントスキルも高めていかなければ、自分の立場に見合ったポストを用意してもらえず、肩身の狭い思いをする可能性があります。ポストに就くことで年収も高まりますので、営業に直接関係内スキルであっても意識して磨くようにしましょう。

学ぶ力

営業職で高収入を得るには、部署で高い営業成績を収めている人の営業方法を学ぶことが大切です。

「どのように営業をしているのか」「どのような準備をしているのか」を学ぶことで高収入の可能性が高まります。

情報収集力

お客様が求めている以上の結果を出すことで、営業成績によい影響がもたらされます。

高収入を得ている営業職の方は、商談前に同業他社や取引先の動向など様々な分野の情報を収集し、しっかりとした準備を行っています。

営業職で高収入を得るためには、商談の場だけではなく、それ以外の時間も契約のための準備に費やす覚悟が大切です。

英語力

英語力があることで、営業職として高収入を得る可能性が高くなります。

外資系企業への転職の可能性も広げてくれますので、転職先の可能性を広げてくれます。

また、グローバル化が進む現在では、英語力があることで、いち早く海外の情報を得ることもできますので、先述したリサーチの精度も高めてくれます。

まとめ

営業職への転職で高収入を得るには、転職する業界や給与体系を見極める必要があります。高収入を得るためには、高い成果を上げる必要があります。成果が出ないと、収入を増やすことができません。

高収入を得るために営業職へ転職するのは、ストレスやプレッシャーと上手く付き合う必要があります。そうしたリスクを理解し、高収入を目指して転職活動に勤しみましょう。