留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

【転職活動のマナー】面接時間の何分前に着くのがベスト?

更新日:2020.11.1

転職活動では、面接時間の何分前に到着するのがマナーか、悩む方も多いと思います。

今回は転職エージェントのBEYOND BORDERが、好印象に繋がる転職面接での理想の到着時間と遅刻の場合の伝え方についてご紹介します。

 

転職のマナー①:理想の到着時間は面接の15分前

会場に着いたら

転職面接では「15分前」には会場に到着し、10分前には受付を済ませておきましょう。

早く着きすぎてしまったら?

到着する時間は早すぎると相手企業側の準備を急かしてしまうことになります。

早く着いてしまったら、最寄りのカフェで面接の練習をしたり、トイレで身だしなみを整えましょう。
オフィス内のトイレを使うと、ばったり採用担当者と会う可能性もあるため、近隣のビルや商業施設のトイレがおすすめです。

 

面接開始まで待つ

会場に到着し面接が始まるまで、指定された場所や席で面接開始を待ちます。
この時から面接は始まっているといっても過言ではありません。
正しい姿勢を意識しましょう。

スマホを見ると自然と姿勢が悪くなるため、資料や本に目を通したり、頭の中で面接をシミュレーションしながら待っていてもよいでしょう。

社内をキョロキョロと見渡したり、イヤフォンで音楽を聴いたり、メイク直しをしたり、ほかの転職者と雑談で盛り上がる行動は印象を損ねるのでNGです。

 

前日は入念に準備をし、就寝前はリラックスして過ごして

前日は会場の地図を再確認し、駅を降りた後からGoogleのストリートビューなどを使ってシミュレーションしておくと当日迷子になるリスクも低くなります。
また、洋服や靴に汚れがないかどうかも確認しておきましょう。

面接前日は体をしっかりとリラックスさせることも大切です。
過度な緊張は熟睡を妨げ、睡眠不足の原因になります。
リラクゼーション音楽を聴いたり、照明を暗くしたりしてリラックスできる環境を整えておきましょう。

 

転職のマナー②:面接時間に遅刻した時の対処法

 

万が一、面接時間に遅刻をしてしまった時は担当者に連絡するのがマナーです。

電話を掛ける時はなるべく周りが静かな場所を選びます。

相手が電話に出たら、まずはお詫びの言葉を伝え、遅刻の理由と到着時間を伝えます。
その上で、遅刻をしても面接をしてもらえるかどうかを聞きましょう。

この時、焦りと罪悪感から遅刻の理由や謝罪を長々と伝えてしまうのはNG。
担当者も面接準備や候補者からの連絡で忙しいため、簡潔にまとめて伝えることが好印象の秘訣です。

 

転職エージェントのBEYOND BORDERなら面接当日も心強い味方になります

 

予想できない面接だからこそ、緊張も不安も強く感じるはずです。

転職エージェントのBEYOND BOREDERなら、面接当日も心強い味方になります。

応募先企業を徹底的に調査し、面接当日の服装のアドバイスから質疑応答までマンツーマンで徹底的にサポート。
転職先探しから履歴書添削、面接練習まで全て無料でご提供しています。

弊社では、インターネットから簡単にご相談いただける専用フォームも用意しています。

無料・簡単相談受付ページ

・育児を終えて、復職にぴったりな仕事はある?

・英語を生かせる職場を見つけたい

・自分のキャリアが転職に適しているか診断してほしい など

どんな些細なお悩み事もお気軽にご相談ください。

 

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。

【お問い合わせ 03-5843-8346】

(遠方の方はSkypeでのお問い合わせも受け付けております)

 

孤独な転職とはさようなら、二人三脚で理想のキャリアを実現させていただきます!