留学・海外就業経験者、帰国子女、ハーフ専門の転職エージェント

MENU
CLOSE

男性必見!転職を有利にするおすすめの資格ランキング

更新日:2020.5.24

履歴書に資格を記載できることは選考において大きな武器となります。

ただし、あまりにも簡単に取れる資格ばかり履歴書に記載されていると逆に印象が悪くなることもあります。

では、評価される資格とはどのような資格なのでしょうか。

今回は転職の際に特に有利な資格について紹介したいと思います。

 

転職先で必要な資格を把握しよう

 

まずは転職したい企業、業界、職種を明確にすることが重要です。

職種によって必要な資格は変わってきますし、TOEICや検定試験の様なスコアや級で記す資格の場合、希望する企業や仕事で求められる能力よりも低い場合、マイナスイメージを持たれてしまいます。

職種に関係なく使える資格もありますが、最良の資格とは、希望の仕事において役立つ資格を持っていることです。

専門性の高い資格を持っていることがアピールに繋がるわけですから、まずは希望する企業がどのような人材を求めているのか、その人材はどのようなスキルを持っていることが望ましいのかを理解することが大事です。

 

業界に関係なく取っておきたい資格

 

転職において、自分がこの先何をしたいのかを明確にすることが大前提ですが、どの業界に行くことになったとしても役に立つ資格をまずは紹介します。

 

普通自動車運転免許

昨今、公共交通機関が発展している大都市では、高額な維持費も影響ことから車を所有しない家庭が多くあります。

そのため、都市出身者の中には普通自動車免許を持っていない人もいます。

運転免許を持つことで仕事を選ぶ選択肢が大きく広がるのは勿論ですが、地方や海外に支店や営業所を持つ企業では免許を持っていない場合に栄転の機会を損失する可能性もあります。

自動車免許は最短2週間ほどで取得できる合宿形式もありますので、持っていない場合は転職を検討したこの際に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

TOEIC

外資系、グローバル企業に関係無く、今やどの企業でも英語力を示す資格は転職において武器となりますが、その中の代表格がTOEIC。

ビジネスで使われる英語力をはかる試験として知名度が高く、英語が出来ない人事、役職重役の人間もレベルを把握している資格です。

職種や業種にもよりますが、外資系企業では750点以上、グローバル企業では650点以上無い場合、記載するとマイナスイメージを持たれ兼ねないので注意が必要です。

スコアは高くない、持っていない場合で、海外経験がある、前職や現職で英語を業務上頻繁に使用していた場合は、スコアは記載せず履歴書や職務経歴書にその事を記載しアピールしましょう。

それでもスコアは客観的な数値であり、企業側の担当者にとって分かりやすい指針となるため、毎日少しずつTOEIC対策を行い、高得点の獲得を目指されることをお勧めします。

 

MOS

WordやExcelなど、オフィス製品をきちんと扱えるかの証明になるMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)も、職種問わず評価される資格です。

WordとExcelの試験に関しては、一般レベルのスペシャリストレベルと上級レベルのエキスパートレベルがあり、エキスパートレベルでも合格率は60%と、きちんと勉強すれば合格することができます。

WordやExcel以外にもAccessやPower Point、Outlookなど、オフィスで頻繁に使われるものばかりですので、こちらもあわせて取得しておきたい資格です。

 

日商簿記

経理の知識やスキルを持った人材は業界、職種関係なく企業にとって必要な人材です。

管理職やチームリーダーとして予算を持ったり、経費の責任を持つ立場になった際に財務感覚は重要なマネージメント力として評価されます。

日商簿記検定だけで大企業や人気企業への採用を勝ち取ることは難しいかもしれませんが、業種・職種問わず必要とされている資格ですので、取得して損はないでしょう。

4級から1級までありますが、2級以上を目指したいところです。

経理のお仕事では勿論、総務や事務関連の業務を考えている方は合格率は10%と勉強にそれなりの時間を費やさなければいけませんが、1級を目指しましょう。

 

まとめ

 

紹介した資格は、業界に関係なく取って損はないものですし、仕事に役に立つものばかりですので、興味のある資格は積極的にチャレンジしてみてください。

しかし、最初にお伝えしましたように、キャリアアップを目指す場合は、資格から転職先を導き出すのではなく、希望の転職先を見つけてから、それにあった資格を取得していくことが定石です。
勉強に対するモチベーションも変わってきますので、まずはゴール(理想のキャリア、希望の業種や職種、転職先)の設定を行いましょう。

転職に必要なことは資格だけではありません。
もしいますぐ転職したいと考えているのであれば資格の勉強も良いですが、転職エージェントを活用してみるのはいかがでしょうか。

転職のプロである転職エージェントは資格だけではなく、あなたの経験やスキルを希望の転職先に売り込んでくれます。

 

Beyond Borderでは、プロ転職カウンセラーによるカウンセリングを無料で行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

無料・簡単相談受付ページ

すぐに相談したい、まずは話をしてみたいという方にはお電話での問い合わせも受け付けています。
【お問い合わせ 03-5843-8346】