海外経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職情報サイト
Presented by エディフィス

お問い合わせ03-5843-8346
MENU
CLOSE

転職で役立つ英語の資格は?

更新日:2019.3.21

転職で役立つ英語の資格は?転職先に合わせて取得しよう!

TOEICや英検など英語の資格を取る動機は人それぞれですが、転職の際に有利になる資格を取得し、英語力を武器に転職活動に臨みたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、志望先の企業が求めているものと、所有している資格がマッチしていなければ意味がありません。まずは志望先の企業で求められる能力を明確にし、その上でアピールに必要な資格を把握しておく必要があります。

今回は転職で有利になる英語の資格の種類に加え、英語の資格を活かせる職種についてまとめました。転職に向けて英語の資格取得を考えている方は参考にしてみてください。

 

日本では日系でも外資でもTOEICが物差しになる

英語の資格は様々ですが、転職において有利になるのはTOIECTOEICです。外資系企業や日系日経企業でも英語力が求められる必要な企業への転職する際にではTOEICTOIECで高得点を獲得することで英語力のアピールに繋がります。

その証拠に、多くの外資系企業や海外進出を目指す日系企業の募集要項には求める英語力の基準として「TOEIC◯◯点以上」という記載が多く見られます。

ビジネス英語の能力を測るTOEICで高得点を獲得すれば、リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングといった包括的な英語力を示すことができます。

今や理系でも英語が求められます。日本の企業も続々と海外進出を果たしており、海外支社と提携しながら仕事を進めていかなければいけない時代になってきています。

そして中途採用になると英語のスキルも新卒に比べ高いものを求められます。転職時に履歴書に書きたい点数は700点台がボーダーラインになってきます。

新卒であっても、外資系企業への就職を目指す場合は高い英語力が求められます。例として、松下電器の国際広報担当に配属されるためには900点という非常に高いTOEICの点数が必要になります。中途採用であっても、これと同等かそれ以上の英語力は求められます。

しかし、中途で入社する方には学力だけでは測れない能力が蓄積されています。コミュニケーション能力や、社会人生活のなかで培われた人間力をあわせてアピールすれば、TOEICの点数が900点に満たない場合でも中途採用に合格する余地はあるでしょう。

TOEICだけではない?英語資格を一覧で確認

先ほどの章でTOEICの受験をおすすめしましたが、英語の資格は他にどのようなものがあるのでしょうか。

この章では特徴を踏まえながら英語の資格をご紹介致します。

実用英語技能検定(英検)

TOEICに並んでポピュラーな資格といえば英検です。英検は文部科学省が認定していることから認知度が高い資格のひとつです。受験料も安く、試験会場も多いため、受けやすい資格といえます。英検の場合は大学や高校への進学時に優遇される場合があり、どちらかといえば転職より進学する学生にオススメの資格ではないでしょうか。

しかし英検が転職に役立たないかといえばそんなことはありません。先ほど記載したように日本での認知度はとても高いので、採用担当者が英検を知らないことはまずありません。履歴書に記載すれば十分なアピールになるでしょう。

英検は5級から1級までありますが、転職時にアピールになるのは2級から上になってきます。高校卒業レベルと言われる2級ですが、高校卒業時に2級に合格できるレベルに達している学生はかなり少なく、準1級になると教員ですら取得していない人が多いのです。英語力のアピールとなるとやはり2級から上になりますので、まずは2級を目指してみるのはいかがでしょうか。

転職時にTOEiCが英語力の物差しになると書きましたが、英検は3級以上から英語での面接がありますので、それを踏まえて英検上級を合格している人を評価する企業もあります。さらに受験から2年以内という期限が設けられることがあるTOEICに対し、英検は取得してしまえば、その資格はずっと有効です。その都度TOEICに受け直すことがあるにしても、常に有効な英検を取得しておくのも良いのではないでしょうか。

TOEIC

英語の資格で一番人気なのがこのTOEICです。英語を母国語としない人の英語でのコミュニケーション能力を測る試験で、多くの企業がTOEICを採用基準として取り入れています。英検と同じく受験料が安く、試験も年に10回行われるので受験しやすい資格となっています。

専門的な英語を求められるものを除いては、TOEICでの高得点を獲得することは転職において間違いない選択肢ですので、TOEICの受験をオススメします。

一つ気をつけなければいけないのが、TOEICが有効なのは日本企業だけというところです。実は欧州ではあまり認知されていませんので、海外で就職活動をされる方には決定打に欠けるものになってしまいます。日本企業、または日本国内にある外資系企業ではTOEIC受験は大きなメリットになりますので、国内での転職を希望される方はTOEICでの高得点を目指しましょう。

TOEFL

TOEFLは主に英語圏の大学や大学院に留学するための英語力を測る資格です。120点満点で留学には最低61点が必要と言われていますが、留学に必要な英語力を測るものですので、転職には向いていない資格になります。

IELTS

IELTSは海外移住や留学のための英語力を証明する資格です。受験には16歳以上でパスポートが必要になります。イギリス、オーストラリア、カナダに移住する場合は英語力の証明になります。スコアは1.0から9.0まであり、0.5ずつスコアが出ます。移住には5.0以上が必要とされています。こちらはイギリス、オーストラリア、カナダに移住する以外ではオススメできません。受験料も高いですし、試験会場も指定され、変更できません。しかし上記の国に移住し仕事がしたい人にとってはTOEICよりも重要な資格になります。

全国通訳案内士試験

英語の資格は様々ですが、この全国通訳案内士試験が唯一の国家資格になります。有料で外国人向けの観光案内をするには必須の資格でしたが、今は地域限定であれば研修を受け、認定されれば業務を行うことができます。国家資格というだけあり難易度はかなりのものです。ということは高い英語力の証明にもなる資格でもあります。

観光案内ということで英語だけではなく、地理や歴史の知識も必要になってきます。外国人向けの添乗員の仕事をされる方が取得されます。乗務員の仕事に就きたい人や、英語に加え日本の地理、歴史の知識も備えている証明にもなりますので、海外のクライアントが多い企業では評価してもらえる傾向があります。

国際連合公用語英語検定試験(国連英検)

外務省が後援している資格で警視庁の採用試験でも評価されている資格です。国際政治や経済の知識も必要になる資格ですので、難易度は高くなっています。

上級合格者になると国際会議でも即戦力として活躍できる英語力を持ち合わせていることになりますので、高い英語力を証明したい方にはオススメです。

日商ビジネス英語

この資格はライティング能力が求められる資格で、海外での取引や契約書、報告書の作成スキルに関する内容となっています。

知名度は低いですが、貿易関係など外資系企業での業務に役立つ資格ですので、普段の業務が英語で行われる企業への転職を希望の方にはオススメの資格です。

資格を取得してからの転職でも良いですし、転職した後に取得しても役に立つ資格でしょう。英語での業務をこなす人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ケンブリッジ英検

ヨーロッパでは有名な資格で、進学だけではなく英語を使って海外で働きたい人にはかなりオススメです。

しかし受験料が高い上、試験会場が東京だけですのでかなり受けにくい試験になっています。海外で働きたい人限定といって良いでしょう。

TOBIS

外資系企業で活躍するための通訳資格ですので、英語はもちろんビジネスについても知識が必要な資格になります。通訳の資格ですので、英語の理解だけでなく、日本語への変換や日本語から英語への変換する能力も求められます。

通訳を志す方には必須の資格といって良いでしょう。

ビジネス翻訳資格

日本翻訳協会が実施している資格で、受験料が安く、在宅での試験なので受けやすい試験になっています。1級はTOEICや英検を高得点で合格した人でも難しいとされ、翻訳のプロとして活躍できるレベルとなっています。

金融や医学など専門的な翻訳家を目指す人が受験しますので、受験理由が英語力のアピールだけなのであれば必要ありません。

ほんやく検定

こちらもビジネス翻訳資格と同じく在宅での受験となり、1級は自身の翻訳が商品になるくらいのレベルになります。ビジネス翻訳資格同様、翻訳家を目指す資格になっています。

転職先にピッタリの資格は?

英語の資格を簡単にご紹介しましたが、資格によって求められるものが違います。つまり大切なのはまずご自身の進路を明確にするということです。ただ単に英語力のアピールのためであればTOEICや英検の高得点を目指せば良いですし、海外で働きたいのであれば、地域によって必要な資格が変わってきます。専門職や海外での勤務はそれに合う資格がありますが、日経企業や外資系企業への転職において英語力をアピールするならTOEICや英検で問題ありません。

しかし、前述のとおり、履歴書に記載できるのはTOEICでは700点以上、英検では2級以上になってきます。それなりの勉強が必要ですし大変ですが、進路や目標がはっきりしていると勉強も頑張れます。

ですから、まずは自分の進む方向性を定め、目標に到着するにはどんな資格が必要になってくるのかを明確にした上で、資格の勉強に取り組みましょう!

まとめ

転職に役立つ英語の資格をご紹介しました。

英語に関する資格は知名度が高い低い問わず多くあります。知名度が低くても目的によってはとても重要な資格があったり、有名ではあるものの自分に必要なものではない資格があることも判明したと思います。

転職エージェントなどでプロのアドバイスをもらうことで、具体的な対策を考えることができます。

Beyond Borderでは、無料でプロ転職カウンセラーによるアドバイスを行っています。ウェブサイトよりお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

フォームを入力する時間がない、すぐに相談したいというご希望の方は電話対応も可能です。

【お問い合わせ 03-5843-8346】

 

勉強するからには、もちろん合格を目指したいものですが、たとえ不合格であっても、英語力が確実に身につきますので、勉強したことに何一つ無駄なことはありません。勉強するからには、まずはチャレンジする気持ちで取り組んでみるのも良いかと思います。

転職で英語の資格を取得しようと考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。