留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

未経験の転職で収入は下がる?仕事の選び方と年収アップの方法

更新日:2019.4.5

https://beyond-border.me/free-counselling/

誰しも転職を考える瞬間があるかと思います。

その理由としては「職場の人間関係に不満がある」「他にやりたいことが見つかった」「今の待遇に不満がある」などさまざまですが、実際に転職を決断した場合、できれば今より年収をアップさせたいと考えるのが本音のところだといえます。

しかし、全くの未経験である業界や異職種への転職である場合は、年収アップへのハードルはどうしても上がってしまうと言わざるを得ません。

当然ながら、どの企業も未経験で、実力も未知数である人材に高い給与を支払う可能性はとても低く、転職で年収アップへの道は基本厳しいと考えておくべきです。

ただ、全体の平均年収が高い不動産業界などや業績が好調で積極的に人材確保に動いている企業を中心に転職活動を進めれば、未経験であっても年収アップのチャンスは十分にあります。

また、20代前半である場合は、そもそも現年収が基本的に高くないと考えられるので、同じく年収アップの可能性が見えてきます。

本記事では、未経験からの転職で年収アップを勝ち取る方法や仕事の選び方などについて考えていきます。

未経験の転職で年収はなぜ下がってしまうのでしょうか?

未経験の転職で年収をアップさせる方法をご紹介する前に、なぜ、未経験の場合に年収が下がってしまうのかを考えてみましょう。

第一に、企業はそもそも利益を求める組織です。したがって、未経験で実績や技量が不透明な人材に対して、リスクを背負って高い投資は原則行いません。

求人情報に掲載されている給与を大幅に上回る提示は基本的にありません。掲載されている給与の範囲で自身が納得できるかどうかを判断するようにしましょう。

募集企業の中には、入社後しばらくは給料を低く設定し、半年後や1年後に昇給を実施するような企業もあります。

転職当初の年収アップにこだわり過ぎず、中長期での年収アップに重きを置くようにしたほうがベータです。特に30才以上の人が未経験で転職をする場合は、現年収が高いこともあり、転職で年収をアップさせる可能性が低くなってしまうと言わざるを得ません。

未経験を募集する場合、企業側は育成してから活躍できる年数が長い若年者を優先的に採用しようとします。

それに合わせて賃金も設定されています。よって30代以上で未経験の転職者がが高年収を希望しても企業が提示する賃金に合わせなければ採用は難しいといえます。

このように未経験の業界や職種に転職を希望する場合は、年収アップの希望はできる限り控えめにしておきましょう。

未経験の転職でまず必要なことは?

次に未経験の業界や職種に転職をする場合に後で後悔しない為に考えておくべきことについて、ご紹介していきたいと思います。

ステップ1:現職を辞める理由を明確にする

まず、現職を辞める理由を明確にする必要があります。次の転職先でその不満を解消できるような要素がなければ、転職しても同じような不満に直面し、再び転職を考えることになります。

現職の転職理由は明確にし、転職先が本当にその不満を解消してくれるのかという点を突き詰めていくことが転職成功への一つのポイントとなります。

 

ステップ2:未経験で転職する理由を明確にする

未経験の業界や職種に転職をする場合、これまでの経験を捨てて、なぜ、新しい道を選択するのかという質問は面接で必ず投げかけられます。こちらも自分なりに明確にしておく必要があります。

例えば「自分の持っている資格が活かせそうだから」「自分の性格にマッチしている」など、具体的な事例を交えながら、話す内容を組み立ててみましょう。

採用担当者もこれまでの経験を活かしたほうが応募者のメリットに繋がると考えますので、ここを納得させる説明ができないとなかなか採用には至りません。また、年収アップを勝ち取ろうと思えば、当然のことながら、未経験の業界や職種に飛び込む強い意志をアピールできなければなりません。

まずは、自身のことをしっかりと見つめ直すこと、そして、未経験で転職を考える応募企業が本当にこれから進みたいキャリアとマッチングしているのかという企業研究もしっかりと行った上で転職活動を進めてみてください。

未経験から年収アップを勝ち取る転職方法とは?

 

未経験でも応募可能な求人の給与面を見てみますと、年収に換算して、250~350万円が平均年収だといえます。

つまり、現年収でこれ以上の年収を貰っている場合は、どうしても年収アップへのハードルが高くなってしまいます。

ただ、これはあくまで平均的な年収です。以下の場合は、高年収も未経験で転職でも期待できるでしょう。

・不動産業界や営業職

歩合制を取る業界や職種では、頑張りによってはこれ以上の年収を得ることができますし、業績が好調な企業については、他社より良い人材を確保するために賃金を高く設定する場合もあります。

・業績が好調な企業

業績が好調な企業については、他社より良い人材を確保するために賃金を高く設定する場合もあります。

・別途支給の手当

残業手当が多かったり、交代勤務制で深夜手当などが加算されたり、家族手当や住宅手当など諸手当が別途支給される場合、想像以上に年収が伸びる可能性があります。

面接の際、細かな条件の話をするのは、あまり印象が良くないとお考えかもしれませんが、採用担当者からすると応募者の条件面での本音を知れることもあり、決してマイナスではありません。

入社してから話が違ったというような状況になると、それこそお互いに気分が良いものではありません。条件面での疑問や不安があれば、遠慮なく必ず質問するようにしましょう。

未経験の転職での年収に関するまとめ

 

ここまで未経験の業界や職種に転職する場合の年収について考えてきました。

年収も大事ですが未経験で転職するのであれば、その仕事が本当に自分にマッチングしたものか、転職先で一生頑張るくらいの気持ちがあるのかという点を、しっかりと考えておきましょう。

また、会社の安定性、将来的な成長性、福利厚生、労働環境など、他に確認しておくべき点はたくさんあります。これら年収以外の面も含めて、総合的に転職先を決めることが重要だといえます。

また、未経験で転職を考える場合は、必ず自身の年齢も考慮するようにしましょう。

若くして未経験で転職を目指すのであれば、採用担当者も寛容な捉え方をしてくれますが、年齢が高いと、未だに自分の方向性が定まっていないとネガティブに捉えられる可能性があります。

したがって、30代以上で未経験での転職を目指すのであれば、なぜ、今までの仕事がマッチしなかったのかを正直に採用担当者に伝える必要がありますし、今回は失敗しないという裏付けも明確にしておくことが大切になります。

最後に、転職して未経験の業界や職種でキャリア転換したいのであれば、年収が下がるのを恐れてはなりません。年収アップを条件にしてしまうと応募できる幅がかなり狭まってしまい、自分と合う企業との出会いが失われる恐れもあります。

目先の年収に固執するのではなく、努力次第で年収アップが実現できると自分の潜在力を信じて仕事選びをしてください。

Beyond Borderでは、無料でプロ転職カウンセラーによるアドバイスも行っています。ウェブサイトよりご気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://beyond-border.me/free-counselling/

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方には電話やスカイプでの問い合わせも受け付けています。【お問い合わせ 03-5843-8346】