留学経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント
Presented by 株式会社エディフィスジャパン

MENU
CLOSE

20代未経験でもOK!IT転職を成功させるためのポイントとは

更新日:2019.6.5

20代は特定の業界や職種のカラーに染まっていないことが多く、教育次第で大きく伸びる可能性があるため、転職市場では、大きな武器になります。

特に技術の進歩が著しいIT業界ではこの傾向が強く、未経験からIT業界を目指すのであれば、間違いなく20代で転職活動をすることをおすすめします。

もちろん、IT業界に限ったことではありませんが、キャリアチェンジするのであれば、若ければ若いほうが有利です。

30代での転職になると、ポテンシャルだけでなく、リーダーシップを取った経験など、プラスの要素を求められることになります。

ここでは、20代未経験でIT業界への転職を目指すにあたって、転職しやすい職種、求められる資質、効果的な志望動機などをご紹介していきます。

IT転職しやすい職種は大きく3つ

まず、IT業界といっても、いきなり上流工程の職種に転職することは難しいといえますので、未経験からでも転職しやすい職種を目指していくのがポイントです。

IT業界は、未経験の人でも比較的採用されやすい職種と、ある程度のスキルや経験がないと採用が難しい職種があります。

ここでは、IT業界未経験でも転職しやすい職種を3つご紹介します。

システム運用オペレーター

未経験からでも転職しやすい職種ですが、サーバーを扱うこともあるため、学習した経験や資格がないと難しい場合があります。スクールなどで基礎知識を学んでおけば、採用される可能性が高まります。

営業職

営業職はノルマが課せられることもあり、どの業界でも人が集まりにくい職種です。

IT業界の営業職では専門知識が求められる場面があるとはいえ、モノを売る方法や過程は、業界が変わったとしても通用する部分がありますので、他業界からも目指しやすい職種といえます。

Webマーケター

Webマーケターは難しいイメージがありますが、他業界でマーケティングに携わった人にとっては、比較的転職しやすい職種です。

スキルよりも発想力など、クリエイティブな面を重視する企業が多いのが特徴です。

IT業界を目指す20代に求められる資質は吸収力

IT業界は人手不足ということもあり、決して転職が難しい業界ではありません。20代であればなおさら、未経験でも十分にIT業界へ転職できる可能性があります。

20代はこれまでの経験や経歴よりも、ポテンシャルや資質が大切であり、面接ではそれらの点をじっくりと見極められることになります。

ここでは、IT業界を目指すにあたって求められる資質を見ていきます。

まず、IT知識を貪欲に吸収しようとする姿勢が大切です。未経験であっても、いずれ仕事上で専門用語、専門知識が必要な場面が多くなりますので、今、勉強しているという点をアピールしなければなりません。

また、IT業界は技術の進歩がとても速く、次々と最先端の技術が生み出されていきます。ここで大切な資質は、根気よく継続して学び続ける姿勢です。

今、担当している仕事に必要なスキルや知識を持っていたとしても、それだけでは通用しなくなる時期がきます。

現状に満足せず、常に新しい知識を学び続ける資質は必要とされます。

最後は、コミュニケーション力です。

IT業界というと、PCに向かって黙々と作業するイメージをお持ちの人が多いと思いますが、想像以上に、クライアントと対話を重ね、理解する能力や自身の考えを相手に伝える能力が求められます。

IT業界の仕事も、お客様の要望通りに完成させることが最大の目的です。その目的を達成するには、人の話をよく聞き、それを具現化する力が求められます。

 

未経験からIT業界を目指す上での志望動機

IT業界への転職を決めた場合、まず志望動機を明確にしなければなりません。

IT業界といっても、業界に対する思い入れを中心にした志望動機では、具体性に欠けて、魅力的な志望動機にはなりません。先にご紹介したような、さまざまな職種に合わせた志望動機を作成する必要があります。

志望動機に盛り込みたいのは、下記の5つです。

1.なぜIT業界なのか

2.なぜ応募企業なのか

3.なぜ応募職種なのか

4.入社してどういったことがしたいのか

5.入社して利益をもたらすことができる部分

この5つを自分の目線で考えてみると、志望動機の形が見えてきますので、そこに肉付けしていけば、志望動機が完成します。

ポイントとしては、具体例を交えることと、長くても1分程度に収まる内容にすることです。

転職する際の注意点

IT業界には、20代で未経験でも転職しやすい職種があることは、ご理解いただけたかと思います。

ただ、転職しやすいといっても、自分にマッチングしたものなのかは、個人ごとに異なりますので注意が必要です。

例えば、IT業界の営業職に応募しようとしても、人と話すのが苦手だとすれば、入社してから苦労しますし、Webにはあまり興味がないのに、Webマーケターを目指したりと目先の難易度に踊らされて、将来進みたい道から外れないように注意してください。

また、未経験の人に対する教育制度についてもしっかりとチェックするようにしておきましょう。

中途転職の場合、欠員補充を目的としていることも多く、指導役の先輩社員によるOJTで仕事を習得していくことも少なくありません。

しかしながら、OJTでは実務を早く習得できたとしても、知識は並行して自分で身につけていくのが通常です。

もし、この流れが不安であるなら、多くはないですが、一定の教育・研修期間がある企業を探してみましょう。

もちろん、手厚い教育を望む人も多いかもしれませんが、その期間、企業は新入社員に投資をするわけですから、必死で習得する義務があることは忘れてはなりません。

まとめ

ここまで20代未経験でIT転職を成功させる方法について考えてきました。

転職を成功させるには、転職エージェントの力を借りることも一つの方法ですが、その中で本当におすすめできるのが、beyond  borderです。

無料・簡単相談受付ページ

Beyond Borderで、一番登録数が多いのがIT関連の仕事です。エンジニア職はもちろん、海外事業や営業、マーケティング、法務、企画職など経験と希望に応じて、マッチングしたIT関連の求人を紹介してもらうことが可能です。

また、Beyond Borderの利用者は20代後半から30代までが多いことから、扱っている仕事もジュニアレベルが多く、未経験でも活躍可能な仕事も多数用意されています。

Beyond Borderのサービスの利用はとても簡単です。年中無休、夜10時まで対応しているので、仕事帰りや休日でもカウンセリングを受けることができます。

なお、話を聞いてから登録したい人は、電話での相談も可能です。

(電話番号03-5843-8346)

スカイプも対応しおりますので、海外からのご相談も可能です。

未経験での就職を目指すのであれば、IT転職に強いbeyond  borderに相談してみてはいかがでしょうか?